三池輝久先生の子どもの睡眠障害や慢性疲労症候群の新刊「いま、小児科医に必要な 実践臨床小児睡眠医学」


庫県立リハビリテーション中央病院子どもの睡眠と発達医療センターの三池輝久先生、小西行郎先生、中井昭夫先生らによる、子どもの概日リズム睡眠障害や慢性疲労症候群(CCFS)について解説した最新の書籍が出版されました。

タイトルは、いま、小児科医に必要な実践臨床小児睡眠医学という書名で、以前の不登校外来―眠育から不登校病態を理解すると同じく診断と治療社から出ています。

出版社による内容紹介は以下のとおりです。

診断と治療社 | 書籍詳細:いま、小児科医に必要な 実践臨床小児睡眠医学 はてなブックマーク - 診断と治療社 | 書籍詳細:いま、小児科医に必要な 実践臨床小児睡眠医学

子どもの睡眠問題は普遍的であり,小児科医の日常診療で数多く認められる.不規則な夜型生活は生体リズムに異変を生じさせ,脳のバランスを崩し睡眠問題に発展する.

この現代型の健康被害予防のため,新生児期からの生活リズムに目を向けることの重要性が高まっている.

本書は子どもたちの生活リズム・生体リズム形成に中心的な役割を果たす睡眠・覚醒リズムに注目し,睡眠問題の本質に触れながら,臨床で実践できる知識を網羅した.

若い小児科医の方たちを対象に、子どもの睡眠障害を教えるセミナーを開催することになり、そのテキストとして本書が用意されたそうです。

目次によると、第II章では、「4 不登校と睡眠障害・小児慢性疲労症候群」という項目が見られるので、子どもの慢性疲労症候群も扱われているようです。

また、第III章では、「1 睡眠障害と自閉症スペクトラム障害」「6 発達障害当事者の困りごととしての睡眠問題」として、発達障害との関わりも取り上げられています。

発達障害と睡眠障害との関連は、三池先生のこれまでの著書では(乳幼児期のものを除いて)あまり語られてこなかった話題なので興味深そうです。

医学書の部類なので価格は高めですが、子どもの睡眠障害・発達障害・慢性疲労症候群などに関心にある方は、読んでみるといいかもしれません。

小児慢性疲労症候群については先日も兵庫県立リハビリテーション中央病院や理化学研究所が共同で、研究成果を発表していました。

小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもは脳の情報処理で過活動が生じていることが判明
小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもの脳機能に関する理化学研究所の研究
スポンサーリンク

スポンサーリンク
小児慢性疲労症候群 / 概日リズム睡眠障害