むずむず脚症候群やパーキンソン病が脳への電気・磁気刺激で改善

ずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)と、パーキンソン病(PD)は、どちらもドーパミンの不足から生じる問題として知られていて、ビ・シフロール(プラミペキソール)やニュープロパッチ(ロチゴチン)といった同じ薬が認可されています。

(ただしRLSはPDと異なりドーパミン神経は減っていないので、直接関係する病気ではなさそうです)

ここ数日のニュースで、むずむず脚症候群とパーキンソン病それぞれについて、経頭蓋磁気刺激・電気刺激という、脳に刺激を与える治療で改善したという別々の報告があったので、この記事にまとめておきます。

電流を流すといっても、経頭蓋磁気刺激・電気刺激は、DBS(脳深部刺激療法)のように頭蓋骨の中に電極を埋め込むという大がかりなものではなく、単に安静にしながら、頭にコイルを近づけるだけであり、痛みはありません。

パーキンソン病に対する経頭蓋直流電気刺激の効果

まず、パーキンソン病に対しては、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)と運動療法を併用した場合の効果が報告されていました。

パーキンソン病患者が運動しながら脳に電気刺激を行うと、歩く速さとバランス機能が改善した - MEDLEYニュース はてなブックマーク - パーキンソン病患者が運動しながら脳に電気刺激を行うと、歩く速さとバランス機能が改善した - MEDLEYニュース

研究では、パーキンソン病患者16名を、経頭蓋直流電気刺激のみのグループ、経頭蓋直流磁気刺激と運動療法を併用するグループに分けました。

どちらのグループも、経頭蓋直流電気刺激は、実際に刺激する日と、偽の刺激を行う日を設けました。

そして歩く速さとバランス機能を指標に効果を検証したところ

■経頭蓋直流電気刺激のみは効果なし
■運動療法のみは改善
■経頭蓋直流電気刺激+運動療法の併用ではさらに改善
■パーキンソン病が進行しているほど経頭蓋磁気刺激を加えた場合の効果がアップ

との結果が出たそうです。

脳卒中でも、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)を実施しながら運動学習課題をした場合に、やはり改善効果が強く出たそうです。

うつ病では、経頭蓋直流電気刺激(tDCSとSSRIのジェイゾロフト(セルトラリン)を併用した場合に、それぞれ単独より効果が強くなったとのこと。

電気刺激のみでは効果がない、または効果が薄い場合でも、運動や薬と併用することで効果が出るというのは興味深いですね。

パーキンソン病に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)や経頭蓋直流磁気刺激(tDCS)の効果はかなり以前から研究されているそうで、日本でも、シータバースト刺激(TBS)を含めて応用が検討されているそうです。

今のところ、特に著しい効果を示した報告はないそうですが、刺激する場所を工夫したり、刺激の回数・リズムなどを調整したり、今回のように他の治療法と併用したりすることで、効果を上げる方法が模索されているようです。

パーキンソン病の非薬物療法とエビデンス―反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法 臨床神経学2013年 はてなブックマーク - 051.indd - 053111050.pdf

ちなみに脳に電極を埋め込む脳深部刺激療法(DBS)についても、高解像度MRIを使うことで、さらに正確な位置を刺激したり、電極を増やして効果を上昇させたりするなど、治療法を改善する研究が行われているというニュースがありました。

むずむず脚症候群に対する経頭蓋磁気刺激の効果

パーキンソン病に対する効果の報告とは別に、むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果についても報道されていました。

むずむず脚症候群の症状が脳への磁気刺激で改善? - MEDLEYニュース はてなブックマーク - むずむず脚症候群の症状が脳への磁気刺激で改善? - MEDLEYニュース

研究では、むずむず脚症候群の患者29名が、経頭蓋磁気刺激を実施されるグループ(11名)と、偽の刺激を与えられるグループ(8名)に振り分けられ、医師も患者も、だれがどちらのグループか知らない二重盲検法で実施されました。

すると、本物の刺激を与えたグループは、偽の刺激を与えたグループより有意に症状が改善しました。

この研究では、パーキンソン病の電気刺激のように、薬などの他の治療法との併用は実験されていませんが、さらに研究が進めば、もっと効果的な刺激方法がわかるかもしれません。

経頭蓋磁気刺激などの脳の刺激療法は、脳を活性化させて脳の可塑性が生じやすくするとも言われているので、他の治療法の補助とするのが良いのかもしれません。

今回取り上げた経頭蓋磁気刺激(TMS)と経頭蓋直流電気刺激(DCS)の違いについては、こちらの医学研究室のブログの解説がわかりやすかったので紹介しておきます。

簡単に言えば、それぞれ磁気刺激と電気刺激の違いがあり、機材の費用も異なるようです。

お脳のあたり痛くないですか: 前頭葉機能をtDCSで強化する はてなブックマーク - お脳のあたり痛くないですか: 前頭葉機能をtDCSで強化する

経頭蓋磁気刺激(TMS)は日本でも治療を受けられる医療機関も少しずつ増えてきましたが、医療保険が適応されていないので、あくまでも臨床試験や自由診療として実施されているようです。

発達障害(ADHD/アスペルガー)で精神障害者保健福祉手帳を取得する10のメリットと申請方法

達障害(注意欠如多動症[ADHD]/自閉スペクトラム症[ASD])の人が受けられる社会福祉制度の支援はいろいろありますが、その一つが精神障害者保健福祉手帳の取得です。

身体障害者手帳、療育手帳とくらべて、メリットが少ないと言われることの多い精神障害者保健福祉手帳ですが、取得することで、生活が便利になる部分は確かに存在します。

この記事では、発達障害で精神障害者保健福祉手帳が取得できるといえる理由、手帳を取得することによる10のメリット手帳を申請するための具体的な方法についてまとめてみました。

これかく書く情報は2015年7月時点のものであり、各自治体によって微妙に違う点もあるので、あくまで参考程度にお読みください。

続きを読む

発達障害・精神疾患などで自立支援医療(精神通院)を申請する方法―高い薬・医療費を安くする

神疾患で通院していると、薬代などがばかにならない場合があります。特にジェネリックがなく、最近薬価収載された新しい薬を使っている場合などは、非常に高額な代金を請求されることがあります。

うつ病では、SNRIをはじめ、最近の薬は高価で、通院費用やカウンセリング代を合わせるとかなり高額な負担が生じることがあります。

発達障害でも、特にADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)の場合は、コンサータ、ストラテラといった薬が高額になりがちです。

そのような場合に、負担する費用を3割から1割にして、医療費を安くしてくれる社会保障制度が、「自立支援医療(精神通院)」です。

しかし、自立支援医療の申請の手続きは、なかなかわかりにくく、難しく思えることも確かです。

それで、この記事では、「自立支援医療(精神通院)」の申請手続きの方法・仕方・手順をわかりやすくまとめてみました。

※2015年7月時点の情報であり、自治体によって細かな点が異なる可能性があることに注意し、あくまで参考程度にお読みください。

続きを読む

意志力のないADHDの人が少しでも自己コントロールするための5つの科学的アドバイス

■大学生の成績と性格の相関関係を調べると、唯一、自己コントロールの高さのみが関係していた

■1000人の子どもを32歳まで追跡した調査では、自己コントロールの高い子どもは肥満率が低く、依存症などが少なく、健康状態もよく、安定した結婚生活をしていた。

■自己コントロールの低い人は、不安・うつ病・摂食障害・強迫神経症・アルコール依存症などの問題を抱えやすく、家庭内暴力や犯罪の可能性も高かった。

れらは、自己コントロール能力、つまり意志力自制心について 調べた統計のほんの一部です。

自己コントロールの研究によると、世界中の犯罪や大事件、スキャンダルの多くは自己コントロールの欠如によって引き起こされてきたことがわかっています。

意志力はある程度は遺伝的なものであり、特にADHDの素因を持っているなら、自己コントロールが難しいことも知られています。

意志力や自制心がなく、すぐに誘惑に負けてしまう人が、自己コントロール能力を強くするためにできることがあるでしょうか。WILLPOWER 意志力の科学という本を参考に調べてみました。

続きを読む

なぜADHDの人は慢性的な疲労や痛みを感じやすいのか―脳の注意配分能力とワーキングメモリー

意力と、疲労や痛みの感じやすさが関わっている場合がある。この話題について、このブログでは以前から何度か話題にしてきました。

たとえば、その名の通り注意力に関する問題を抱えているADHD(注意欠如・多動症/注意欠陥・多動性障害)の人は、慢性疲労症候群や線維筋痛症などの、疲労や痛みの症候群を抱えやすいという国内外の専門医の見解があります。

ADHDの子は慢性疲労症候群や線維筋痛症になりやすい?
ADHDの子どもの脳機能の低下が友田先生により報告されています。

線維筋痛症の専門家の戸田克広先生はこう書いています

時間と共に, ADHD (大部分は不注意な型) は慢性疲労と痛みの症候群に進展することをこの論文は示唆。

しかし、どうして注意力に問題があると、慢性的な疲労や痛みを感じやすいのでしょうか。

その点については、参考となる資料はあまり多くなく、現時点で集められたのは断片的な情報です。しかしそれでも、情報を整理してみると、それなりに理由が見えてきたように思います。

以下に書くことは、あくまで個人的な推測で、現時点では確証がなく、誤りも含むと思いますが、一応まとめておきます。

問題は、注意力の欠如また欠陥にあるのではなく、注意力のコントロール能力にあるのではないでしょうか。

注意のコントロール能力がいかに痛みや疲労と関わっているか、フロー状態、マインドフルネス瞑想、ワーキングメモリー、注意配分能力などのキーワードから考えてみましょう。

続きを読む