だれに対して慢性疲労症候群(CFS)をカミングアウトすべきか―わかってもらうためのアドバイス

難病患者にとってカミングアウト、つまり自分が病気であることを明かすことは慎重に考えるべき問題です。慢性疲労症候群(CFS)の患者も例外ではありません。このエントリでは、だれにカミングアウトすべきか、またどうやってカミングアウトするか、という点を取り上げます 続きを読む

CFSについてわかりやすく説明するためにできること

慢性疲労症候群(CFS)の患者にとって、自分の症状を的確に説明するのはたいてい難しいものです。「CFS患者の会話の助け」のシリーズでは、そのようなコミュニケーションを改善する方法を探ります。第一回目は、「慢性疲労症候群」という病名には、会話の糸口を作りやすいという特徴があることを論じています。 続きを読む

12