愛着障害の子どもの脳の2つの特徴―左脳の視覚野が減少,ADHDより線条体が働かない


井大の友田明美先生のグループの、愛着障害(RAD)の子どもについての研究成果がニュースになっていました。

虐待児“褒めても響きにくい” - NHK福井県のニュース はてなブックマーク - 虐待児“褒めても響きにくい” - NHK福井県のニュース

虐待受けた愛着障害児は脳に異常 福井大が世界初の研究成果 特集・医療最前線ふくい 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト はてなブックマーク - 虐待受けた愛着障害児は脳に異常 福井大が世界初の研究成果 特集・医療最前線ふくい 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト

福井)愛着障害児の脳の働きや形態を解明 福井大:朝日新聞デジタル はてなブックマーク - 福井)愛着障害児の脳の働きや形態を解明 福井大:朝日新聞デジタル

虐待で疾患の子、感情読み取る脳の部位小さく : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

虐待受け脳異常の傾向 福井大が「愛着障害」の子研究:福井:中日新聞(CHUNICHI Web) はてなブックマーク - 虐待受け脳異常の傾向 福井大が「愛着障害」の子研究:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)

虐待で精神疾患の子ども…表情、感情認知が困難か : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) はてなブックマーク - 虐待で精神疾患の子ども…表情、感情認知が困難か : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

<虐待受けた子供>脳の機能低下 褒めても響かぬ?(毎日新聞)|dメニュー(NTTドコモ) はてなブックマーク - <虐待受けた子供>脳の機能低下 褒めても響かぬ?(毎日新聞)|dメニュー(NTTドコモ)

神戸新聞NEXT|医療ニュース|虐待受けた子ども、脳機能低下 褒められても心に響かず 理研など はてなブックマーク - 神戸新聞NEXT|医療ニュース|虐待受けた子ども、脳機能低下 褒められても心に響かず 理研など

以前にこのブログで取り上げた点も含まれていますが、今回のニュースでは2つの点が扱われています。

スポンサーリンク

1.ADHDと比較した線条体の働きの違い

愛着障害(RAD)は、自閉症やADHDとよく似ているため、鑑別診断が難しいと言われています。

しかし愛着障害は虐待や母親との関係に基づく症状であり、遺伝的要素が大きい自閉症やADHDとは原因が異なります。

愛着障害は、6歳から8歳の子どものうち、虐待や育児放棄が原因で1%あまりが発症するといわれています。

本当に脳を変えてしまう「子ども虐待という第四の発達障害」
杉山登志郎先生の本「子ども虐待という第四の発達障害」のまとめです。虐待の影響は発達障害とどう似ているのか、また独特な問題である解離とは何なのかをまとめています。

福井大、理化学研究所、生理学研究所などによる研究チームは、愛着障害の子ども5人、ADHDの子ども17人、定型発達の子ども17人に、カード当てゲームをしてもらい、報酬に対する反応について調べました。

この実験では、カード当てゲームで当たると、たくさんの小遣いがもらえる、少しだけ小遣いがもらえる、全くもらえない、という3種の場合を想定して、それぞれ脳の働きを機能的磁気共鳴画像法(fMRI)で調べます。

すると…

■定型発達の子ども
…もらえる小遣いが多くても少なくても、意欲や行動の動機づけに関係する脳の線条体が活性化した。どんな状況でもやる気が高まるということがわかった。

■ADHDの子ども
…小遣いをたくさんもらえる時だけ線条体が活性化した。特定の状況でのみやる気が出ることがわかった。

■愛着障害の子ども
…小遣いが多くても少なくても活性化しなかった。やる気を引き起こすのが難しいことがわかった。

という結果になりました。

愛着障害の子どもは、自己肯定感が極端に低く、ほめ言葉も心に響かないという特徴があるそうですが、そのような脳の状態を反映しているのかもしれません。

(福井新聞のほうでは10~15歳の愛着障害児16人と健常児20人となっていますが、何回か別の実験をしているのでしょうか? こちらは1歳前後で虐待された子どもの線条体が特に活動の弱さを示したそうです)

このことから

そうした子どもは褒められても心に響きにくく、発達障害の子どもに対する一般的な治療の効果が小さい可能性がある

と書かれています。

よく似ているADHDと愛着障害の違い―スティーブ・ジョブズはどちらだったのか
アップルの故スティーブ・ジョブズはADHDとも愛着障害とも言われています。両者はよく似ていて見分けがつきにくいとされますが、この記事では(1)社会福祉学の観点(2)臨床の観点(3)

2.左脳の視覚野灰白質の減少

また、福井大学の「子どものこころの発達研究センター」の友田明美教授と島田浩二特命助教授、滝口慎一郎医師の研究グループによる、もう一つの研究についても書かれていました。

研究成果「愛着障害児における視覚野灰白質容積減少を解明」│福井大学

10~17歳の健常児22人と、愛着障害の子ども21人の脳を磁気共鳴画像法(MRI)で撮影したところ、左脳の視覚野灰白質の容積が20.6%ほど小さく、発達が遅れていることがわかったそうです。

特に対人コミュニケーション障害や情緒障害、うつ症状などの内向的な問題が深刻なほど、灰白質の容積も小さくなっている傾向があったとのこと。

視覚野は他人の顔の認識などに関係する部分だそうです。知覚・認知の側面(顔を見てだれなのか認識すること)だけでなく、扁桃体・海馬などの大脳辺縁系とつながる感情(どんな表情であるか読み取ること)にも関与することが分かっているそうです。

おそらくは、愛着障害を抱える人のうち、内省的なタイプの人たちが、顔認識に苦労するのはこのせいではないかと思います。

人の顔が覚えられない「相貌失認」の4人の有名人とその対処方法―記憶力のせいではない
人の顔が覚えられない、何度会っても見分けられない。それは10人に1人が抱える相貌失認(失顔症)かもしれません。ルイス・キャロル、ソロモン・シェレシェフスキー、オリヴァー・サックスな

友田先生のいやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳によると、視覚野の容積の減少は、ショッキングな光景を見ないように脳が適応した結果だとされていました。

だれも知らなかった「いやされない傷 児童虐待と傷ついていく脳」(2011年新版)
子どもの虐待は、近年注目を浴びるようになって来ました。しかし、虐待が脳という“器質”にいやされない傷を残すことを知っている人はどれだけいるでしょうか。友田明美先生の著書「いやされな

今回の研究結果も、今後、愛着障害の診断指標になる可能性があるとして、さらに人数を増やして研究を進めるそうです。

友田明美先生は、今回の研究についてこう述べています。

子どもの脳の研究は少なく、20%という数字もかなりインパクトが大きい。ただ、(愛着障害の)原因なのか、結果なのかは分からない。反応性愛着障害は経験のある精神科医でも診断と治療が難しい状況にある。

研究の成果は子どもを見守る人たちが適切な支援を行うための理解に役立つ

発達障害は確かに大きな問題ですが、発達障害の理解が進む陰で、愛着障害が混同され、適切な治療やフォローアップが施されていない現状があります。

発達障害と愛着障害では必要な対処も異なり、どちらも周りの支えがうまく働かないと、後の人生に深刻な影響を及ぼしかねない脳機能の問題です。

愛着障害のために深刻な自尊心欠如や自己否定感に苦しんでいる人は大勢いるので、これからも研究が進み、理解が深まってほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
愛着障害