線維筋痛症(FM)の実態調査―8割が「理解されず辛い」(シオノギ製薬/イーライリリーによる)

オノギ製薬と日本イーライリリーが、インターネットアンケートによる、線維筋痛症(FM)の実態調査を実施し、その結果を発表していました。

線維筋痛症患者の疼痛(痛み)に対する意識・実態調査│プレスリリース はてなブックマーク - 2012年2月XX日 - 150827.pdf

線維筋痛症患者の疼痛(痛み)に対する意識・実態調査データ│シオノギ製薬株式会社 日本イーライリリー株式会社 はてなブックマーク - 2012年2月XX日 - fm_1508.pdf

塩野義/日本リリー 線維筋痛症患者、痛みで6割以上が生活に支障│医薬経済社 はてなブックマーク - 医薬経済社

6割超が「日常生活に影響」、線維筋痛症患者の痛みに対する実態調査-塩野義製薬/イーライリリー - QLifePro 医療ニュース はてなブックマーク - 6割超が「日常生活に影響」、線維筋痛症患者の痛みに対する実態調査-塩野義製薬/イーライリリー - QLifePro 医療ニュース

 

続きを読む

1滴の血液からウイルス206種の感染履歴がわかる25ドルの検査―慢性疲労症候群(CFS)にも役立つ?

し前のニュースですが、   米ハーバード大学のスティーブン・エレッジ教授や、マサチューセッツ工科大学の協力者からなる研究チームが、1滴の血液から、過去に感染した206種940株のウイルスがわかる検査法「VirScan」を開発したと、科学誌「サイエンス」2015年6月号で発表されていました。

A $25 Blood Test Could Detect Every Virus That's Ever Infected You

「1滴」でがん、うつ病、アルツハイマーまでわかる 血液検査は驚くべき進化を遂げていた : Aging Style(エイジングスタイル)

VirScanで完全なウイルス感染歴が明らかになる | EurekAlert! Science News はてなブックマーク - VirScanで完全なウイルス感染歴が明らかになる | EurekAlert! Science News

血液一滴で感染症がわかるVirScan - trendswatcher.net はてなブックマーク - 血液一滴で感染症がわかるVirScan - trendswatcher.net

【健百】たった一滴の血液でウイルス感染が分かる新技術が登場 | あなたの健康百科 はてなブックマーク - 【健百】たった一滴の血液でウイルス感染が分かる新技術が登場 | あなたの健康百科

ウイルス検査に革新、1滴の血液から一度に200種を見分ける、米国ハーバード大学などが新技技術―過去の感染まで判定、未知の病気との関係を突き止める可能性も│Medエッジ

25ドルの血液検査で過去のウイルス感染履歴が明らかに

25ドル(約3000円)、解析期間は2,3日で実施可能なこの検査は、ウイルスに感染したときにできる痕跡、つまり抗体を検出するものです。

既存の検査とは違い、一回の検査で、ヒトに感染することが知られている事実上すべてのウイルスに一致する抗体を探すことができるのが強みだといいます。

これまでに検査を実施した569人からは、平均10のウイルスの抗体が検出されたとのこと。しかし少なくとも2名のボランティアからは84種のウイルスの感染履歴が検出されたとの記述も。

感染歴がわかれば、後天性免疫不全症候群(AIDS)やC型肝炎のような、潜伏期間が長い疾患の早期発見ができたり、慢性疲労症候群などのミステリアスな病気の原因解明をしたりするのに役立つのでは、とされています。

VirScan, if it’s perfected for routine use, could be used to look for common factors in mysterious illnesses such as chronic fatigue syndrome.

※chronic fatigue syndrome=慢性疲労症候群(CFS)

一般の実用化はまだ先で、現在は研究目的のみでしか使用できないらしいです。またHIV、C型肝炎ウイルス以外の検出率はまだ心もとないらしい記述も。

エレッジ教授は、「VirScan」がこれまでの「ELISA」と呼ばれる1回につき1種類を検出するタイプの検査に取って代わり、新しいワクチン開発や難病研究、ウイルス以外の病原体の検査にも応用されるかもしれないと期待しています。

こうした検査が普及したら、ウイルスが関係する難病の研究が飛躍的に進展しそうですね。慢性疲労症候群に関係するウイルスは何か、そもそもウイルスは関係しているのかという論争に終止符が打たれる日も近いのかもしれません。

【9/1】子どもの発達・愛着についての新刊「発達科学ハンドブック 8 脳の発達科学」―発達心理学者と脳科学者による本

どもの発達・愛着などについて、発達心理学者・脳科学者が共同執筆している新刊発達科学ハンドブック 8 脳の発達科学が2015/9/1に発売されます。

近年、脳を画像で可視化できるようになったことにより、従来、理論にもとづいて展開されていた発達心理学と、脳を解析する脳科学との間の溝が埋まってきました。そのため、両分野の専門家を集めて橋渡しし、脳機能の全般にわたる解説を試みた本として出版されるようです。

このブログでも馴染み深い研究者の方々が執筆されています。たとえば…

第1章 胎児期と新生児期―――― 小西行郎
赤ちゃん学の専門家で、子どもの睡眠についても造詣の深い、子どもの睡眠と発達医療センターの小西行郎先生が第一章の胎児期の解説を担当。

小西行郎先生が子どもの睡眠と発達医療センター長に
この4月から子どもの睡眠と発達医療センター長が小西先生になり、三池先生は特命参与の立場になりました。

第2章 幼児期から児童期―――― 森口佑介
発達心理学者として、このブログでは特にイマジナリーフレンド研究で名前を挙げさせていただいている上越教育大学の森口佑介先生が、第二章の幼児の脳機能についての解説を担当。

子どもにしか見えない空想の友達? イマジナリーフレンドの7つの特徴に関する日本の研究
子どもが目に見えない空想の友達と遊んでいるのを見て驚いたことがありますか? 森口佑介先生の著書「おさなごころを科学する」から、子ども特有の興味深い現象イマジナリーフレンドについてま

第23章 愛着と虐待―――― 友田明美
子どもの慢性疲労症候群や、虐待と愛着障害についての研究で、このブログでも再三取り上げさせていただいている福井大学の友田明美先生が愛着と虐待についての第23章を担当。

だれも知らなかった「いやされない傷 児童虐待と傷ついていく脳」(2011年新版)
子どもの虐待は、近年注目を浴びるようになって来ました。しかし、虐待が脳という“器質”にいやされない傷を残すことを知っている人はどれだけいるでしょうか。友田明美先生の著書「いやされな

そのほか、

第26章 注意欠陥・多動性障害(注意欠陥・多動症,ADHD)―――― 榊原洋一

第27章 自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)―――― 米田英嗣

といった部分で、発達障害も詳しく扱われています。

発達障害の章を執筆されている、お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 榊原研究室の榊原洋一先生が序章も書かれているので、中心となって編纂しておられる模様。

出版社による公式ウェブページはこちら。目次や序章の第一節が読めます。

発達科学ハンドブック8 脳の発達科学│新曜社 はてなブックマーク - 脳の発達科学

価格設定は高めの専門書ですが、とても興味深そうな一冊です。

高知県の化学物質過敏症(CS)患者の経験談―「二度とこんな被害が起きないように」

学物質過敏症(CS)について、高知県の患者である智子さんの経験談がニュースになっていました。

高知新聞:高知のニュース:医療・健康:化学物質過敏症に理解を 高知県で発症責任を求め裁判継続 はてなブックマーク - 高知新聞:高知のニュース:医療・健康:化学物質過敏症に理解を 高知県で発症責任を求め裁判継続

化学物質過敏症の智子さんの経験談

智子さんは、小学校に勤めていた2004年に化学物質過敏症(CS)を発症し、6年後に仕事を辞めざるを得なくなったそうです

きっかけは、夏休み最終日、白い液体が漏れ出た古びた缶が、家庭科教室のテラスに放置されているのを見つけたことでした。

校長の指示で缶を倉庫に運びましたが、強烈な刺激臭のため意識がもうろうとしたそうです。その後、たばこや柔軟剤などの臭いに反応して、呼吸困難、頭痛、吐き気などが生じるようになりました。

後でわかったことですが、そのときの白い液体は、使用期限が過ぎた有機リン系の駆除剤でした。本来は100~300倍に希釈して使う原液だったそうです。

2年後、新聞記事で化学物質過敏症(CS)を知り、四国で唯一、化学物質過敏症の診断と治療ができる独立行政法人 国立病院機構高知病院 はてなブックマーク - 独立行政法人 国立病院機構高知病院を受診し、化学物質過敏症と診断されたと書かれています。

智子さんは2011年に地方公務員災害補償基金に対し、高知地裁に訴訟を起こしました。その後、敗訴したものの、高裁への控訴を決めています。病気のことを知ってほしい、同じようなことが繰り返されるのを防ぎたい、という動機からです。

化学物質過敏症の知識と工夫

国立病院機構高知病院、化学物質過敏症外来の小倉英郎先生によると、化学物質過敏症には次のような特徴があるそうです。

■化学物質過敏症とアレルギーは全く別
■2009年に保険適用される病名に登録された
■揮発性の化学物質により、感受性をつかさどる脳細胞に影響
■大量の防虫剤や、海外製の安価なマスクが原因だったケースも
■国立病院機構高知病院で診断された患者は約200人(2000年以降)
■化学物質過敏症の存在を認めない研究者もいる
■臨床では理解ある医者も増えてきた

独立行政法人 国立病院機構高知病院|診療科目|小児科

智子さんは次のような工夫で対処し、少し体調は改善しているそうです。

■無農薬の野菜を食べる
■「家庭用クリーンルーム」と呼ばれる空気清浄機能付きテントを使う
■香料や合成洗剤、インクなどあらゆる化学物質を避ける
■ティッシュや新聞などは外で干してから使う
■化学物質の付着を防ぐため帽子をかぶり、活性炭入りのマスクを着ける
■外出の交通手段は家族が運転する自家用車のみ
■においが残らないよう人を家に上げないことも

また高知県内患者会「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」の仲間と協力しています。

化学物質過敏症・ゆるゆる仲間

化学物質過敏症(CS)は、今の医学では説明できず、「精神的なもの」と言われることも多いようです。特に、理論だけを見ている研究者の中には頭ごなしに疾病概念を否定する人もいます。

しかし、患者を身近で見ている人や、臨床で実際に多くの患者に接している医者にとっては、確かに存在する病気であり、現実の悩みだということが分かります。いずれもっと理解や研究が進むよう願っています。

自閉症の動物学者テンプル・グランディンのTED「世の中には いろいろなタイプの脳が必要だ」まとめ

NHKスーパープレゼンテーションで、自閉症スペクトラム(ASD)の有名人、テンプル・グランディン(Temple Grandin)のTED「世の中には いろいろなタイプの脳が必要だ」(The world needs all kind of minds)が放映されていました。

2015/6/17(水)に放送されましたが、先日8/19(水)にも再放送があり、今日8/23(日)の深夜(日付変更後)の24:45~25:10にも放映されるそうです。

公式ウェブサイトで、動画が公開されていたので、それを参考に内容をまとめてみました。

NHK for School:NHK | 番組紹介 | スーパープレゼンテーション「テンプル・グランディン 自閉症を語る」 (6/17ほか) はてなブックマーク - NHK for School:NHK | 番組紹介 | スーパープレゼンテーション「テンプル・グランディン 自閉症を語る」 (6/17ほか)

6月17日放送 | これまでの放送 | スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン はてなブックマーク - 6月17日放送 | これまでの放送 | スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン

以下の内容は、書き言葉として、わかりやすく表現を調整している部分もあり、放送の字幕に忠実ではありません。省略したり補ったりしている部分もあります。一部、話の順番を入れ替えて整理しているところもあります。

続きを読む