風が吹くだけで激痛が走る「アロディニア」のメカニズム解明―アストロサイトが異常な神経回路を造る


理学研究所(NIPS)などの研究によると、慢性的な激しい神経障害性疼痛のメカニズムの一端が解明されたそうです。

特に、軽く布が触れたり、風が吹いただけでも激痛を感じるアロディニア(異痛症)に関わる発見だとされています。

アロディニアは事故による神経損傷、がん、糖尿病、帯状疱疹後神経痛、線維筋痛症などで生じる異常な慢性疼痛と関係しています。

末梢神経損傷によって未熟化した神経膠細胞(グリア細胞)が 難治性慢性疼痛を起こす脳内回路を作る − 難治性慢性疼痛の予防・治療に期待 − - 生理学研究所 はてなブックマーク - 末梢神経損傷によって未熟化した神経膠細胞(グリア細胞)が 難治性慢性疼痛を起こす脳内回路を作る − 難治性慢性疼痛の予防・治療に期待 − - 生理学研究所

慢性疼痛の仕組み解明 生理研など、神経の回路に異常  :日本経済新聞 はてなブックマーク - 慢性疼痛の仕組み解明 生理研など、神経の回路に異常  :日本経済新聞

難治性慢性疼痛を起こす脳内回路を作るメカニズムを解明-NIPS - QLifePro 医療ニュース

「慢性疼痛」脳に原因 小諸出身の小泉教授ら共同研究 | 信濃毎日新聞[信毎web] はてなブックマーク - 「慢性疼痛」脳に原因 小諸出身の小泉教授ら共同研究 | 信濃毎日新聞[信毎web]

スポンサーリンク

アストロサイトの活動で異常な神経回路が造られる

研究チームは、末梢神経を損傷したあと、アロディニアが生じてしまうマウスの神経回路を観察しました。

アロディニアが起こる背景には、大脳皮質のグリア細胞の一つであるアストロサイトが関係しています。グリア細胞は、脳の情報発信・処理などに重要な役割を果たしている細胞群です。

マウスの実験によると、神経が傷つくと、痛みが激しい時期に、アストロサイトの活動が強まり、神経のつなぎ目(シナプス)が盛んに入れ変わって、痛みに関する神経ネットワークが再編成されます。

すると、触覚と痛みを結ぶ異常な回路によって、ちょっとした刺激にも敏感になり、過剰な痛みが生じるようになってしまいます。

アストロサイトの活動はその後収まりますが、異常な神経ネットワークはそのまま残ってしまうため、アロディニアが続きます。

今後、この発見を生かして、大脳皮質のアストロサイトをターゲットにした薬など、難治性のアロディニアを治療する方法の研究につなげたいとのことです。

なお、アストロサイトは、神経ネットワークを再構成させる際、トロンボスポンジン(TPS)という糖タンパク質を放出しますが、すでに線維筋痛症などに使われているガバペンチンは、このプロセスに作用して痛みを緩和することがわかっているそうです。

また最近の理化学研究所の研究では、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)によって、アストロサイトの活動に影響を及ぼし、うつ病などの疾患治療に役立てられる可能性が報告されていました。

微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明-ノルアドレナリンを介したアストロサイトの活動が鍵- | 理化学研究所 はてなブックマーク - 微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 | 理化学研究所

理研など、微弱な電気刺激がマウスの脳機能を活性化させるメカニズムを解明 | マイナビニュース はてなブックマーク - 理研など、微弱な電気刺激がマウスの脳機能を活性化させるメカニズムを解明 | マイナビニュース

慢性疲労症候群や線維筋痛症に関係するアロディニアについては、2年ほど前に、原因の一部が脊髄のミクログリアの活性化にあり、ミノサイクリン注射で抑制できたというニュースもありました。

動物レベルで慢性疲労症候群(CFS)の異常な痛み(アロディニア)を抑えることに成功
実験モデルのマウスの異常な痛みを抑えることに成功したそうです。

まだ研究途上で創薬まで時間がかかりそうなのが残念ですが、アロディニアに苦しむ人にとっては一分一秒が激痛なので、一刻も早く治療法の研究が進んでほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives