自閉スペクトラム症の独特な視覚世界を体験できるヘッドマウントディスプレイを大阪大学が開発

閉スペクトラム症の独特の視覚世界を体験できる装置を、大阪大学大学院の長井志江特任准教授が開発し、大阪・梅田のグランフロント大阪で「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験」という講演会が行われたそうです。

「自閉スペクトラム症」を体験 - NHK 関西 NEWS WEB はてなブックマーク - 「自閉スペクトラム症」を体験 - NHK 関西 NEWS WEB

大きな眼鏡のような装置をつける体験会が開かれ、近くで大きな音がすると、視界がぼやけたり白黒の状態になったりしたあと砂嵐のように見える状況が体験できたと書かれています。

長井特任准教授は、「視覚だけでなく、音の聞こえかたや物に触れたときの感覚も特有なので、さらに理解を深めてもらいたい」と話しました。

このヘッドマウントディスプレイ型の体験装置について解説した記事によると、自閉スペクトラム症の次のような3つの視覚特性を体験できるそうです。

自閉スペクトラム症の視覚世界を探る――ヘッドマウントディスプレイ型知覚体験シミュレータ / 長井志江 / 認知発達ロボティクス | SYNODOS -シノドス- はてなブックマーク - 自閉スペクトラム症の視覚世界を探る――ヘッドマウントディスプレイ型知覚体験シミュレータ / 長井志江 / 認知発達ロボティクス | SYNODOS -シノドス-

■コントラスト強調
瞳孔調整能力の弱さのため光がまぶしい。たとえばスキー場などの明るい場所では、明るさがさらに強調されコントラストがきつく見える

■無彩色化
視覚信号を統合するのが困難なので、駅のホームでの電車の通過など、激しい動きを伴う場面を見ると、視界の中心のカラーの映像と、周辺視野の無彩色・不鮮明な映像が混ざる。

■砂嵐状ノイズ
動きや音の変化が激しいときに、視界に砂嵐状のノイズが混ざる。無彩色化が動きの大きさと関係していたのに対し、砂嵐状ノイズは変化と関係している。偏頭痛でもvisual snow と呼ばれる類似したノイズが生じるため、似た脳の活動が生じている可能性がある。

うるさい場所では視界に砂嵐のようなノイズが出る。偏頭痛でも見られる

自閉症の人の独特の感覚世界は、これまでなかなか理解されないことが多かったですが、こうして視覚で体験できる装置などが開発されると、わかってもらいやすくなりそうですね。

ADHDや統合失調症の世界を体験できるビデオについても、以前ブログで取り上げました。そちらはWeb上で体験もできるので、ぜひご覧ください。

統合失調症とAD/HDの感覚世界を味わえるバーチャル体験動画
統合失調症とADHDを擬似体験できる動画の紹介です。

今回の装置の研究・開発をされた長井志江さんのウェブサイトはこちらです。国旗アイコンで言語は切り替え可能なようです。

Yukie Nagai - Home はてなブックマーク - Yukie Nagai - Home

 

サインバルタに「線維筋痛症に伴う疼痛」の効能を追加

労省の薬食審医薬品第一部会は、SNRIサインバルタカプセルに対する「線維筋痛症」の効能追加を承認したそうです。

薬食審・第一部会 2製品の効能追加承認を了承 サインバルタに線維筋痛症 イリボーは女性投与可能に│ミクスonline

薬食審・第一部会 サインバルタ「線維筋痛症」イリボー「女性投与可能」の効能 追加承認を了承

サインバルタカプセル20mg、30mg(デュロキセチン塩酸塩)に、「線維筋痛症に伴う疼痛」の効能・効果を追加し、用法・用量は1日1回60mg(うつ、糖尿病性神経障害は40mg)。開始用量は20mgで、1週間以上の間隔を空けて20mgずつ増量するとされています。

サインバルタは国内2番目のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI:Serotonin-NorAdrenalin Reuptake Inhibitors)です。セロトニン系とノルアドレナリン系の神経にだけ選択的に働き、それらの濃度を高める効果があるそうです。

▼2016/03/18追記:
「慢性腰痛症に伴う疼痛」の効能も追加されました。

三ヶ月以上続く腰痛で、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効きにくい患者を対象に、二重盲検試験が実施されたところ、50週間の長期投与試験でも、長期間にわたる鎮痛効果が認められたそうです。

サインバルタ:慢性腰痛で使用可能に:日経メディカル はてなブックマーク - サインバルタ:慢性腰痛で使用可能に:日経メディカル

遅延性食物アレルギーのIgG検査は信頼できない?

延性食物アレルギーによって慢性疲労が起こる場合があることは、このブログでも取り上げたことがあります。

しかし、その検査法である「IgG抗体検査」について、日本小児アレルギー学会が有効性を否定したというニュースがありました。

食物アレルギー「IgG抗体検査」 学会が有効性を否定:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web) はてなブックマーク - 食物アレルギー「IgG抗体検査」 学会が有効性を否定:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)

IgGの抗体量とアレルギーとの関連性は科学的に認められておらず、日本の学会だけでなく欧米の学会も、アレルギー診断に役立つとは認めていない、と説明されています。

この記事では、遅延性食物アレルギーそのものが否定されていて、本来IgGは金属などに関係するものであり、食物との関わりはない、と言われています。

小西統合医療内科の小西先生が、これらのニュースに反応しておられて、遅発性フードアレルギーの食品を除去することに確かに意味は無いものの、検査自体には有用性もあると述べておられます。

遅発型フードアレルギー検査についての「大きな誤解」|ドクター小西の『統合医療情報局』 はてなブックマーク - 遅発型フードアレルギー検査についての「大きな誤解」|ドクター小西の『統合医療情報局』

多発性硬化症の視力低下にてんかん薬フェニトインが効果

発性硬化症(MS)の視力低下にてんかん発作の予防に使われるフェニトインが効果があるという研究を米国神経学会(AAN)が発表したそうです。

急性視神経炎の発症後2週間以内の患者86人を対象に三ヶ月フェニトインを投与したところ、網膜損傷が平均30%少なく、黄斑容積は34%大きいことが分かったそうです。

多発性硬化症の症状の一つである視神経炎は、視力の低下、視野の異常、眼球の痛みなどを伴い、徐々に回復するものの、再発を繰り返すこともあり、神経と目に損傷を与えるそうです。

てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ | Medエッジ はてなブックマーク - てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ | Medエッジ

MSの視力低下、フェニトインで予防【米国神経学会】 │m3.com

イマジナリーフレンド(想像上の友達)の知名度をGoogleキーワードプランナーで調べてみた

 のブログでは、イマジナリーフレンド(想像上の友達)という現象について、さまざまな情報を扱っています。

イマジナリーフレンドは、学術的にはイマジナリーコンパニオンとして知られ、わかりやすい「解離性障害」入門という本によると「正常範囲に属する解離現象」と説明されています。(p19)

イマジナリーフレンドの体験者が書いた ここにいないと言わないで ―イマジナリーフレンドと生きるための存在証明―という本によると、イマジナリーフレンドの現実での認知度の低さに嘆く記述が見られます。他方、「インターネット上ではいくらかの認知がされている」とも記載されています。

イマジナリーフレンドは実際にはどの程度認知されているのでしょうか。人々からどの程度関心を示されているのでしょうか。

今回はそれを調査するためにGoogleキーワードプランナーというツールを用います。このツールは、あるキーワードがひと月にどれくらいGoogleで検索されたかを調べることができます。

果たしてイマジナリーフレンドはどれくらい認知されているのか、ほかのいろいろなキーワードの平均検索回数と比べてみましょう。

イマジナリーフレンドはどのくらい認知されているのか

以下は2015年3月のGoogleの平均検索回数です。

※キーワードオプションの「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンにして、類似語句による検索をカウントしないようにしています。

2015年3月の平均検索回数

ディズニーランド 4540890 (回)

猫 2970790

マリオ 706730

うつ病 553940

ふなっしー 450000

アスペルガー 352220

旭山動物園 85260

解離性障害 29290

多重人格 27960

ひこにゃん 23050

ダイオウグソクムシ 15260

タルパ 12690

激おこぷんぷん丸 12100

解離性同一性障害 12100

セイタカアワダチソウ 7880

スベスベマンジュウガニ 7180

イマジナリーフレンド 5400

電磁波過敏症 5290

リーフィーシードラゴン 3860

オオカバマダラ 970

ウロコフネタマガイ 880

わさびアイス 170

空想の友達 70

架空の友達 70

イマジナリーコンパニオン 圏外

イマジナリープレイメイト 圏外

想像上の友達 圏外

いかがでしょうか。

もちろんこの数字はGoogle検索のみの結果であり、あくまで概数です。ここに出てこないキーワードで調べる人もいるでしょうし、Yahoo!やBingの検索を使う人もいるでしょう。それらのデータはカウントされていません。

またこの結果は、人々が検索するかどうか=関心の度合いであり、知名度や認知度とは異なります。しかし知っているから調べる、という側面もあるので、ある程度の相関関係はあるかもしれません。

その上で、このデータに目を通すと、「解離性障害」「多重人格」は比較的よく知られていることが分かります。「ひこにゃん」(ご当地キャラ)と同程度の回数検索されているようです。

次いで、「解離性同一性障害」「タルパ」「ダイオウグソクムシ」(深海生物)や「激おこぷんぷん丸」(過去のネット流行語)と同程度に関心を持たれているようです。

その後にようやく「イマジナリーフレンド」が出てきますが、「解離性障害」の1/6、「解離性同一性障害」の1/2程度の数字となっています。

少なくとも、世の中の人は「イマジナリーフレンド」より、わずかに「スベスベマンジュウガニ」(甲殻類)や「セイタカアワダチソウ」(植物)のほうが気になっているようです。

同レベル帯の医学用語としては「電磁波過敏症」があり、それと同じ程度に、関心を払われている概念だということになります。

「イマジナリーフレンド」を検索しようと思う人の数は、計算すると「ディズニーランド」の1/820、「うつ病」の1/103くらいになります。

そしてイマジナリーフレンドの日本語訳である「空想の友達」「架空の友達」については、「わさびアイス」(変な食べ物)以下の検索数であり、調べる人は大変まれです。

「イマジナリーコンパニオン」、「イマジナリープレイメイト」という学術的な名称については、検索データを取得できないほど検索回数が少なく、ネット上で、ほとんど誰も調べないといってよいでしょう。

 

うちのブログは基本的にマイノリティな概念を多く扱っているので、イマジナリーフレンドの5400という数字は、むしろ多いな、という感想を持ちました。

やはり最初に書いてあったように、ネット上ではそれなりに知られ、認知されているようです。

しかしイマジナリーコンパニオンといった学術用語がまったく知られておらず、関心も示されていないことは危惧すべき点です。

イマジナリーフレンドという言葉が、イマジナリーコンパニオンという学術的な研究からひとり歩きして、「脳内彼氏」「脳内彼女」「エア友」といった言葉と同様の意味として広まっている可能性を感じるからです。

実際には、解離という正常な脳の現象が関与している豊かな現象なのですが、それが知られないまま、表面的な言葉だけが広まってしまうとしたら、IF保持者にとって大きな損失となるのではないかと思います。