光の感受性障害「アーレンシンドローム」とは―まぶしさ過敏,眼精疲労,読み書き困難の隠れた原因

まぶしさや目のまばたき、眼精疲労、ディスレクシア、学習障害、空間認識障害などの原因となりうる、光の感受性障害「アーレンシンドローム」についてまとめています。偏頭痛や慢性疲労症候群や線維筋痛症に伴う光過敏症状とも関係している可能性があります。 続きを読む

発達障害や線維筋痛症でも受給できる? 制度改正にも対応の「障害年金というチャンス」感想

2015-2016年の制度改定に対応したガイド本「障害年金というチャンス」を読んで、障害年金制度の問題点や留意点、そして慢性疲労症候群や線維筋痛症、脳脊髄液減少症、広汎性発達障害などのケースについて簡単にまとめました。 続きを読む

女性のアスペルガー症候群の意外な10の特徴―慢性疲労や感覚過敏,解離,男性的な考え方など

女性のアスペルガー症候群には、男性とは異なるさまざまな特徴があります。慢性疲労や睡眠障害になりやすい、感覚が過敏すぎたり鈍感すぎたりする、トラウマや解離症状を抱えやすいといった10の特徴、そして役立つ対処法などの情報をまとめました。 続きを読む

いつも頑張っていないと自分には価値がないと感じてしまう人へ―原因は「完璧主義」「まじめさ」ではない

全力を尽くしていないと自分には価値が無いと思ってしまう。休んだり、遊んだりすることに罪悪感を抱いてしまう。そのように感じてしまう人は、自分の限界を超えてやりすぎてしまいます。その原因はどこにあるのか、どう対処すればいいのかを愛着と安全基地の観点から解説しています。 続きを読む

どんな辛い状況でも良いことを見つける超楽観主義者になるためのポジティブ心理学

病気や死を招く「学習性無力感」とは何でしょうか。それを克服し、問題を乗り越えるのに必要な「学習性楽観」を身につけるにはどうすればいいでしょうか。ポジティブ心理学の第一人者マーティン・セリグマン博士による「ポジティブ心理学の挑戦」をまとめています。 続きを読む