心は脳だけでなく身体全体から作られる―神経学者ダマシオの自己意識の研究を読み解く

ラウマ研究の第一人者であるベッセル・ヴァン・デア・コークは、このブログで頻繁に引用している身体はトラウマを記録するーー脳・心・体のつながりと回復のための手法の中で、ある本のことを「私にとって最も重要な本」と呼んで紹介しています。

ダマシオは一連の見事な科学論文や書物の中で、体の状態と情動と生存との間の関係を明らかにした。

神経科医として、さまざまな種類の脳の損傷を負った患者を何百人と治療してきたダマシオは、意識や、自分が何を感じているかを知るのに必要な脳領域の確認に強い関心を抱くようになった。

彼は、私たちの「自己」の経験を司るものを精密に記すことに自分の職業人生を捧げた。

彼の著書のうち、『無意識の脳 自己意識の脳ー身体と情動と感情の神秘』は私にとって最も重要な本で、それを読んだときには目を開かれる思いだった。(p155)

アイオワ大学メディカル・センター神経学部のアントニオ・R・ダマシオ博士の数ある著書のうち、ヴァン・デア・コークにとって「最も重要な本」に思えたのは、無意識の脳 自己意識の脳でした。

ダマシオは、意識や自己、人格、アイデンティティといった、これまで神秘に包まれていたテーマを、膨大な神経科学の証拠に基づいて考察したことで知られています。

そのおかげで、従来、心理学や精神医学の領域で扱われていたトラウマのような「こころの問題」を、実体のある神経科学的な「からだの問題」として研究することが可能になりました。

この本が、ヴァン・デア・コークにとって重要な本であるとすれば、このブログで取り上げているトラウマや解離の研究においても、極めて重要な一冊だといえるでしょう

ソマティック心理学のような、身体感覚から心にアプローチするセラピーに携わる人にとっても、このダマシオの研究について知っておくことは大いに役立つはずです。

また、わたしのように、専門家ではなくても、心、意識、人格といった つかみどころのない概念を、スピリチュアルな観点ではなく、現実的な観点から考察したい人にとっても、ダマシオの研究について知っておくのはとても大切です。

前知識がないとかなり難解な本ですが、この記事では、わたしのつたない読解力ながら、できるだけ易しい言葉を用いて、ダマシオの研究を解説してみようと思います。

続きを読む

無意識に人格が切り替わってしまう「スイッチング」とは?―多重人格をスペクトラムとして考える

その症状は劇的ではあるものの、解離性同一性障害に見受けられる内部分裂や異なる人格の出現は、幅広い精神生活の領域の極端な例にすぎない。

自分の中に相容れない衝動や部分がいくつもあるという感覚は誰しも抱いているが、トラウマを負い、生き延びるために極端な手段に頼らざるを得なかった人々には、とりわけ顕著なのだ。(p457)

離性同一性障害(DID)、いわゆる多重人格は、映画やアニメなどのフィクション作品でセンセーショナルに扱われるせいで、はなはだしく誤解されてきました。

自分のうちに複数の人格がいるという現象は、ときに猟奇的な犯罪や、オカルトと結びつけられがちですし、詐病や演技だとみなす医師さえいます。

多重人格の原因がよくわかる8つのたとえ話と治療法―解離性同一性障害(DID)とは何か
解離性同一性障害(DID)、つまり多重人格について、さまざまな専門家の本から、原因やメカニズムについて理解が深まる8つのたとえ話と治療法についてまとめました。

しかし、身体はトラウマを記録するーー脳・心・体のつながりと回復のための手法の中で、ベッセル・ヴァン・デア・コークが述べているように、解離性同一性障害(DID)は、「幅広い精神生活の領域の極端な例に」すぎません。

近年の解離の理論からすれば、単一の人格しか持たない大多数の人と、複数の人格を抱え持つDIDの人は、ばっさりと二分して区別できるようなものではなく、グレーゾーンを介して連続してつながっていることがわかっています。

彼はこの本の中で、「解離がスペクトルの上で生じることに気づいた」と述べています。ちょうど虹のスペクトルのように、さまざまな程度また色合いの症状が連続して起こっている、という意味です。(p464)

たとえDIDと診断されるほど典型的ではなくても、自分の内に複数の人格が宿っているように感じている人は大勢います。そのような人たちは、「スイッチング」という軽度の人格の切り替わりを経験します。

たとえば、ついカッとなる傾向があったり、ぼーっとして無活動状態にはまり込んでしまったり、人前での自分と一人でいるときの自分にギャップがあったり、依存症や中毒、自傷行為をやめられなくなったりしている人は、人知れずスイッチングの問題を抱えている可能性があります。

この記事では、スイッチングとはなにか、人格の分裂がわたしたちの日常からそれほどかけ離れているわけではないといえるのはなぜか、そのとき脳科学的にはどのような状態にあるのか、といった点を考察したいと思います。

(※多重人格は解離性同一性障害の古い呼び名であり、あまり適切ではない名称です。しかし現在でも、多重人格という言葉は知っていても、解離性同一性障害という呼び名は知らない人も多いため、この記事では便宜的に この表現を併用しています)

続きを読む

カウンセリングではトラウマを治療できないのはなぜか―物語ではなく経験が必要な理由

代のトラウマ研究の第一人者である、ベッセル・ヴァン・デア・コークが、身体はトラウマを記録するーー脳・心・体のつながりと回復のための手法の中で書いている次の説明は、いささか衝撃的かもしれません。

セラピストは、話すことにはトラウマを解決する力があると考え、その力に絶対的な信頼を置いている。…残念ながら、事はそれほど単純ではない。(p379)

私たちの研究における最も重要な発見は、次の事実かもしれない。

1893年のブロイアーとフロイトの主張とは裏腹に、トラウマを、それと結びついた感情のいっさいとともに思い出しても、必ずしもトラウマは解消しないのだ。

私たちの研究は、言語が行動の代わりになりうるという考え方を支持しなかった。(p321)

ハーバード大学のジョン・レイティは、GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネスの中で、ヴァン・デア・コークのこの考え方について、もっと歯に衣着せぬ言い方でこう代弁しています。

精神科医のベッセル・ヴァンダーコークは、トラウマの権威として高く評価されている。

…長年にわたって精神科医として患者を診てきたが、トラウマについて学んだことから心理療法をやめたと公言する。

彼に言わせればトークセラピーなど「むだ話」にすぎない。

…数十年に及ぶ試行錯誤の末に、彼は、体を動かすのがいいという結論に至ったのだ。(p248)

専門家も当事者も含め、これまで多くの人は、トラウマとは「心の傷」であり、傾聴によるカウンセリングや、認知行動療法のような、対話を軸とした心理療法(トークセラピー)が役立つと教えられてきました。

しかし、近年のトラウマ医学の進歩からすれば、それは「むだ話」にすぎない、と書かれています。そして、その代わりになるのは「体を動かす」アプローチでした。

いったいこれはどういう意味でしょうか。

確かにカウンセリングを受けると、いくらか気分が楽になるかもしれません。しかし会話を中心としたセラピーには限界があり、ときには症状を悪化させることもあります。

この記事では、なぜ言葉を用いたセラピーではトラウマ症状をうまく治療できず、「トラウマ記憶を物語に変える」という手法では不十分なのか、最近の脳科学の発見に照らして考えたいと思います。

そして、行動や経験を重視する身体志向のセラピーになぜ効果があるのかを、意外な観点から考察してみました。

続きを読む

ソマティック・エクスペリエンス(SE)を知る10ステップ―「凍りつき」を溶かすトラウマセラピー

子どもが逆境やトラウマを経験すると、闘争・逃走反応を起こすか「凍りつき」状態となり、体の感覚が鈍る。

…最も効果的な方法の一つに、身体感覚に注意を向ける「ソマティック・エクスペリエンス」というセラピーがある。(p258)

どものころに経験した逆境的体験が、生物学的な変化を脳や身体にもたらし、思春期以降、さまざまな精神的・身体的な病気を発症させていく。近年、トラウマは単なる「こころの病」ではなく、全身疾患であることが明らかにされつつあります。

ACE研究が明らかにした「小児期逆境後症候群」ーなぜ子ども時代の体験が脳の炎症や慢性疾患を引き起こすのか
17000人以上のデータから子ども時代の逆境体験と成人後の体調不良の関連性を導き出した画期的なACE研究の取り組みをもとに、幼少期の経験がわたしたちの一生にわたり、心身の健康にどん

そのことを説明した本、小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策 (フェニックスシリーズ)には幾つかの有望な治療法が紹介されていますが、そのひとつは「ソマティック・エクスペリエンシング」(SE)でした。

ソマティック・エクスペリエンスとは、字義通りには「身体の経験」という意味です。ここ日本ではまだあまり知られていませんが、ヴァン・デア・コークらトラウマ研究の第一人者たちから注目され、アメリカ航空宇宙局(NASA)でも活用されているようです。

ソマティック・エクスペリエンスは、従来のカウンセリングを主体としたセラピーとはまったく異なるアプローチで「こころ」ではなく「からだ」に働きかけます。

この記事で紹介するように、もともと原因不明の慢性疲労症候群や線維筋痛症、胃腸障害、パニック障害のような症状をきっかけに考案された治療法であり、特に子ども時代の逆境体験によって、慢性的に「凍りつき」に陥っている人に効果があると考えられます。

「凍りつき」とは、どのような生物学的現象なのでしょうか。トラウマ性の身体症状にはどんなものがあるでしょうか。ソマティック・エクスペリエンスはどのようにして身体に働きかけるのでしょうか。

この記事では、ソマティック・エクスペリエンシング(SE)の理論を構築したピーター・ラヴィーンの本をはじめ、さまざまな文献を参考に、SEを理解するための10のステップをまとめてみました。

続きを読む

なぜデジタル機器はADHD症状を引き起こすのか―脳はテクノロジーに適応する

シカゴ美術館付属美術大学の臨床部長として、学生の心のケアにあたるマイケル・ピートラスはADHD評価の専門家でもあり、テクノロジーが作業記憶(ワーキングメモリ)や情報処理の能力に影響を及ぼしているのはまちがいないと言います。

「テクノロジーとソーシャルメディアは、これらの能力に害を及ぼす恐れがある。

その結果、ADHDによく似た状態になるか、もともと患っていた注意力の欠如が目立つようになるんです」(p64)

ジタル機器の使用がADHD症状と関係している?

数年前に初めてその話を聞いたときは驚きましたが、ADHDについて調べていくうちに、様々な要因でADHD症状が引き起こされうること、デジタル機器の使用もその要因の一つだということを知りました。

「私って大人のADHD?」と思ったら注意したいことリスト―成人ADHDの約7割は違う原因かも
大人になってからADHD症状を示す人の少なくとも7割近くは、子どものころにはADHD症状がなく、従来の意味での発達障害ではないと考えられます。近年のさまざまな研究から、大人のADH

冒頭に引用した退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放すには、その根拠となる研究の数々が載せられていました。

はじめにことわっておきますが、この記事はデジタルデバイスが脳を破壊したり、発達障害を引き起こしたりする、と主張する内容の記事ではありません。デジタルデトックスの勧めでもありません。

わたしたち人類の脳は、いつの時代もテクノロジーの進歩に適応して変化してきました。現代の急激な環境の変化に対しても、やはり脳は何かしらの変化を遂げてしかるべきでしょう。

私たちは、人類が経験したことのない転換点にいます。これほどたくさんの情報にまみれた時代はありません。

スマホとタブレットが広まったことで、モバイル端末の利用時間は1日当たり平均して2時間57分、画面に向かって過ごすのは11時間にもなります。

これが健康に悪いかどうかはまだわからないものの、テクノロジーが私たちを変えつつあるのはたしかです(そして、それがいい方向へかどうかも、まだわかりません)。(p14)

この記事で考えるのは、デジタル機器に適応した脳の働きが、時として「ADHDによく似た状態になる」ということです。その変化はあくまで環境に脳が適応した結果であって、障害ではありません。

このデジタル時代に、わたしたち人類がどのように適応してきたか、そしてそれがADHDと似た状態をもたらすのはなぜなのか、調べてみることにしましょう。

続きを読む