自閉スペクトラム症の興奮性の治療薬としてエビリファイの承認申請


達障害の精神神経症状などにしばしば用いられている薬、エビリファイ(アリピプラゾール)について、「小児期の自閉性障害に伴う興奮性」の効能を追加するため国内販売承認申請が行われたそうです。

大塚製薬 抗精神病薬「エビリファイ」 「小児期の自閉性障害に伴う興奮性」の効能を追加するため国内販売承認申請 |大塚製薬 はてなブックマーク - 大塚製薬 抗精神病薬「エビリファイ」 「小児期の自閉性障害に伴う興奮性」の効能を追加するため国内販売承認申請 |大塚製薬

 エビリファイは、大塚製薬が開発した非定型抗精神病薬で、ドーパミンの量を安定させ、過剰なら抑制し、低下しているなら増加させるという作用から、ドーパミンスタビライザーと呼ばれています。

自閉スペクトラム症(ASD)の場合、興奮性の行動障害にはドーパミン神経系が関わっているとされていて、抗ドーパミン作用を持つ抗精神病薬が有効だそうです。

抗ドーパミン作用を持つ抗精神病薬としては、先日リスパダール(リスペリドン)も、自閉症への適応を取得していました。

エビリファイも、すでに米国で2009年に自閉性障害に伴う興奮性の承認を受けています。

日本での臨床試験では、行動障害(かんしゃく、攻撃性、自傷行為など)がある自閉スペクトラム症(ASD)の子ども(6~17歳)を対象に、すでにエビリファイの有効性と安全性が証明されているそうです。

エビリファイは、すでに、統合失調症、双極性障害、うつ病・うつ状態に対する効能が承認されていますが、今回さらに自閉症への適応が加わる見通しです。

ASDやADHDなど、発達障害への薬物療法について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

精神科の薬の大量処方・薬漬けで悪化しないために知っておきたい誤診例&少量処方の大切さ
杉山登志郎先生の「発達障害の薬物療法」に基づき、統合失調症・うつ病・双極性障害と誤診されやすい発達障害とトラウマ関連障害の治療と少量処方の意義についてまとめています。
ADHDの治療に効果のある薬のまとめ(適応外処方も含む)
ADHDの治療に用いられている薬をまとめました。中枢神経刺激薬、NRI、SNRI、DNRI、α2アドレナリン受容体作動薬など、それぞれ参照リンク付きで解説しています。

 ▼追記
その後、2016年2月に正式にリスパダールの「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」の適応追加承認が取得されました。

抗精神病剤「リスパダール®」小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承認取得|ヤンセンファーマ株式会社のプレスリリース はてなブックマーク - 抗精神病剤「リスパダール®」小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承認取得|ヤンセンファーマ株式会社のプレスリリース

 また2016年9月に、エビリファイも「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」の追加承認を取得しました。

抗精神病薬「エビリファイ」  小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承認 |大塚製薬 はてなブックマーク - 抗精神病薬「エビリファイ」  小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承認 |大塚製薬

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ASD(自閉スペクトラム症)