【10/20】発達障害と愛着障害の新刊『「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム』発売


月2015/10/20に、愛着障害(RAD)に関係した本をこれまでも多数発刊している福村出版から、愛着障害と発達障害に関係した新刊が出るようです。

タイトルは発達障害・愛着障害 現場で正しくこどもを理解し、こどもに合った支援をする 『「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム』で、和歌山大学教育学部教授米澤好史先生が書いておられます。

臨床発達心理士として、子どもの愛着障害、発達障害、学習障害などの問題に取り組んでおられ、不登校支援や学校教育に関する講演などにも携わっておられる方のようです。

この本の内容紹介は次のとおりです。

愛着障害、愛着の問題を持つこどもの見極めのポイントを紹介し、通説となっていた愛着形成における母親との関係性や臨界期(大きくなってからでは間に合わないなど)に縛られることなく、愛着の問題を抱える子どもを支援する方法を、著者自ら実践研究を行った豊富な事例で解説する。

「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムについては、和歌山大学学術リポジトリの中にある米澤好史先生の論文で、愛着障害とADHD、ASDの見分け方なども含めて詳しく説明されています。

愛着障害・社交障害・発達障害への「愛情の器」モデルによる支援の効果 : 愛着修復プログラム・感情コントロール支援プログラムの要点-和歌山大学学術リポジトリ はてなブックマーク - 愛着障害・社交障害・発達障害への「愛情の器」モデルによる支援の効果 : 愛着修復プログラム・感情コントロール支援プログラムの要点-和歌山大学学術リポジトリ

この論文の内容を、より詳しい本の形にしたのが、今回の新刊ではないかと思いますので、ご興味のある方は読んでみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
愛着