脳脊髄液減少症の治療法ブラッドパッチがついに保険適用に


2016年1月14日の厚生労働省の先進医療会議において、脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)の代表的な治療法であるブラッドパッチ療法を保険適用すべきだと判断されたというニュースがありました。

近々開かれる中央社会保険医療協議会で正式に承認される見通しだということです。(追記:1/20に承認されました)

クローズアップ2016:髄液漏れ治療法、保険適用へ 患者ら悲願達成 医学研究前進の10年 - 毎日新聞 はてなブックマーク - クローズアップ2016:髄液漏れ治療法、保険適用へ 患者ら悲願達成 医学研究前進の10年 - 毎日新聞

髄液漏れ:治療法ブラッドパッチ、保険適用と結論…厚労省 - 毎日新聞 はてなブックマーク - 髄液漏れ:治療法ブラッドパッチ、保険適用と結論…厚労省 - 毎日新聞

髄液漏れ:保険適用へ 中医協、近く承認 - 毎日新聞

脳脊髄液減少症の治療法 保険適用へ|日テレNEWS24 はてなブックマーク - 脳脊髄液減少症の治療法 保険適用へ|日テレNEWS24

髄液漏れ:中医協、保険適用決定 患者ら「ようやく」喜び - 毎日新聞 はてなブックマーク - 髄液漏れ:中医協、保険適用決定 患者ら「ようやく」喜び - 毎日新聞

髄液漏れ:保険適用決定 患者ら「ようやくたどり着いた」 - 毎日新聞 はてなブックマーク - 髄液漏れ:保険適用決定 患者ら「ようやくたどり着いた」 - 毎日新聞

脳脊髄液減少症の治療…自己血注入法 保険適用へ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

これによって、患者の金銭的負担が減るだけでなく、ついに国の医療保険の対象となる病気として認められることになります。交通事故後の後遺症をめぐる一部の裁判にも影響が出るかもしれません。

スポンサーリンク

医学会から見過ごされていた脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は、もともと低髄液圧症候群として研究されていましたが、当時は髄液が漏れだすことはめったになく、比較的まれな病気とみなされていました。

しかし2000年ごろ、篠永正道先生らが、実は交通事故後のムチ打ち後遺症の患者などに広く見られる病態であり、患者たちが放置されていたということに気づきました。

慢性疲労症候群線維筋痛症と診断されていた人の中にも、脳脊髄液減少症として治療を受けると改善する人が少なくなく、このブログでも関係する疾患の一つとして注目してきました。

脳脊髄液減少症は一般に、交通事故やスポーツなどの衝撃をきっかけに発症し、立ち上がったときに激しい頭痛が生じると言われています。

しかしこれといったきっかけがない症例や、起立性頭痛がない症例(1割程度といわれる)もあるので、慢性的な疲労感や痛みに苦しんでいる人は、一度は可能性を疑ってみるべき病気だといえます。

大人の患者だけでなく、起立性調節障害や心の問題とみなされている不登校の子どもの中にも、実際には脳脊髄液減少症だったというケースが少なからず存在しているようです。

脳脊髄液減少症の症状、診断方法、治療法などは篠永正道先生による脳脊髄液減少症を知っていますか―Dr.篠永の診断・治療・アドバイスに詳しく書かれています。

「脳脊髄液減少症を知っていますか: Dr.篠永の診断・治療・アドバイス」を読んで
篠永正道先生の最新書籍「 脳脊髄液減少症を知っていますか: Dr.篠永の診断・治療・アドバイス」を読んで、慢性疲労症候群との関連で気になった点について書いています。弱い立場にあり

また「なまけ病」と言われて~脳脊髄液減少症~ (書籍扱いコミックス)では、子どもと大人のそれぞれのケースについて、直面する問題がマンガの形でわかりやすく描かれています。

マンガで学ぶ子どもの脳脊髄液減少症ーフォアミセス2012年8月号
不登校に潜む深刻な病気、子どもの脳脊髄液減少症を知っていますか? それはfor Mrs. 2012年8月号の『病と闘う女たち 脳脊髄液減少症「怠け病と言われて」』というマンガはこの

脳脊髄液減少症は、これまでの疾患概念を組み直した新しい病気だったため、患者も研究する医師も、周囲からのさまざまな無理解や偏見にさらされてきました。

長年の苦闘が報われて、いよいよ正式に保険適用の病気として認められるということは、本当に感慨深く思います。

ただし、日本共産党のニュースによると、保険適用の対象となるのは、あくまで画像で髄液の漏れが認められる「脳脊髄液漏出症」のようなので、まだまだスタートラインにすぎないとも言えそうです。

▼追記1:
そのあたりの点に関してか、保険適用承認後のニュースで研究班班長の嘉山孝正先生(日本脳神経外科学会理事長)がこう述べていました。

「今の診断基準には合致しないが、髄液漏れとの関連が疑われる患者たちがおり、こういう人たちについても研究し、できるだけ救いたい。子どもの患者の研究もする」

研究の進展や髄液減少の客観的検査法の確立を頑張ってほしいところです。

▼追記2:
こちらのニュースでは、心療眼科医の若倉雅登先生が、脳脊髄液減少症の患者たちがこれまでどれほど苦しい状況におかれていたか、そして今なおどんな課題が残っているかについて語っています。

脳脊髄液減少症、「保険金目当て」「心因性」と解釈されてきたが… : 心療眼科医・若倉雅登のひとりごと : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

脳脊髄液減少症は従来の検査の数値や画像には異常が出なかったため、患者たちは、非器質的疾患や心因性疾患、はては保険金目当ての詐病とまで言われることがありました。

事故後に眼のピントが合いにくい、動いているものが見にくい、異常にまぶしいなどの症状が現われることは、これまで眼科では心因性とされていましたが、実際には脳脊髄液減少症と関係があるようです。

しかし脳脊髄液減少症の視覚異常については研究者がいないということ、また診断基準で髄液漏出が明確かどうかで境界線を引いてしまっていることについての懸念も述べられています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives