昼夜逆転を伴う難治性の不登校「フクロウ症候群」の原因は何か―対処する7つのアドバイス

育ち盛りの子どもが不登校になると、望まざる夜型生活に陥り、極度の疲労を訴えることがあります。中には慢性疲労症候群の診断基準を満たす子どももいて、当初は「フクロウ症候群」と呼ばれていました。1997年の本「フクロウ症候群を克服する―不登校児の生体リズム障害 」から子どもの慢性疲労症候群について紹介しています。 続きを読む

本当の自由とは何かを教えてくれる「生物時計はなぜリズムを刻むのか」

自由とは何でしょうか。あらゆる制約から解かれた状態は、本当に自由なのでしょうか。わたしたちが行きついた24時間社会は24時間の自由を意味するのでしょうか。ラッセル・フォスター博士の著書「生物時計はなぜリズムを刻むのか」は生物時計の研究の歴史を総括し、哲学的な問いさえ考えさせてくれる一冊です。 続きを読む

奇跡のシステム「体内時計の謎に迫る」の7つのポイント

体内時計、それはあらゆる生物に組み込まれ、わたしたちのごく当たり前の日常生活を導く、地球上で生き抜くためになくてはならない驚異的なシステムです。体内時計について明らかになった最新の研究を網羅し、慢性疲労症候群についても書かれている「体内時計の謎に迫る ~体を守る生体のリズム~ (知りたい!サイエンス)」を紹介します。 続きを読む

睡眠リズムがどんどんずれていく非24時間型睡眠覚醒症候群(non-24)の原因と治療法まとめ

同じ時刻に眠ることができず、睡眠時間帯が毎日遅れてゆく。時差ぼけ症状に苦しみ、社会生活に大きな支障が生じる。そしてときには慢性疲労症候群(CFS)と診断される。数ある睡眠障害の中でもひときわ対処しにくい非24時間型睡眠覚醒症候群(non-24・非同調型・自由継続型)とは何かを説明します。 続きを読む

子どもの心身をむしばむ睡眠不足―食べもの通信2013年4月号から

子どもの睡眠不足は、学習意欲の低下、性的な早熟傾向、発達障害、アトピー性皮膚炎とどのように関係しているのでしょうか。食べもの通信2013年4月号の特集「“早寝”が子どもの健康な脳をつくる」から、睡眠不足が子どもの心身に与える影響をまとめています。 続きを読む

子どもを襲う未曾有の危機 『「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの』

現代の子どもたちは、「人類史上未曾有の環境」すなわち24時間社会のもと、一昔前には考えられなかったさまざまな問題を抱えています。慢性疲労症候群とも関係がある低セロトニン後遺症とは何でしょうか。小児神経科医の神山潤先生の『「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの』を紹介します。 続きを読む

子どもが生き生きと育つ「脳科学と学習・教育」の3つのポイント

「教育」は人間特有のとても大切な行動です。それだけに、非科学的な詰め込み教育は脳機能に害をもたらします。どんな「教育」が脳の機能に沿った自然なものだといえるのでしょうか。書籍「脳科学と学習・教育」から、日本が世界に先駆けて組織した国家プロジェクトの成果を紹介します。 続きを読む