【10/11】トラウマ研究の権威ヴァン・デア・コーク博士の本「身体はトラウマを記録する」が発売

ラウマ研究の世界的権威であり、このサイトでも取り上げた発達性トラウマ障害(DTD)サバイバル脳といった斬新な概念を提唱したことで知られる、ボストン大学医学部のヴァン・デア・コーク博士の本身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法が来月2016年10月11日に出版されます。

楽天ブックスの本書のページによると出版社である紀伊國屋書店からの内容紹介は次のようになっています。

私たちは何よりもまず、患者が現在をしっかりと思う存分生きるのを助けなくてはならないーー世界的第一人者が、トラウマによる脳の改変のメカニズムを解き明かし、薬物療法や従来の心理療法の限界と、EMDR、ニューロフィードバック、内的家族システム療法、PBSP療法、ヨーガ、演劇など、身体志向のさまざまな治療法の効果を紹介する、全米ベストセラー。トラウマの臨床と研究を牽引してきたヴァン・デア・コーク博士の集大成。

ヴァン・デア・コーク博士は2011年に来日し、「東日本大震災とトラウマ」をテーマにした講演を行うなど、日本の研究者との交流も盛んです。

これまでサイコロジカル・トラウマトラウマティック・ストレス―PTSDおよびトラウマ反応の臨床と研究のすべてが邦訳されていますが、今回の本は、それらから10年以上を経ての「集大成」で、充実した内容を期待できそうです。

日本のトラウマ研究の権威である杉山登志郎先生も、この本の解説の中で、こう述べておられます。

■本書を通して私は、被虐待児とその親の臨床の中で疑問を感じつつそのままになっていた問題や、断片的な理解のままになっていた問題のほぼすべてに、明確な回答を与えられ、視野が何倍にも広がったような体験をした。

本書は日本でも、トラウマに向き合わざるを得ない人々にとって信頼できるテキストとなるだろう。--杉山登志郎(「解説の試み」より)

タイトルでも示されているとおり、トラウマが単なる心の問題ではなく、身体的な影響をもたらすものであり、心理療法だけでなく、身体に働きかけるアプローチの有効性も説明する本となっているようです。

発達性トラウマ障害(DTD)にみられるような、解離症状や重い身体面の不調を抱える人にとっても参考になる一冊だと思われます。

価格は高めの本ですが、トラウマ研究に関心がある人にとって、間違いなく読んでみる価値のある一冊だといえそうです。

▼参考リンク
解説・書評など

『身体はトラウマを記録する 脳・心・体のつながりと回復のための手法』 - HONZ はてなブックマーク - 『身体はトラウマを記録する 脳・心・体のつながりと回復のための手法』 - HONZ

杉山登志郎先生による解説の全文。

人はどうやって「トラウマ」を克服するのか | 今週のHONZ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 はてなブックマーク - 人はどうやって「トラウマ」を克服するのか | 今週のHONZ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本書の原題は、The Body Keeps the Score: Brain, Mind, and Body in the Healing of Traumaだ。Amazon.comの書誌ページを見ると、本邦訳書の刊行時点で、原書には900件近いレビューが寄せられていて、しかもその評価のアベレージはなんと4.8である。

本書が、専門家や患者から、そしておそらくは一般読者からも、絶大なる支持を得ていることが、その数字より窺えるだろう。

ヴァン・デア・コーク先生の提唱した発達性トラウマ障害についてのこのブログでの解説はこちら。この本の内容も追加していっています。

発達性トラウマ障害(DTD)の10の特徴―難治性で多重診断される発達障害,睡眠障害,慢性疲労,双極II型などの正体
子ども時代のトラウマは従来の発達障害よりもさらに深刻な影響を生涯にわたってもたらす…。トラウマ研究の世界的権威ヴァン・デア・コーク博士が提唱した「発達性トラウマ障害」(DTD)とい

この本そのものの感想も書きました。

身体に刻まれた「発達性トラウマ」―幾多の診断名に覆い隠された真実を暴く
世界的なトラウマ研究の第一人者ベッセル・ヴァン・デア・コークによる「身体はトラウマを記録する」から、著者の人柄にも思いを馳せつつ、いかにして「発達性トラウマ」が発見されたのかという

感受性が強すぎて一歩踏み出せない人たち「回避性パーソナリティ」を克服するには?

■人からの評価に敏感
■失敗するのが怖くて挑戦できない
■プライドは高いが自信がない
■人との関わりを求めつつも傷つくのを恐れる
■何事も面倒くさくて無気力
■起立性調節障害や慢性疲労症候群で不登校になることも

当は生き方を変えたいのに、あまりにハードルが高く感じてやる気が出ず、結局、問題と向き合うのを後回しにしてしまう。

あなたはそうした悩ましい葛藤を抱えていますか。

なかなか一歩を踏み出せないそのような人は、「回避性パーソナリティ」と呼ばれていて、近年、増加傾向にあるそうです。

不登校や引きこもりとされる人たちの中にも、本当はなんとかしたいのに、自分の無力さに打ちひしがれ、出るのはため息ばかり、その状況から抜け出せないまま年月が過ぎていくという辛い葛藤を抱えている人は少なくないでしょう。

「回避性パーソナリティ」を抱える人たちは、周囲の冷たい視線にさらされて、自分は何もできない無力で不甲斐ない人間なのだと思い込み、自尊心を失ってしまいがちです。

しかし、そのような葛藤があること自体、あなたが弱い人間ではないことを物語っています。原因は、意欲のなさや、心の弱さではなく、まったく別のところにあり、それを知ることで意外な未来が開ける可能性があるのです。

この記事では、生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)という本を参考に、回避性パーソナリティとは何か、どんな原因があり、いかにして克服していけるのかを考えます。

続きを読む

脳卒中から生還した科学者が語る「奇跡の脳」―右脳と左脳が織りなす不思議な世界

鏡の中に見える反転した自分の姿に向かって、わたしは嘆願しました。

(おぼえていてね、あなたが体験していることをぜんぶ、どうか、おぼえていてね!

こののうそっちゅうで、認知力がこわれていくことで、まったくあたらしい発見ができるように―) (p48)

しも、刻一刻と壊れていく自分をリアルタイムで体験することになったら、あなたはどう感じるでしょうか。

一分一秒と時経つうちに、ひとつ、またひとつと能力が失われていき、体を動かす力も、言葉を話す能力も、見たものを把握する理解力も、次々に削がれ失われていくのを、ただ見ているしかない状況に置かれたとしたら。

科学者のジル・ボルト・テイラー博士が置かれたのはまさにそのような状況でした。37歳のある朝、彼女は朝起きると脳卒中になっていて、わずか数時間のうちに自分の能力が失われていくのを見つめることになったのです。

普通の人ならば、わけもわからずただパニックになるような異常な事態ですが、冷静な科学者たる彼女は違いました。

これまでの知識を総動員して、自分に何が起きているのか把握しました。そして働かない体と思考を駆使してなんとか助けを求め、壊れゆく思考の中で、冒頭の言葉を思いに刻みました。

「こののうそっちゅうで、認知力がこわれていくことで、まったくあたらしい発見ができるように―」。

この記事では、博士の劇的な体験記奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)をもとに興味深く思った点をまとめ、右脳と左脳の機能の違いや、自閉スペクトラム症(ASD)における右脳の役割などを考察してみました。

続きを読む

アンプリジェンが世界初のCFSの治療薬としてアルゼンチンで販売承認

ねてから何度も話題になっていた、RNA製剤アンプリジェン(Ampligen)が、アルゼンチンで筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療薬として承認されたというニュースがありました。

ヘミスフェリックス・バイオファーマが大きな進展を発表:重度の筋痛性脳脊髄炎(ME)および慢性疲労症候群(CFS)の治療薬Rintatolimod(米国商品名:Ampligen®)のアルゼンチンにおける販売承認を取得 NYSE:HEB

ヘミスフェリックス・バイオファーマ株式会社…は 重度の筋痛性脳脊髄炎(ME)および慢性疲労症候群(CFS)の治療薬として、Rintatolimod(米国商品名:Ampligen®)のアルゼンチン国内での販売承認を取得したと発表した。

販売承認にあたり、800例を超える慢性疲労症候群の患者を対象に、1年以上アンプリジェンを使用して臨床試験が行われたそうです。そのうち100例以上が重度のCFSだと説明されています。

時事通信や日経バイオテクによれば、この薬はME/CFSに正式に適応が承認された世界初の薬だそうです。

米ヘミスフェリックス、脳脊髄炎治療薬のアルゼンチン販売認可〔GNW〕:時事ドットコム

MEおよびCFSを適応として販売が承認された世界初の医薬品と考えられる。

米Hemispherx社、RNA医薬がアルゼンチンで承認取得:日経バイオテクONLINE

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を適応とする治療薬では世界初であり、唯一である。

続きを読む

見捨てられ不安にとらわれる「不安型愛着スタイル」―完璧主義,強迫行為,パニックなどの背後にあるもの

境界性パーソナリティ障害の場合、うつや不安障害、睡眠障害といった問題だけでなく、ADHD(注意欠如・多動性障害)や依存症、摂食障害、解離性障害といった診断がつくことも珍しくありません。

診断名ばかりが、ずらっと並ぶわけです。その治療を別々の医者から受けているというケースもあります。

…結局、大本で何が起きているのかということをトータルでみる視点が必要なのです。そして、それを可能にしたのが、先に述べた愛着障害という視点です。(p89)

しい気分の波があり、ささいな言動に傷つきパニックになり、いつも頑張りすぎてしまう。激しい嵐のさなかで荒れ狂う波に揺られる船のような日常生活を送っている人たち。

そのような人たちは、これまで、病院ごとにさまざまな診断名を下されることがありました。たとえば、ADHD、全般性不安障害、強迫性障害、パニック障害、うつ病、双極性障害などです。

しかし決してそれらの症状は別々のものではなく、複数の病気が一人の人に相次いで噴出しているわけでもありません。

冒頭で引用したのは、精神科医の岡田尊司先生の、絆の病: 境界性パーソナリティ障害の克服 (ポプラ新書) という本の説明です。

これまでの医療では「木を見て森を見ず」「症状を見て人を見ず」といった傾向のため、表面に表れるさまざまな症状に一つずつ名前をつけて、結局何なのかわからない、ということが少なくありませんでした。

しかし愛着障害という概念の登場によって、枝葉のような症状ではなく、おおもとの幹そのものという、たった一つの原因を理解し、本当に必要な治療を施すことが可能になってきたといいます。

完璧主義や、強迫行為、絶え間ない不安やパニック症状に悩まされている人に必要なのは、愛着障害、つまり「絆の病」というただ一つのキーワードから、表面的な症状ではなく、自分という一人の人間全体を見つめなおすことです。

「絆の病」とは何でしょうか。なぜ「絆の病」について知ると、さまざまな症状の原因が理解できるのでしょうか。治療に役立つ、どのようなアプローチがあるのでしょうか。

続きを読む