睡眠効率を上げて慢性疲労を解消する「疲労回復CPAP」―大阪市大と東京疲労・睡眠クリニックが開発

労研究に携わっている大阪市大と、今年大阪市大から独立して「東京疲労・睡眠クリニック」を開いた梶本修身先生らが、睡眠時の気道を確保して睡眠効率を上げ、日中の眠気と疲労を軽減する「疲労回復CPAP」を開発したそうです。

いびきは、眠りながら走っているようなもの!?いびきを抑えて昼の眠気と疲労を解消する医療機器が実用化! - SankeiBiz(サンケイビズ) はてなブックマーク - いびきは、眠りながら走っているようなもの!?いびきを抑えて昼の眠気と疲労を解消する医療機器が実用化! - SankeiBiz(サンケイビズ)

疲労回復CPAPとは?

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:シーパップ、持続的陽圧呼吸装置)とは、もともとは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療のための装置です。睡眠中に気道が閉塞しないよう、空気を送り込む役割を果たします。

しかし大阪市立では、慢性疲労の原因の一つとして、睡眠中の気道が狭まっていて、適切な呼吸がなされず、睡眠効率が悪化して疲労が回復していないことに注目。

CPAPを無呼吸ではなく、いびき防止に用いるためアルゴリズムを改良したところ、臨床検査の結果、睡眠中の呼吸を安定させ、疲労回復を促すことがわかったそうです。

慢性疲労と昼間の眠気を自覚し、練るときにいびきをかいている人たち41名に試してみた実験では、マスクを3日間装着できた35名全員でいびきが減少・消失し、疲労については51%が「かなり回復した」、34%が「疲労回復がいつもより良い」と回答したそうです

現在、「疲労回復CPAP」を2016年1月より全国展開するにあたり、臨床導入するクリニックを募集しているとのこと。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とまではいかなくても、気道が圧迫されて睡眠効率が悪くなり、慢性疲労に陥っている人は大勢いると思うので、今回開発された装置で十分な睡眠がとれるようになるといいですね。

東京疲労・睡眠クリニックによる説明はこちら。

CPAP疲労回復療法|疲労の回復・解消・治療なら東京疲労・睡眠クリニックへ はてなブックマーク - CPAP疲労回復療法|疲労の回復・解消・治療なら東京疲労・睡眠クリニックへ

公式紹介動画はこちら

小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもは脳の情報処理で過活動が生じていることが判明

児慢性疲労症候群(CCFS)に関する理化学研究所の研究結果がリリースされていました。

小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもの二重課題時の脳機能を調べたところ、健康な子どもよりが左脳だけでこなす作業に、通常は判断力に関わる右脳も同時に働かせているために疲労が生じるのかもしれない、ということがわかったそうです。

小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに | 理化学研究所 はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに | 理化学研究所

小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに — 大阪市立大学 はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに — 大阪市立大学

学校心理・発達健康教育コース松村京子教授らの共同研究グループが小児慢性疲労症候群(CCFS)患児の脳活動状態を明らかにしました - 兵庫教育大学 トピックス

慢性疲労の子、脳が過剰に活動 理研解明、治療法開発に - 47NEWS(よんななニュース) はてなブックマーク - 慢性疲労の子、脳が過剰に活動 理研解明、治療法開発に - 47NEWS(よんななニュース)

慢性疲労の子、脳が過剰に活動 理研解明、治療法開発に:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

慢性疲労症候群の脳に朗報 理研などが活動メカニズム解明 対人関係とも関連か - 産経WEST はてなブックマーク - 慢性疲労症候群の脳に朗報 理研などが活動メカニズム解明 対人関係とも関連か - 産経WEST

神戸新聞NEXT|医療ニュース|慢性疲労の子 脳の過剰活動 神戸の理研など解明

理研、小児慢性疲労症候群の脳活動を測定 - 前頭葉の過活動を確認 | マイナビニュース

小児慢性疲労症候群患児の脳の活動状態を解明-大阪市大 - QLifePro 医療ニュース はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群患児の脳の活動状態を解明-大阪市大 - QLifePro 医療ニュース

小児慢性疲労症候群の患者、脳の一部が働き過ぎ : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群の患者、脳の一部が働き過ぎ : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

小児慢性疲労症候群 「脳の働きすぎ」画像診断で判明(1/5ページ) - 産経ニュース はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群 「脳の働きすぎ」画像診断で判明(1/5ページ) - 産経ニュース

続きを読む

25人に1人?「良心を持たない人々」サイコパスの10の特徴とあなたが身を守る方法

■その人は、みんなから「すごくいい人」だと言われている
■しかし、わたしはその人から心理的暴力などで痛めつけられてきた
■そのことを周りに訴えても、だれも信じてくれず、かえってその人の味方をする
■その人はまったく家庭を顧みず、配偶者や子どもを物としか思っていない
■平気で浮気をして、いつ家にかえってくるかもわからない
■罪悪感や良心のかけらもない

なたの身近に、このような人がいますか? もちろん判断には慎重になるべきですが、その人はもしかすると「サイコパス」と呼ばれる種類の人かもしれません。

サイコパスというと、テレビなどのメディアでは、連続殺人犯や精神異常者のように描かれがちです。

しかしその実態はまったく異なります。サイコパスは「いい人」という評判を得ていて、正義感があり、良識ある人とみなされていることさえあります。だからこそ、彼らに苦しめられている人が訴え出ても、だれもそれを信じてくれないのです。

この記事では、良心をもたない人たち (草思社文庫)という本などに基づき、サイコパスを見分けるのに役立つ10の特徴、そしてサイコパスが生じる原因や、身を守るのに役立つアドバイスをまとめました。

続きを読む

若年性パーキンソン病をカミングアウト―ダイヤモンドダイニング松村厚久社長

々のユニークなレストランを展開し、2010年に「100店100業態」という目標を達成したダイヤモンドダイニング松村厚久社長が、若年性パーキンソン病であることをカミングアウトされたそうです。

僕は絶対に「パーキンソン病」に負けません | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト はてなブックマーク - 僕は絶対に「パーキンソン病」に負けません | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

ダイヤモンドダイニング代表・松村厚久のこれまでの人生を描いた 小松成美 書き下ろしノンフィクション!『熱狂宣言』8月7日(金)発売! - 産経ニュース

ダイヤモンドダイニングの松村厚久社長

わたしは外食しないので外食産業についてはまったく知らないのですが、松村社長は、東京・銀座の「ヴァンパイアカフェ」や「ベルサイユの豚」などのユニークなアイデアで有名な方だそうです。

松村社長が異変を最初に感じたのは、不眠不休で働いていた38歳のとき。肩の痛みが治らず、疲労によるものかと思っていましたが、歩く姿勢がおかしな格好になっていることをお母さんに指摘されたそうです。

診察を受けた結果、若年性パーキンソン病と診断され、治らない病気であることに大きなショックを受けました。

はじめのうちは病気を隠して働いていましたが、発症から10年経ち、もはや病気を隠しきれなくなったので、今年に出版した本熱狂宣言の中で、若年性パーキンソン病であることをカミング・アウトしたそうです。

年々、体は不自由になりつつありますが、頭はしっかりしていて、かえって闘病経験から、判断力や感性が培われ、より冷静になったと述べておられます。

難病だからといって特別扱いされたくはなく、むしろ健康な人たちと同じように活動していきたいとのこと。

障害者として特別扱いを受けることを拒む姿勢には、わたし個人としては違和感を感じますが、わたしの友人の若年性パーキンソン病の方も同じような考え方なので、きっとまじめで責任感の強い方たちなのだと思います。

若年性パーキンソン病というと、マイケル・J・フォックスの活躍が有名ですが、難病を抱えながらもあきらめずに夢を追い求めている人がいることには励まされますね。

熱狂宣言のAmazonレビューを見ても、とても力強くて励まされたという声が多数なので、興味のある方は読んでみるといいかもしれません。

▼追記(15/12/31)
別のニュースで松村社長について再び扱われていました。

若年性パーキンソン病と闘う飲食業社長「超えられない試練ない」(1/4ページ) - 産経ニュース はてなブックマーク - 若年性パーキンソン病と闘う飲食業社長「超えられない試練ない」(1/4ページ) - 産経ニュース

 「超えられない試練はない。今に勝利してみせる」という心意気で闘病していることや、若年性パーキンソン病では、発症から15年以上たっても歩いて通院している患者も少なくないことなどが書かれています。

薬のオンオフ症状に悩まされているようですが、腸管から薬を持続的に供給できるカートリッジ交換式ポンプが日本でも使用可能となることに期待を寄せているとのこと。

▼追記(2016/09/14)
ノンフィクション作家 小松成美さんと松村社長の対談が掲載されています。

若年性パーキンソン病告白の社長×ノンフィクション作家「乗り越えられない試練はない」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online はてなブックマーク - 若年性パーキンソン病告白の社長×ノンフィクション作家「乗り越えられない試練はない」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

若年性パーキンソン病とはどういう病気か、という点ついてはこちらをご覧ください。

20代で発症も? 若年性パーキンソン病の7つの特徴&治療に役立つ情報まとめ
10代から30代で発症すると言われる若年性パーキンソン病について情報をまとめました。若年性パーキンソン病とはどんな病気か、どんな独特な苦労があるのか、治療の選択肢にはどんなものがあ

20代で発症も? 若年性パーキンソン病の7つの特徴&治療に役立つ情報まとめ

あまり世間に知られていませんが、パーキンソン病にも、若年性の患者さんが結構な人数いらっしゃるのです。

中には20歳前後で、早い人では中学・高校生の頃から発症する人もいます。(p11)

学・高校生でパーキンソン病? 意外に思う人も多いかもしれません。一般にパーキンソン病というと、年配の人の病気というイメージがあります。

しかしパーキンソン病には、10代、20代、30代の働き盛りに発症するタイプの、遺伝的要素の強い若年性パーキンソン病(AR-JP)と呼ばれるタイプがあるのです。

若いのに、指がぴくぴくする、手足がふるえる、歩きにくく「すくみ足」が出たりする、体がこわばって強い痛みが生じる、そして他の病気が見つからず、心療内科などの治療でも一向によくならない…。それは若年性パーキンソン病かもしれません。

専門家にも知らない人が多く、正しい診断に至る道のりは非常に険しく、精神科の病気などと誤診され、漫然と効果のない治療を受けつづけている人も少なくないと思われます。

この記事では、以前も感想を書いた、 若年性パーキンソン病を生きる―ふるえても、すくんでも、それでも前へ!を参考にして、若年性パーキンソン病とはどんな病気か、どんな治療法や関連書籍があるのか、という点をまとめています。

続きを読む