自閉症治療 30%効果の高いオキシトシン開発

閉スペクトラム症(ASD)の研究で有名な金沢大学と北海道大学が共同で、オキシトシンの新しい化合物を作り、天然のオキシトシンよりも効果が持続することを確認したというニュースがありました。

自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web) はてなブックマーク - 自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)

 ニュースによると、北海道大学がオキシトシンに炭素を加えた新しい化合物を作り、金沢大学がマウスの実験で、天然のものより行動量が30%以上上回ることを確認したそうです。

オキシトシンは、愛情や信頼の気持ちを生み出すホルモンで、

■他者と有益な信頼関係を形成
■協力関係を築きやすくなる
■表情から感情を読み取りやすくなる

などの効果が報告されていて、東京大学や金沢大学などを中心に、自閉症スペクトラムへの臨床試験が行われています。

自閉スペクトラム症へのオキシトシン経鼻スプレーの有効性・安全性検証開始-東大ら - QLifePro 医療ニュース はてなブックマーク - 自閉スペクトラム症へのオキシトシン経鼻スプレーの有効性・安全性検証開始-東大ら - QLifePro 医療ニュース

また、反応がにぶくなった線条体に強く作用すると考えられ、愛着障害の改善を目的とした研究も行われていることを、先日このブログでも取り上げました。

NHKクローズアップ現代「愛着障害と子供たち」まとめ&関連情報
NHKクローズアップ現代「少年犯罪の背景に何が “愛着障害”と子供たち」の内容と関連情報のまとめです。少年犯罪の背後にあると考えられている愛着障害とはなにか、脳にどのような影響を及

オキシトシン単独であれば、効果はどれほどあるのだろうと疑問に思っていたのですが、今回のように効果を高めた化合物などが開発されれば、ある程度役立つ薬も出てくるかもしれません。

自閉症に対するオキシトシンの効果についての研究の進展はこちらの記事にまとめています。

オキシトシン経鼻剤で自閉スペクトラム症(ASD)の前頭前野とコミュニケーション能力が改善(臨床研究)

空想の遊び友達、イマジナリープレイメイトという「ファンタジーと現実」

184128像上の遊び相手、イマジナリープレイメイトについて、ファンタジーと現実 (認識と文化)という本に詳しく書かれていました。

イマジナリープレイメイト、あるいはイマジナリーコンパニオン(想像上の仲間)、イマジナリーフレンド(空想の友だち)という現象が、どれほど多様で広く見られるかについて理解できる、興味深い資料となっています。その内容を整理して紹介したいと思います。

扱う資料はp121-139,196-208です。

続きを読む

子どもの慢性疲労症候群(18歳以下発症のCCFS)はどこまで治るか

般に子どもの慢性疲労症候群(18歳以下発症)は治りやすいと言われます。実際に、完全に回復して人生を謳歌している人も少なくないのだろうと思います。

しかし一方で、ある程度までは治ったものの、完全な回復には至らない位置にいる人たちもいます。わたしの友人には20年来、そのような体調を抱えている小児期発症の患者も何人かいます。

そして、中には、少数ながら、最終的に寝たきりになってしまっている人もいます。重症の患者です。

興味深いことに、小児CFSに関する三池輝久先生の研究では、どういった症状は治り、どのような症状は後遺症的に残りやすいか、不登校外来―眠育から不登校病態を理解するなどで説明されています。わたし自身の経験に照らしても、それらは事実だと思います。

この記事では、(1)小児CFSはかなり治る、(2)どんな症状が治りやすく、また残りやすいか、(3)治るための心構え について、書籍の説明を交えて書き残したいと思います。

  続きを読む

ネグレクトの愛着障害は早期対応で回復する

グレクトによる愛着障害の問題についてのニュースがありました。記事タイトルは「発達障害」となっていますが、広義における「第四の発達障害」にあたるものであり、先天的な発達障害とは異なる反応性愛着障害の領域の話だと思います。

虐待児の脳の発達障害、里親での養育で改善:日経メディカル はてなブックマーク - 虐待児の脳の発達障害、里親での養育で改善:日経メディカル

記事によると、ネグレクト(養育放棄)が深刻な養護施設にいた2歳前後の子どもが、暖かい里親家庭に引き取られると、6年後には脳の発達が普通の家庭に育った子どもと差の無いレベルになる、と書かれています。

ルーマニアの米Boston小児病院のJohanna Bick氏らによるでランダム化比較試験では、首都ブカレストの児童養護施設に注目しました。そこでは、職員数が少ないため、子どもは日常的にネグレクトを受けています。その結果、子どもの大脳白質全体の統合性に異常が見られるようになり、特に認知と情緒を制御する領域の異常が顕著になっていることがわかりました。

施設で養育を受けている2歳前後の子ども136人のうち、うち里親に預けられた68人と、そのまま施設で暮らした68人を8歳になった時点で比較したところ、幼少期にネグレクトを受けた子どもでは、白質の18の測定値に異常が見られ、微細構造の統合性に影響が及んでいました。しかし、2歳前後から里親の元で養育された子どもでは、ほとんど健常な子どもと変わりませんでした。

今回の研究はこれまで愛着障害に関して言われていたことと一致するようです。愛着の形成は3歳ごろまでに行われ、その間に特別な対象と愛着を結べた子どもは正常に発達しますが、その間にネグレクトや虐待を受けた子どもは反応性愛着障害になってしまうという事実です。

痛ましいことですが、先天的な発達障害と違い、こちらは改善できる可能性があるので、対応する社会の仕組みが発展してほしいと思います。

NHKクローズアップ現代「愛着障害と子供たち」まとめ&関連情報
NHKクローズアップ現代「少年犯罪の背景に何が “愛着障害”と子供たち」の内容と関連情報のまとめです。少年犯罪の背後にあると考えられている愛着障害とはなにか、脳にどのような影響を及

イマジナリーコンパニオンという「稀で特異な精神症候群ないし状態像」

人、青年における想像上の友だち、イマジナリーコンパニオン(あるいはイマジナリーフレンド、イマジナリープレイメイト)について扱った資料が稀で特異な精神症候群ないし状態像にありました。

いきなりタイトル否定から入るのも変な話ですが、こうした題名の本で扱われているにもかかわらず、大人のイマジナリーコンパニオンについては「稀で特異」ではないかもしれないとされています。実際この本で取り扱われている「寄生虫妄想」はありふれた むずむず脚症候群を指していますし、多重人格などは今では非常に有名です。

imaginary companion(IC)とは、従来子どもの発達過程に見られる過渡的現象だと考えられてきました。しかし青年期以降にも見られることがわかり、何らかの病理性があるのではないかと疑われてきました。この本では、澤たか子、大饗広之、阿比留烈、古橋忠晃という四人の方の調査が載せられています。名古屋大学医学部精神医学教室の方たちだそうです。

続きを読む