抑うつ感や自殺念慮・罪悪感には、それぞれ血液中の異なる物質が関与している(九州大学の研究)


州大学などの共同研究グループが、うつ病・躁うつ病の患者の血液を解析して、抑うつ感や、罪悪感、自殺念慮など、症状ごとに異なる代謝物が関係していることを発見したというニュースがありました。

うつ病の重症度、および「死にたい気持ち(自殺念慮)」に関連する血中代謝物を同定 ~うつ病の客観的診断法開発への応用に期待~ | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY)

うつ病の重症度、および「死にたい気持ち(自殺念慮)」に関連する血中代謝物を同定~うつ病の客観的診断法開発への応用に期待~│プレスリリース

うつ病の重症度、自殺念慮に関連する血中代謝物を同定-九大ら - QLifePro 医療ニュース

血液でうつ病の客観的診断に道 - 日経テクノロジーオンライン

うつ病の重症度や"死にたい気持ち"に関わる血中代謝物を同定 - 九大など | マイナビニュース

うつ病の重症度、採血による評価方法開発に道 九大など:朝日新聞デジタル

九大ら、うつ病の重症度や自殺念慮に関連する血中代謝物を同定 | 財経新聞

うつ病は「心の病気」や「精神的な病気」とみなされることが多く、診断も、面接や問診票など、本人の主観的な訴えに基づいて専門家が判断するのが一般的です。

しかし、今回の研究によって、抑うつ気分や、意欲低下、罪悪感、自殺念慮など、心の問題とされてきたさまざまな症状を、血液検査で客観的に測定したり、あらかじめリスクを判定したりできるようになるかもしれません。

また、自殺念慮や罪悪感といった感情が、単なる「気の持ちよう」ではなく、全身の代謝異常を伴う実体のあるものだ、という認識も深まるかもしれません。

スポンサーリンク

3-ヒドロキシ酪酸やベタインがうつの重症度と強く関係

今回の研究では、九州大学病院、大阪大学医学部附属病院、国立精神・神経医療研究センターを訪れたうつ病・躁うつ病患者90名を対象に、メタポローム解析と呼ばれる方法で、血液中の代謝物を網羅的に解析したそうです。

その結果、20以上の血中代謝物が抑うつの重症度と関係していましたが、その中でも特に、3-ヒドロキシ酪酸という物質が、3つの研究機関の解析データすべてで、最も強く関係していることがわかりました。

3-ヒドロキシ酪酸は、絶食などでエネルギー源が枯渇し、血中グルコース濃度が少なくなったときに、肝臓でアセチルCoAをもとにして作られ、脳のエネルギー源として使われるケトン体と呼ばれる物質の一つだそうです。

また3-ヒドロキシ酪酸のほかにも、ベタイン、クエン酸、クレアチニン、γアミノ酪酸(GABA)という、計5つの代謝物が、うつ病の症状と強く関係していることが明らかになりました。

このうち3-ヒドロキシ酪に次いで関連性が強かったベタイン(トリメチルグリシン:TMG)は、コリンの代謝産物で、環境ストレスから細胞を保護する役割があり、統合失調症のバイオマーカー候補になる可能性も示唆されている物質だそうです。

症状ごとに違う代謝物が関係

さらに、うつ病のそれぞれの症状には、異なる代謝物が関係していることもわかりました。(※赤字は正の相関青字は負の相関)

■抑うつ気分
2オキソ酪酸↑
Nアセチルグルタミン酸↓

■興味や喜びの喪失
2オキソ酪酸↑、カルバモイルリン酸↑

■無価値感・罪悪感
5ヒドロキシトリプトファン↑
プロリン↓、アグマチン↓、ATP↓

■自殺念慮
アラニン↑、クエン酸↑
キヌレニン↓、キヌレン酸↓、3ヒドロキシキヌレニン↓

■落ち着かなさ・思考抑制
5ヒドロキシトリプトファン↑↑、クエン酸↑↑
4ヒドロキシプロリン↓、クレアチン↓、ロイシン↓

(詳しくはプレスリリース内の図1をご覧ください)

これら5つの症状の中では、「抑うつ気分」と「興味や喜びの喪失」、「自殺念慮」と「無価値感・罪悪感」はそれぞれ関連性が強かったようです。

また「自殺念慮」と関連している物質は、脳内免疫ミクログリアとの関係が示唆されるキヌレニン経路の代謝物でした。

研究チームは、人工知能などで活用されている機械学習を導入して、数種類の代謝物の情報から自殺念慮を客観的に予測するアルゴリズムを開発したそうです。

九州大学の加藤隆弘 特任准教授は研究についてこう述べていました。

重いうつ状態の患者さんは隠れたところにも多くいる。健康な人との比較試験なども行い、将来的に採血で診断できるような方法を開発したい

うつ病は精神的な問題ではなく「全身の病気」

自殺念慮の症状と関わっていたミクログリアとは、脳内に存在する免疫細胞で、感染やストレスなどに直面すると、炎症性サイトカインを作り出して抵抗します。

しかし過剰に活性化しすぎると脳のニューロンを傷つけることが知られていて、最近では、統合失調症、うつ病、自閉症患者でのミクログリア過剰活性化が報告されています。

このブログでも取り上げたように、ミクログリアの活性化は全身の痛みを伴う線維筋痛症とも関係していることがわかっています。

線維筋痛症と自閉スペクトラム症には免疫細胞ミクログリアの活性化が関係している?
慢性疼痛と自閉症には同じメカニズムが関わっているかもしれない。

また、慢性疲労症候群でもやはり脳内ミクログリアの炎症が存在し、メタボローム解析によって特徴的な血液中の代謝物がみられることもわかっています。

2016年3月に改定されたME/CFS診断基準、最近の研究でわかった7つのこと
2016年3月の改定されたME/CFSの診断基準案や近年の実態調査の結果、そして最近の研究でわかったME/CFSの7つの特徴をまとめました。

慢性疲労症候群のミクログリア活性化の研究では、脳のどこでミクログリアの炎症が生じているかによって、症状が異なるとされていて、たとえば扁桃体・視床・中脳などの炎症は認知機能障害と、海馬の炎症は抑うつ症状と関係しているとのことでした。

今回の研究はうつ病についてのものですが、脳のどの部分で炎症が生じるかによって、抑うつが主体になるか、痛みが主体になるか、疲労が主体になるか、特徴的な症状が変化して、血液中に出てくる代謝物も異なってくるのかもしれません。

いずれにしても、うつ病は心の病気・精神的なもの、慢性疲労症候群は体の病気で身体的なもの、といった区別は不可能であると思います。

うつ病や躁うつ病は、これまで「心の病」とみなされ、発症する人は心が弱い、精神的にもろい、甘えているなどといった、さまざまな偏見にさらされてきました。

おりしも昨日亡くなったスターウォーズのレイア姫のキャストとして知られる、アメリカの女優キャリー・フィッシャーもこう語っていました。

「私は双極性障害です」レイア姫のキャリー・フィッシャーは、心の病と闘う勇敢な戦士だった

私が理解できないことの一つは(たくさんありますが)、心の病、特に双極性障害への根強い偏見があることです。

双極性障害に向き合うためには、ものすごい量の自信と力が必要です。

時には体がヘトヘトになるほどエネルギーを使うので、スタミナと勇気が必要です。

だから、心の病を抱えていてそれと向き合っている人は、そのことを誇りに思うべきです。恥ずかしいと思う必要なんてありません。

キャリー・フィッシャーは「心が弱い」どころか、極めて勇気ある人でした。

以前に報道されていたとおり、近年、うつ病は精神的な病気や脳の病気というより、全身の病気であると考えられるようになってきました。

うつ病やPTSDは老化の加速を伴う「全身の病気」である
うつ病はこころの病気、脳の病気ではなく、老化の加速を伴う全身の病気なのだそうです。

これまで、脳の病気とみなされてきたパーキンソン病のような神経疾患でも、近年の研究では発症のきっかけは腸内細菌にあるのではないかとする説も出てきています。腸内細菌はセロトニン生産など、感情の調節にも影響を与えています。

人の腸内細菌が気分を左右する│Sputnik日本

体の病気、心の病気、あるいは脳の病気という区分にとらわれて病気を局在的なものと見るのではなく、体も心も密接に関連して人間の全体が成り立っているという心身相関や腸脳相関を意識して、治療法を選んだり、偏見を払拭したりすることが必要だと感じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
うつ病