見捨てられ不安に敏感な「境界性パーソナリティ障害」とは?―白と黒の世界を揺れ動く両極端な人たち

Pocket

境界性パーソナリティ障害は、相手にべったりと依存するものの不安定な人間関係や、極端な気分変動、自傷行為や度重なる自殺企図などの自己破壊的行動を特徴とする。(p229)

れは、トラウマ研究の専門家、ヴァン・デア・コーク博士の著書身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法にある境界性パーソナリティ障害(BPD:Borderline Personality Disorder)の説明です。

この世界にはさまざまな色があふれています。色とりどりの風景は、わたしたちを魅了してやみません。

ところが、もし微妙な色の違いを見わけられないとすればどうでしょうか。もし白と黒の二種類しかわからないとしたら。さまざまな美しいものに気づけないだけでなく、生きていくことそのものが窮屈に、不自由に思えるでしょう。

比喩的な意味で、そのような状態に陥ってしまう病気、つまり物事を白か黒でしか判断できないために、いつも生きづらさを感じ、両極端に振り回されてしまう状態、それが境界性パーソナリティ障害です。

このエントリでは境界性パーソナリティ障害の人の気持ちがわかる本 (こころライブラリー イラスト版)や、そのほかの幾つかの本にもとづき、BPDの特徴や、本人や周りの人ができる対処法をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

これはどんな本?

この本はさまざまな病気をイラスト入りで分かりやすく図説している講談社こころライブラリー イラスト版の一冊です。

著者の三田精神療法研究所所長、牛島定信さんは、何冊かBPDの本を書かれた方のようです。近刊はパーソナリティ障害とは何か (講談社現代新書)です。

わたしは昔、それと知らずにボーダーラインの人と知り合ったことがあります。気持ちが不安定ですが、とても魅力的な人でした。後に本人がボーダーのようだと話してくれて、いろいろな不思議な言動に納得がいきました。

また非侵襲的脳機能計測を用いた意欲の脳内機序と学習効率に関するコホート研究のp24によると、小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもは、各パーソナリティのうち、「境界性」の得点が高く「自己愛性」が低いということがわかっています。

わたし自身、学生時代には、境界性パーソナリティ障害とはいかないまでも、それに似た傾向を示していた記憶があります。

最近、友田明美先生の資料を読んでいて、再びBPDのことを目にしました。BPDは当人にとっても、周りの人にとっても、ひときわ辛く対処しがたい問題だと思います。この病気について少しでも知っておこうと思って本書を手に取りました。

境界性パーソナリティ障害(BPD)とは?

境界性パーソナリティ障害の「境界性」とは、もともと統合失調症と不安神経症の境目にあり、どちらとも診断できない、という意味で名づけられたそうです。今ではそのような意味はもっていません。

それでも、BPDの人には、多くの場合、共通する特徴がみられます。どのような点があるのでしょうか。

すべて白か黒

■あんなに愛していたのに、裏切られた
■心の底では親にかまってほしいのに、こんな自分にした親は大嫌い

空腹で泣いているとき授乳してくれる母親、ちょっと用事があってそうしてくれない母親。どちらも同じ母親のはずですが、赤ちゃんには“よい母親”と“悪い母親”は別の人のように思えます。これをメラニー・クラインは部分的対象関係と呼んだそうです。(p40)

大人になると、人間には良い面も悪い面もあり、良いところも悪いところもその人の一部なのだ、と納得できるようになります。

ところがボーダーラインの人は赤ちゃんと同じように、両極端で考えてしまうところがあります。白か黒かでしか判断できず、グレーゾーンがないのです。

知り合ったばかりの人を運命の人や親友だと思いこんで極端に褒め生やすこと(理想化)、ちょっとしたことで幻滅してしまい手のひらを返して徹底的にけなしてしまうこと(脱価値化)は、境界性パーソナリティの人の人間関係の大きな特徴です。

ときおり、嘘をついて周りをかき乱すと非難されますが、嘘をついているつもりはありません。物事の一部分しか見られないために、認知がずれているだけなのです。受け入れてほしいという思いから、相手によって言動を使い分けてしまうこともあります。(p65)

見捨てられる不安

■片時も離れたくない恋人だったのに、翌日には一転して怒りをぶちまけてしまう。
■自分はいつもあらゆるところで失敗ばかりしていて嫌でしょうがない

BPDの人は普通の人以上に感情が揺れ動きますが、さまざまな行動の根底にあるのは、「わたしを見捨てないで」という悲痛な叫びだと言われています。(p10)

大切な存在に見捨てられることを避けようとする「なりふりかまわない努力 」( frantic efforts )は境界性パーソナリティ障害の中核ともいえる特徴です。

見捨てられることを極度に恐れ、見捨てられそうな兆候に敏感なので、ささいなことに過剰に反応し、必死になってしまうのです。

寂しがり屋の子ども

■仕事にも行かないでわたしと一緒にいてほしい
■すぐに、今すぐ満たしてほしい

幼い子どもが母親に頼るように、24時間ずっと一緒にいて、どんなことも聞き入れてほしいと願います。

それが満たされないと、自分を見捨てようとしているのかもしれない、という思いが沸き上がってきて、冷静さを失ってしまいます。(p14,42)

とても傷つきやすく不安定

■感情の浮き沈みが激しくて疲れ果ててしまう。激しく一喜一憂している。
■ささいなことだと言われるけれど、突然怒ってしまって自分でも制御できない

BPDの人は普段は気さくで落ち着いています。しかし、ちょっとした言葉に深く傷つけられて、衝動的に怒りを爆発させてしまいます。感情のコントロールがうまくいきません。

それでも、嵐のような感情が去ると、後悔して申し訳なく感じます。感情もまた両極端なのです。(p16-19,35)

気分の変動が激しいために、双極性障害のような躁の時期と、うつの時期とを行き来する人もいます。軽くハイな時期には交友関係を広げてみんなと親しくなるもの、うつになると全てが虚しくなり態度を豹変させてしまいます。

衝動的にリストカット

■異常に緊張して気づいたらリスカをしていた
■お母さんに気持ちを否定されて、辛くなって切ってしまった

BPDはリストカットをはじめ、過食や大量服薬、万引きなどの破壊的な衝動を伴うことがあります。

決して、よくいわれるように注目されたい、親をあやつりたいと考えているとは限らないと書かれています。パニックになって衝動的に自傷してしまい、自分でもなぜだかわかりません。(p72)

ただ、不安が膨らんでいっぱいいっぱいになったとき、破壊的な衝動に身を委ねると、一時的に心が開放されるのです。(p20-23)

後で述べるように、こうした特徴は、解離性障害とも関係しているので、見極めが大切です。

自分が空っぽ

■なんのために生きているかわからない
■自分なんて生きている価値がない

自我同一性(アイデンティティ)の確立に悩み、自分には個性がないと苦しみます。無理をして周りに合わせ、表面は穏やかに取り繕っていますが、心のなかではうつろで、自分が人形のように感じます。(p30)

良い自分は仮面を被って演じているにすぎず、本当の自分は悪い自分でどうしようもない。みんなわたしを見捨てるに違いないと極端に考えます。(p31)

いつも全力投球

■会った瞬間に親友になれると思った
■あなたがいちばん。あなたに見捨てられると生きていけない

信じ裏切られる対象は常にひとりです。だれかに夢中になると、その人以外は見えません。ひとりの相手に信頼を全力投球して、過度の期待を寄せてしまいます。(p39)

すぐに恋愛感情を抱いてしまったり、会ったばかりの医者を理想化してしまったりします。(p80)

ときどき記憶が無い

■いらいらを爆発させてしまった記憶がない
■あとでメールの履歴を見て驚いてしまう

衝動的な行動をしてしまった記憶がないことがあるそうです。苦しみやストレスが大きくなりすぎて、現実から心を切り離す「解離」が部分的に生じてしまっているのです。(p50)

生きていても仕方がない

■親や恋人にすがっても、リスカや過食をしても、満たされるのは一時だけ
■いつも何かが足りない、すべてむなしい

死ぬことを目的に計画する自殺企図、衝動的に自分を傷つけてしまう自傷行為、害になるとわかっていてもやめられない自己破壊行為に至ってしまいます。悲しいことにBPDの人の5-10%は自殺に至ってしまうそうです。

BPDになる原因は何?

ササッとわかる「境界性パーソナリティ障害」 (図解 大安心シリーズ)によると境界性パーソナリティ障害の背景には、愛着障害が見られると言われています。愛着障害の原因は、子どものころの親との関係、すなわち愛着関係にあります。

■支配的な親
過剰に子どもに構う親のもとで育てられたり、溺愛されたりすると、子どもは見捨てられ不安に敏感な「不安型愛着」(とらわれ型)と呼ばれる状態になります。

父親が自己愛性パーソナリティ障害など、横柄で自分勝手な家庭に育った子どもが境界性パーソナリティ障害になる場合もあります。

自己愛性パーソナリティ障害代理症―人をモノ扱いする夫を持つ妻と子どもの苦痛
さまざまなパーソナリティ障害を説明している本、「パーソナリティ障害とは何か」から、自己愛性パーソナリティ障害の特徴や、その周りの人が抱え込む苦痛への対処法について解説しています。

■不安定な親
子どもが親を求めたときの反応が両極端であり、あるときは理由なく受け入れられたり、あるときは理由なくけなされたりいる環境で育つと、親との愛着が混乱し、「混乱型愛着」(未解決型)と呼ばれる状態になります。

■不認証環境
BPDの権威であるマーシャ・リネハンによると、親が子どものあるがままを受け入れず、よい成績をとった時や、親の理想と一致した時にだけ褒められる環境(「不認証環境」という)で育つと、特にBPDになりやすいそうです。

こうした親の養育態度は、虐待するような家庭でなく、世間一般には、良い家庭とみなされているような環境で生じる場合も少なくありません。

「不安型愛着」や「混乱型愛着」を持つ子どもは、思春期になると、境界性パーソナリティ障害(BPD)へと進展する可能性が高くなります。

BPDの75%が「不安型」、89%が「混乱型」だそうです。(愛着スタイルには、このほかに「回避型」と「安定型」があります。「回避型」は後述するように解離性障害と関係しているようです)(p38-39)

トラウマ研究の専門家、ヴァン・デア・コーク博士の著書身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法では、BPDは幼少期のトラウマと切っても切れないつながりがあるとされています。

これらの患者たちには、家出したり逃れたりする選択肢がなかった。頼れる人もいなければ、身を隠す場所もなかった。

それでも彼らはどうにかして恐怖と絶望を処理せざるをえなかった。彼らはおそらく、翌日も学校に行き、万事順調というふりをしようとしたのだろう。

境界性パーソナリティ障害者たちの問題(解離や、助けてもらえそうな人ならば誰にでもすがること)はおそらく、圧倒的な情動と逃れようのない残虐行為に対処する手立てとして始まったのであろうことに、ハーマンと私は気づいた。(p232)

しかし一概に親の側の問題かというと、そうではなく、愛着が乱れやすい、子どもの側のリスク遺伝子というものもあります。

近年、境界性パーソナリティ障害はADHDと関係が深いことが知られています。

ササッとわかる「境界性パーソナリティ障害」 (図解 大安心シリーズ)によると、BPDの1/3程度が子どものころADHDだった可能性があり、特に1割は大人になってもADHDの特徴を持ったままだといいます。(p40)

ADHDに関係する遺伝子があると、親の養育態度に過敏になり、ささいなことでも傷つきやすく、愛着が混乱しやすいようです。

難治性の境界性パーソナリティ障害がADHDの治療で治ることもあるそうです。詳しくはこちらをご覧ください。

ADHDのあまり知られていない12の特徴―脳の未熟さや運動障害、覚醒レベルの低さ、過集中など
多動・衝動・不注意以外にも、ADHDにはいろいろな特徴があります。「知って良かった、アダルトADHD」という本に基づき、あまり知られていない12の特徴をまとめてみました。
 このように、境界性パーソナリティ障害の原因には遺伝も環境も関係していて、遺伝が4割、環境が6割だと言われています。(p32-33)

とはいえ、愛着に問題があるからといって、親や自分を責めるのはよくありません。

「親の育て方のせいだ」と決めつけてしまうのは簡単ですが、子育てを完ぺきにできる親など、誰ひとりいません。BPDを親(とくに母親)のせいにするなら、親を追い詰め、苦しめるだけです。

また本人の生き方に原因を求めるのも、苦しみを上乗せすることになりかねません。確かに、悲痛な過去がトラウマになっていることもあります。それでも、大切なのは、どうしてそうなったかではなく、どうすれば克服できるか、ではないでしょうか。(p74)

例えで考えてみましょう。落石事故で道路が塞がれて、前へ進めません。そのようなとき、「どうして」落石が起きたのか考えるのが先でしょうか。それとも、「どうすれば」岩を取り除けるか考えるのが先でしょうか。

境界性パーソナリティ障害の治療にも同じことがいえます。まずは目の前の問題に対処して健全な生活を取り戻し、後で落ち着いてから原因を確かめ、再発防止に努めるとよいでしょう。

解離性障害との違い

さきほどから、何度か出てきている言葉に「解離」というものがあります。BPDの人が、現実感が薄れたり、パニックになったときに記憶が飛んだりするのは、意識や記憶を切り離す、この「解離」という脳の働きが関係しているからです。

しかし、BPDで見られるのは軽度の解離であり、症状の本質をなしているわけではありません。

解離がもっと申告になる病気は、解離性障害と呼ばれています。解離性障害の患者もリストカットなどの自傷行為をすることがあるので、近年、解離性障害を境界性パーソナリティ障害と誤診する例が増えています。

しかし、境界性パーソナリティ障害は、不満や怒りを露わにして、親や周囲の人を変えようとするのに対し、解離性障害の人は、不満をすべて抱え込み、自分を変容させる(心を解離させる)ことで対処しようとするなど、正反対の部分があります。

境界性パーソナリティ障害と解離性障害の7つの違い―リストカットだけでは診断できない
境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン:BPD)と解離性障害はどちらもリストカットなど共通点があり区別しにくいとされています。その7つの違いを岡田憲一郎先生の「続解離性障害」など

同じリストカットにしても、BPDと解離性障害では、自傷に至る理由が違っている可能性があります。

なぜ無意識のうちに自傷をやってしまうのか―リスカや抜毛の背後にある解離・ADHD・自閉症
リストカット、抜毛、頭を壁にぶつけるなどの自傷行為、また自己破壊的な依存症の原因はどこにあるのでしょうか。それらが注目を集めるための演技ではなく、解離という心の働きや、脳の構造と関

こうした違いは、今しがた少し見たように、愛着障害のタイプの違いに基づいているようです。愛着のタイプが「不安型」の人は境界性パーソナリティ障害になりやすく、「回避型」の人は解離性障害になりやすいと言われています。

しかし、この2つは決して無関係の別のものではなく、すでに見た通り、混乱した家庭で育った人の場合、「不安型」と「回避型」の両方の特徴を併せ持つ「混乱型」(無秩序型)と呼ばれる愛着のタイプを抱えることがあります。

その場合は、境界性パーソナリティ障害と解離性障害の両方の症状が入り混じって生じるかもしれません。

人への恐怖と過敏な気遣い,ありとあらゆる不定愁訴に呪われた「無秩序型愛着」を抱えた人たち
見知らぬ人に対して親しげに振る舞いながらも、心の中では凍てつくような恐怖と不信感が渦巻いている。そうした混乱した振る舞いをみせる無秩序型、未解決型と呼ばれる愛着スタイルとは何か、人

どうやって対処するの?

境界性パーソナリティ障害は、当人自身も、周りの家族も、その両極端な言動に振り回されがちです。

周りの人は、「見捨てないで!」と言われると心が揺さぶられますが、当人のためにも、周りの人のためにも、支える人が巻き込まれないことが大切です。

なんとかしてあげようとして関わっても、要求がエスカレートしていって共倒れになってしまうからです。(p60)

周りがやってはいけないこと

見守る、遠慮する:
そのままにしておくと要求がエスカレートしていきます。

親身に聞く:
BPDの人は依存心が強く、親切な人を理想化しやすいため、親身に話を聞きすぎると、助けてくれる人だと期待させてしまいます。そして100%自分に尽くしてくれないと幻滅して手のひらを返してしまいます。

批判する、見下す:
BPDの人は傷つきやすいので、批判して突っぱねると、見捨てられるという不安を増幅させてしまいます。(p66)

周りがすると良いこと

はっきりと基準を定める:
ここまではできるが、それ以上はできないという限界をはっきり伝え、線引きします。見捨てるという意味ではない、という点も保証します。(p67)

冷静に対処する:
たとえばリストカットに遭遇しても、慌てず騒がず、優しく必要な手当をしてあげます。腫れ物に触るようにオロオロとするのではなく、いつも普通に接するようにします。(p72)

巻き込まれて一緒に不安定になってしまうのではなく、岩のようにどっかり構えて安定しているなら、BPDの人の心を安定させる重しになれます。

どのように不安を感じたのか話し合う:
衝動的な行動(幼児化した瞬間)に着目するのではなく、そこに至ったきっかけ(大人になりきれなかった葛藤)について話し合います。何が不安で困っていたのか、現実的な問題を明らかにします。(p89)

期待や理想の押し付けをやめる:
BPDの原因のひとつは、意識してそうしたわけではないとしても、子どもに親の理想や価値観、期待を押しつけてしまったことにあります。

そうした条件付きの愛を捨てて、あるがままを受け入れる無条件の愛を注ぐ必要があります。

これはBPDの治療に効果的な弁証法的行動療法(DBT)における「認証戦略」に相当します。

視覚化して説明する:
白か黒かでしか判断できないとき、言葉で納得させようとするのではなく、問題を絵や図などに書いて、視覚化して説明すると理解しやすいようです。(p41)

自分がするとよいこと

少しずつ視野を広げる:
自分の気持ちを客観的に分析するために、まず自分は極端な考え方をするタイプだと意識するようにします。今の考えがどのように両極端になっているか、書きだして理解します。

他者に原因や解決を求めていた部分に着目します。本当に相手がそんなにわるいのか、謝ってもらえば解決になるのか、などと自問します。

相手の事情について想像力を働かせます。たとえ自分の要求通りに動いてくれなかったとしても、自分には知らない事情があったのではないかと考えてみます。

他者を責めたり、他者に頼ったりしないで問題を解決する方法を探ります。どうしてほしいか、ではなく、どうすればいいか、という見方に切り替えてみます。

このステップを繰り返すうちに、やがて視野が広がってくると書かれています。具体的には、認知行動療法の7カラム法など、手軽にできる方法を活用するのがよいのかもしれません。

また大元の原因である愛着障害を克服するためのアドバイスを調べてみるのも役立ちます。たとえば、以下のようなものがあります。

■理想の自分を捨てる
■自分と他人への期待を減らし、50点で満足することを目指す。
■認知行動療法(CBT)によって考え方のパターンを修正する
■弁証法的行動療法(DBT)によって白か黒かの思考を修正する
■何かの世話をしたりボランティアに参加したりする
■愛着を支え、癒してくれる存在と出会う
■毎日ひとつ感謝できることを探す感謝日記をつける

また、愛着障害の専門家の岡田尊司先生と、境界性パーソナリティ障害を克服された咲セリさんの対談形式の本、絆の病: 境界性パーソナリティ障害の克服 (ポプラ新書) についてまとめた、こちらの記事のアドバイスも参考になると思います。

見捨てられ不安にとらわれる「不安型愛着スタイル」―完璧主義,強迫行為,パニックなどの背後にあるもの
岡田尊司先生と咲セリさんの「絆の病」を参考に、「不安型」「とらわれ型」の愛着スタイルを持つ人の感情や葛藤の原因についてまとめました。

そのほか、BPDの傷つきやすさは欠点ではなく、コントロールする方法を訓練すれば、感受性の強さとして活かしていける、という点は、「拒絶感受性」についてのこちらの記事をご覧ください。

ささいなことにも傷つく「拒絶感受性(RS)」の強い人たち―傷つきやすさを魅力に変えるには?
あなたは、ささいな言葉に傷ついてしまう「拒絶感受性」(RS)の強い人ですか? この記事では傷つきやすさに関する研究や対処法、ADHDや境界性パーソナリティ障害との関係について扱って

良い景色の道をつくる

認知の仕方を変えるのは、道なき道を歩むことになぞらえられるほど、苦労する過程かも知れません。

今通っているじめじめした道は、とても通りやすい道です。それに対して、これから通ろうとしている場所は、確かに景色はよいものの、雑草が生い茂っていて、とても歩けるような道ではありません。

それでも何度か繰り返し辛抱強く通り続けると、しだいに草が踏み固められて歩きやすくなります。何度も何度も通るうちに、やがてそこが道になります。ふと振り返ると、今まで通っていた歩きやすい道はもう雑草でふさがれてしまっています。

境界性パーソナリティ障害は、決して簡単に克服できるような軽い病気ではないと思います。とても辛く厄介な病気の一つです。トラウマがかかわっている場合は、認知の仕方を変える以上のことが求められるのかもしれません。

それでも、もし美しい色とりどりの景色を楽しめるようになるとすれば、回復を目指すことには大きな価値があるといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク