発達障害や線維筋痛症でも受給できる? 制度改正にも対応の「障害年金というチャンス」感想

2015-2016年の制度改定に対応したガイド本「障害年金というチャンス」を読んで、障害年金制度の問題点や留意点、そして慢性疲労症候群や線維筋痛症、脳脊髄液減少症、広汎性発達障害などのケースについて簡単にまとめました。 続きを読む