空気を読みすぎて疲れ果てる人たち「過剰同調性」とは何か

空気を読みすぎる、気を遣いすぎる、周囲に自分を合わせすぎる、そのような「過剰同調性」のため疲れ果ててしまう人がいます。「よい子」の生活は慢性疲労症候群や線維筋痛症の素因にもなると言われています。「解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論」という本から過剰同調性とは何か、紹介しています。 続きを読む

よく似ているADHDと愛着障害の違い―スティーブ・ジョブズはどちらだったのか

アップルの故スティーブ・ジョブズはADHDとも愛着障害とも言われています。両者はよく似ていて見分けがつきにくいとされますが、この記事では(1)社会福祉学の観点(2)臨床の観点(3)脳科学の観点(4)遺伝の観点から、さまざまな研究者の意見を引用して考察しています。 続きを読む

病気の人が習慣にしがちな偽りのポジティブ思考とは何か

病気の人はポジティブシンキングを身につけるようよくアドバイスされます。しかし意外にも、ポジティブに見える人ほど病気が重いというデータもあるのです。「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」という本から、危険な偽りのポジティブシンキングを紹介しています。 続きを読む