頭がさわがしい,次々と考えや映像が浮かぶ「思考促迫」とは何かー夏目漱石も経験した創造性の暴走

Pocket

「頭の中がうるさい」
「頭が勝手にざわざわする」
「空想はどんどん出てくる。…勝手に湧いてくる」
「時計とかを見ているとそれにまつわる話がばーっと出てくる」
「物を見ていると昔のこととかを全部連想してばーっと想い出して、頭の中がパニックになる」(p29,49,91)

のような、頭のさわがしさに悩まされることがありますか?

考え、音楽、感情、映像などが連想的に次々と湧き上がってきて、それをコントロールできない状態は、解離の研究では、「思考促迫」(Gedankendrängen)と呼ばれています。

しかし、統合失調症でも同じような症状がみられ、「自生思考」(Autochthones Denken)と呼ばれています。

さらに、境界性パーソナリティ障害アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)でも、やはり同じような暴走する連想や、頭のさわがしさが生じることがあるそうです。

もし、思考促迫や自生思考に悩まされている場合、これらのうちのどれが原因なのかを知るには、どうすればいいのでしょうか。原因がどれかによって、治療・対処の方法も変わってくるので、見極めることはとても大切です。

この記事では、解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論という本から、解離性障害や統合失調症の「思考促迫」「自生思考」とは何か、どのような違いがあるのかを解説します。

また、天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでという本から、「思考促迫」を創作に活かしたと思われる夏目漱石から学べる創造性との関連について扱います。

スポンサーリンク

 

これはどんな本?

今回おもに参考にしている、解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論は、このブログで何度も紹介してきた、柴山雅俊先生による、解離性障害のとても詳しい本です。患者目線で書かれた具体的な症例の数々と、思いやりのある解説が魅力です。

もう一冊の、熊谷高幸先生による天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでは夏目漱石の創造性に関するところで参照しています。

創造的な人は、自閉スペクトラム症(ASD)などの傾向を持ち、孤独な少年期を過ごしていることが多いとして、エジソン、ニュートン、ジョブズなどが取り上げられています。

解離性障害の「思考促迫」とは何か

まず、解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論から、「思考促迫」とは何か、という点を引用してみましょう。

解離性障害によくみられる症状として思考促迫(Gedankendrängen)がある。

これは想念や表象像が次から次へと湧き出ては消えていき、意識的に制御することができない体験である。

…内容は一定の主題を持たず、断片的で多様であることが特徴である。(p182)

少しわかりにくいかもしれませんが、まずわかるのは、「思考促迫」は解離性障害に多い症状だということです。

解離性障害とは、世界が遠のいて感じられる離人症や、気配過敏、幻覚などを特徴とする心身の異常です。

さまざまな程度があり、転換症状という形で、多様な身体症状が見られることもあります。さらに重くなると記憶喪失や多重人格に発展する場合もあります。

「思考促迫」の中には、言葉が湧き上がるものもあれば、映像が次々湧き出るものもあります。また、音楽が流れて鳴り止まない人もいるそうです。これらは自分でコントロールできず、ひどくなるとパニックにつながります。

世界が迫ってくる「過敏」症状と関係

解離性障害の症状は、大きく分けると2つに分類できるようです。

それは「離隔」「過敏」です。

「離隔」は世界から遠く離れていくように感じることで、たとえば現実感がなくなる離人症などは「離隔」の一種です。

もう一つの「過敏」は、そのまったく逆で、世界に異常接近してのめりこんでしまうことです。「思考促迫」は過敏症状の一つだとされています。

気配過敏症状では周囲に対する知覚過敏を伴うことが多いが、動悸、過呼吸、咽頭狭窄感、四肢の感覚異常、吐き気など、多彩な身体症状もみられる。

また思考、感情、表象など広く思考が内的に湧き上がることもある。これは従来、思考促迫などと呼ばれてきた症状であり、過敏状態にみられることが多い。(p137)

まわりの物事に対して、あまりに過敏に心身が反応してしまうため、ちょっとした刺激で、どんどん感情や考え、映像などが湧き上がってしまい、コントロールできなくなってしまうのだと考えられます。

体感異常(セネストパチー)を伴うことも

解離性障害の症状の中には、「体感異常」(セネストパチー)というものがあります。これは統合失調症でも生じることがありますが、体の中に異物感を感じる症状のことです。

「体感異常」と「思考促迫」は互いに関連していることもあり、たとえば、次のような例が報告されています。

「頭の中に熱い固まりがいっぱいあって、それが膨らんだり縮んだりする。

…頭の中にいろんなことがガーッといっぱい入ってきたり、頭がぐちゃぐちゃになったりして、自分で何をしているのかわからなくなってしまう」(p114)

「卵くらいの固まりがが頭の中にあって、そこからシュワーッと炭酸水みたいなものが出てくる。頭が冷たくなる感じ」(p114)

頭の中がさわがしいなどの症状と連動して、頭や体の中に、さまざまな異物感を感じることがあるようです。どんな感覚が生じるかは、人によって千差万別です。

特に頭の中に異物を感じるタイプは若い男性に多いとされています。(p111)

統合失調症の「自生思考」との類似点・違い

ここまでは解離性障害の「思考促迫」を扱ってきました。

しかし実際には、考えが次々に湧き出る、といった症状を医師に話すと、統合失調症との診断をくだされることが非常に多いのではないでしょうか。

そのような症状は、統合失調症では「自生思考」(Autochthones Denken)と呼ばれていて、特に発症初期にありふれた症状であると考えられています。

しかし解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論にはこう書かれています。

自生思考の報告の多くは雑念や想像がまとまりなく頭の中に浮かぶ体験として記載されているが、臨床的にはこれのみで統合失調症と診断することは危険であり、その他の症状を考慮してはじめて診断すべきである。(p183)

なぜ「自生思考」によって統合失調症と診断することは「危険」なのでしょうか。なぜなら、もし解離性障害だった場合、統合失調症の薬物療法ではかえって悪化することがあるからです。

統合失調症と解離性障害の思考が湧き上がる体験はよく似ていますが、よく耳を傾け、違いを読み取り、適切な診断と治療をすることが大切だといいます。

一例として、解離性障害ではない、統合失調症の「自生思考」の例がこう書かれています。 

映像や言葉が浮かぶ。まったく関係のない人の名前がポンポン出てくる。

会った人の名前がその後に観たテレビドラマの中の名前と同じだったりして、どういうわけが偶然が重なる。(p183)

これがなぜ統合失調症の「自生思考」だとわかるのでしょうか。ひとつには、「偶然が重なる」という驚きや不意打ちが見られるからだそうです。

統合失調症では、「自分が考えるよりも先にだれかが考えを読み取っていた、先回りしていた」という妄想があり、不意打ちのような驚きを感じます。

それに対し、解離性障害では自分と相手が同調・同化しているので、むしろ意外性はなく「思った通りだった」と感じます。

統合失調症と解離性障害の違いについては以下の記事をご覧ください。

統合失調症と解離性障害の6つの違い―幻聴だけで誤診されがち
精神科医の中には「幻聴=統合失調症」と考えている人が多いと言われます。しかし実際には解離性障害やアスペルガー症候群が統合失調症と誤診されている例が多いといいます。この記事では解離の

境界性パーソナリティ障害やアスペルガー症候群でも生じる

「思考促迫」「自生思考」のような症状は統合失調症と見分けにくいだけでなく、さらにほかの病態でも生じると言われています。

以上の症状は解離性障害をはじめとして境界例、アスペルガー症候群、初期統合失調症などにしばしば出現するが、詳細に検討すればそれぞれの病態によって症候学的に若干の差異が認められるかもしれない。(p92)

ここでは、境界例(境界性パーソナリティ障害)、そしてアスペルガー症候群が挙げられています。

まず境界性パーソナリティ障害(BPD)は、解離性障害と同じく、子どものころの親との関係などが誘因となり、感情や対人関係の不安定さを特徴とする病態です。ADHDが素因になっている場合もあります。

しかし境界性パーソナリティ障害と解離性障害には大きな違いもあり、治療を円滑に進める点でも、見分けることが大切だそうです。

境界性パーソナリティ障害と解離性障害の違いについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

境界性パーソナリティ障害と解離性障害の7つの違い―リストカットだけでは診断できない
境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン:BPD)と解離性障害はどちらもリストカットなど共通点があり区別しにくいとされています。その7つの違いを岡田憲一郎先生の「続解離性障害」など

また「思考促迫」などの症状が現れ、解離性障害とも統合失調症とも見分けにくいものには、アスペルガー症候群(AS)もあります。

アスペルガー症候群は、最新の診断基準(DSM-5)では「自閉スペクトラム症」(ASD)に統一されています。

アスペルガー症候群というと、「空気が読めない」などのコミュニケーション障害としてよく知られています。しかし、実際にはさまざまなタイプがあり、空気を読み過ぎてしまう人や、解離症状が強く出るタイプの人もいるそうです。

アスペルガー症候群と解離性障害の違いについては以下の記事にまとめています。

アスペルガーの解離と一般的な解離性障害の7つの違い―定型発達とは治療も異なる
一般にアスペルガー症候群などの自閉スペクトラム症(ASD)は解離しやすいと言われていますが、定型発達者の解離性障害とは異なる特徴が見られるようです。その点について、解離の専門家たち

アスペルガー症候群と統合失調症の症状や治療法の違いについては、こちらをご覧ください。

精神科の薬の大量処方・薬漬けで悪化しないために知っておきたい誤診例&少量処方の大切さ
杉山登志郎先生の「発達障害の薬物療法」に基づき、統合失調症・うつ病・双極性障害と誤診されやすい発達障害とトラウマ関連障害の治療と少量処方の意義についてまとめています。

作家の創造性に関係していることも

最後に、「思考促迫」や「自生思考」がもたらす、意外な一面について考えたいと思います。

これまで、「思考促迫」や「自生思考」は、さまざまな疾患に見られる、という点を説明してきました。確かにそれらは、病気の辛い一症状とみなすこともできます。

しかし、「思考促迫」には程度の差があり、病気と健康の境目のレベルであれば、かえって、創造性として、プラスに働くことがあります。

それを証明しているのが、偉大な小説家、夏目漱石のエピソードです。

夏目漱石と解離性障害

夏目漱石は、いわゆる「神経衰弱」という体調不良を患っていたそうで、その「神経衰弱」の正体がなんであったのか、という点については、さまざまに議論されています。

しかし注目に値するのは、夏目漱石の「神経衰弱」は、単なる体の不調ではなかったという点です。

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでという本では、夏目漱石の「文学論」から、次のような言葉が引用されています。

帰朝後の余も依然として神経衰弱にして兼狂人のよしなり。……(中略)。

ただ神経衰弱にして狂人なるがため、『猫』を草し、『漾虚集』を出し、また『鶉籠』を公にするを得たりと思へば、余はこの神経衰弱と狂気に対して深く感謝の意を表するの至当なるを信ず。(p126)

夏目漱石は、自分が「神経衰弱」で「狂人」だと自覚していました。しかし、そのような体調不良に関して恨みつらみを述べるどころか、ここでは、感謝の言葉さえ綴っています。

夏目漱石の言うところによると、 彼のさまざまな小説が生まれたのは、その「神経衰弱」と「狂気」のおかげだったのです。

どうして、そのような病気が、小説を書く手助けになったりするのでしょうか。

さらに興味深いのは、同じ本で引用されている、鏡子夫人が夫を観察して述べたコメントです。

どういうわけかもちろん自分の頭の中でいろいろなことを創作して、私などが言わない言葉が聞こえて、それが古いこと新しいことといろいろに連絡して、幻となって眼の前に現われるものらしく、それにどう備えていいのかこっちは見当がつきません。(p126)

この言葉からすると、どうやら夏目漱石は、「思考促迫」に近い現象を経験していたものと思われます。しかも、それは勝手に幻視として映像が見えるタイプでした。

この本では、妄想らしき言動があったことを根拠に、夏目漱石の病気は統合失調症と関係していたのではないか、と推測されています。

しかし、解離性障害の専門家たちの意見によると、統合失調症では幻視は比較的少なく、むしろ解離性障害に多いものだとされています。

妄想については、確信して聞く耳を持たないレベルでなければ、解離性障害でも見られる場合があります。その場合は妄想というより、豊かな空想がたくましくなりすぎたのだと考えられます。

何より、夏目漱石の文学的創造性が解離性障害と関連していた可能性を示す最も大きな証拠は、その不幸な生い立ちにあります。

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)という本では、夏目漱石が生まれてすぐに実の母親から引き離されて里子に出され、養父母のもとで育ったことが書かれています。(p70)

そのように安定した愛着を育む間もなく養育者が変化する環境に置かれたことで、漱石は親との間の愛着形成がうまくいかず、医学でいうところの、「愛着障害」ともいえる状態になっていたと考えられます。

子どものころに愛着に傷を負うことは、解離性障害や境界性パーソナリティ障害を発症する大きなリスク要因です。

夏目漱石の愛着障害のタイプは、愛着回避がベースであるものの、愛着不安も強かったと推測されています。(p238)

愛着回避は解離性障害と、そして愛着不安は境界性パーソナリティ障害と深く関わっているので、夏目漱石は、解離の傾向が強く対人恐怖があり、若干境界性パーソナリティ障害のような不安定さも持っていたと考えられます。

そのような愛着回避をベースとした解離傾向が、夏目漱石の類まれな文学的創造性の源となっていた可能性があります。

解離性障害と芸術的創造性

愛着障害や解離性障害が、文学的創造性と関係していたとする考えは、極端な見方でしょうか。近年のさまざまな研究によると、そうとは思えません。

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)には、このように書かれています。

愛着障害についてのケースをたどっていくと、すぐに気づかされるのは、作家や文学者に、愛着障害を抱えた人が異様なほどに多いということである。

夏目漱石、谷崎潤一郎、川端康成、太宰治、三島由紀夫という日本文学を代表する面々が、一様に愛着の問題を抱えていたというのは、驚くべきことである。

ある意味、日本の近代文学は見捨てられた子どもたちの悲しみを原動力にして生み出されたとも言えるほどである。(p182)

同様に、解離性障害の専門家もまた、解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論の中でこう述べています。

また患者は言語化を含め、自らの心を表現することに困難があるため、絵画や詩などさまざまな手段で自己を表現できるようにすることも効果的である。

解離の患者は文学や美術など芸術的センスに恵まれていることが多い。(p198)

ここでは文学だけでなく、美術のセンスについても書かれていますが、愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)にも、夏目漱石が小説だけでなく絵もたしなんで心の安定に努めていたことが書かれています。(p277)

いったいどうして、愛着障害(特に愛着回避)や解離性障害が、芸術的創造性をもたらすのでしょうか。

それは、よくよく考えてみればそれは実に自然なことです。子ども時代に、辛い環境で育った人たちは、つらい現実から少しでも逃れよう、気を紛らわそうとして、現実逃避に似た形で、空想にふける時間が多くなります。

すると、安定した環境で育った人とは比べ物にならないくらい、たくましい想像力が育ちます。耐え難い現実に置かれることで、代償的に、たぐいまれな非現実を創りだす想像力が発達するのです。

それは、生物に普遍的に見られる、ある種の適応進化と同じです。そのままでは生き延びられないような環境に置かれると、生き延びるための新しい能力が発達し、時には強みになることさえあるのです。

創造とは、今あるものに満足できないがために、別のものを創りだす能力のことです。文学や絵画といった芸術的世界を創造することの背後には、癒やされない傷と新しいものを創造することで満たされたい思いとが混在している場合があるのです。

もっとも、芸術的センスにあふれた解離性障害の患者や、神経衰弱に感謝して絵や小説を描いた夏目漱石、そして、以前の記事で取り上げた詩人 宮沢賢治のように、芸術的創造性をプラスに用いるなら、それはもはや代償ではなく才能といえるでしょう。

この話題について詳しくは、以下の二つの記事でも取り上げています。

文学や芸術を創造する「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」
辛い子ども時代を過ごした人の中に、文芸や芸術などの分野で、豊かな想像力を発揮する人が意外なほど多いといいます。「愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)」という本に基づい
宮沢賢治の創造性の源? 「解離性障害―『うしろに誰かいる』の精神病理」
「後ろに誰かいる」「現実感がない」「いつも空想している」。こうした心の働きは「解離」と呼ばれています。『解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 』という本にもとづいて、解離と創

創造性の暴走としての「思考促迫」

このように、考えが次々に湧き上がってくる「思考促迫」「自生思考」には、さまざまな病気・疾患が関係しており、その原因もさまざまです。

ここでは主に愛着の傷からくる解離性障害という観点を紹介しましたが、本文中で述べたように、愛着の傷や不幸な家庭環境でなくても、考えが次々に湧き上がってくる現象が生じる場合はあります。

今回少し取り上げた、天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでという本では、一部の天才たちの場合、主に自閉スペクトラム症などの発達障害が創造性の源になっていたとされています。

自閉スペクトラム症が関係している場合は、おそらくは、生まれつき脳の潜在抑制というフィルター機能が弱くなっていると考えられます。もちろん統合失調症や解離性障害の場合でも原因は違えどメカニズムには共通点があるのでしょう。

天才たちの共通点「認知的脱抑制」―創造性の源? うつや疲労や精神病とも関連?
創造的な天才と呼ばれる人たちには、共通した3つの特徴があることがわかってきました。それは、統合失調型パーソナリティ、認知的脱抑制、高い知性の3つです。これらがどのように創造性につな

いずれにしても、「思考促迫」の中には、辛い病気ではなく、創造性として活用できるケースもあることを考えると、一人ひとりが自分の症状についてよく認知し、それをコントロールしていけるよう、適切な治療を受けたり、表現の場を設けたりすることが必要だといえるでしょう。

創造性の暴走としての「思考促迫」は、しっかり原因を見極め、うまく手綱を握ることができれば、芸術的創造性として開花させることができる可能性を秘めているともいえるのです。

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク