【Q&A】実はあなたにも身近な「解離」とは何なのかを知る簡単なまとめ


のブログでは「解離」という現象についてさまざまな観点から扱ってきました。

「解離」というと、自分には関係ない特殊な現象だと考えている人が多いのではないかと思いますが、決してそうではありません。

「解離」はトラウマ被害者だけに関わる現象ではなく、わたしたち人間、それどころかほとんどの動物が経験する、とても普遍的な生物学的現象です。

トラウマ経験に限らず、ストレスの多い環境のせいであれ、はたまた身体的疾患や交通事故の後遺症のせいであれ、感覚刺激が過剰になる人はだれでも「解離」を頻繁に経験しています。

解離という概念を知らなければ説明しようがない症状はとても多くあります。特に発達障害やアダルトチルドレンの当事者が解離という概念について知らずにいるのはもったいないと思います。

この記事では、ブログで扱ってきた「解離」についての話題を、Q&A形式で簡潔にまとめました。より詳しい記事に飛べるリンク集にもなっています。

スポンサーリンク

Q 解離とは何なのか?

A.解離とは感覚遮断です

解離は、感覚刺激が強すぎて処理できないときに自動的に生じる感覚遮断(感覚の切り離し)です。脳に備わる「防衛機制」と呼ばれる保護システムの一つです。

いわば脳に備わるブレーカーのようなもので、過剰な刺激に圧倒されないようシャットダウンをかけることで脳を保護します。

Q 解離はとても珍しい病気?

A.だれでも知らず知らず経験しています

どの家庭にもブレーカーが備わっているように、すべての人に解離が備わっています。そして、過剰な刺激にさらされると、だれもが解離による保護を経験します。

解離は無意識のうちに自動的に起きるので、あまりに生活に溶け込んでいて、ほとんどの人は気づかないか、別の言葉を使って説明しています。

しかし、あまりに絶え間なく過剰な刺激にさらされると、常にブレーカーが落ちたまま、感覚が切り離されたままになり、慢性的な解離という病的状態になります。

Q 解離にはどんな症状があるの?

A.日常的な現象から、超常現象、さらには強い身体症状までさまざまです

■日常的な解離
子どものころはまだ感覚が十分に統合されていないので、さまざまな解離現象を経験します。

感覚が敏感な子は、過剰な刺激にさらされると、まわりで起きていることを忘れて、ぼーっとして自分の空想の世界にこもります。過剰すぎる外部からの刺激をシャットダウンしている状態です。

興味のあることに集中し、他の感覚刺激が切り離されることで、時間を忘れて没頭できるのも、健常な解離です。これは、過集中フロー状態、スポーツ選手のゾーンなどとして知られています。

無意識のうちにカギをどこかに置いて場所が思い出せないとか、ぼーっと運転して帰宅したので、道中のことを覚えていないといった現象も日常的な弱い解離の一種です。

集中し没頭する幸せな時間「フロー体験」を味わう8つのポイント
「ゾーンに入った」「エクスタシー」「過集中」…。時間を忘れて何かに没頭した極度の集中状態は、古今東西、いろいろな言葉で表現されてきました。学問的には、特に「フロー体験」として、ミハ

■突然の危機で生じる解離
恥ずかしさに耐えられず頭が真っ白になったり、カッとなって突然キレたりするのは、過剰な刺激によって交感神経系が高ぶりすぎて、意識のブレーカーが落ちる解離の働きによります。

交通事故や犯罪被害などで、心理的どころか、生存にかかわるすべてが脅かされると、痛みや恐怖から全身の感覚が遮断され、身動きが取れない金縛り状態になることがあります。

すると、脳が外からの感覚によって体の位置情報を取得できなくなるので、体外離脱として知られている浮遊感が生じます。

金縛りや幽体離脱といったオカルト体験は、解離による感覚遮断という概念を用いれば、生物学的に説明することが可能です。解離と同様の脳の部位が関わっていることも確かめられています。

なぜ人は死の間際に「走馬灯」を見るのか―解離として考える臨死体験のメカニズム
死の間際に人生の様々なシーンが再生される「走馬灯」現象や「体外離脱」のような臨死体験が生じる原因を、脳の働きのひとつである「解離」の観点から考察してみました。
鏡が怖い,映っているのが自分とは思えない―解離性障害は「脳の地図」の喪失だった
わたしたちの脳は「バーチャルボディー」と呼ばれる内なる地図を作り出しているという脳科学の発見から、解離性障害、幻肢痛、拒食症、慢性疼痛、体外離脱などの奇妙な症状を「身体イメージ障害

■慢性的なストレスで生じる解離
以上はいずれも、だれもが経験しうる一時的な解離です。しかし、これらが慢性的に生じてしまうと、日常生活に重大な問題をもたらします。

一時的な恥ずかしさで感情がシャットダウンされるのと異なり、厳しい家庭で育ったり、ネグレクトされたりして、子どものころから繰り返し恥を味わわされてきた人は、感情がいつも切り離されて麻痺している失感情症になります。

失感情症の人たちは、感じるのが苦手で、何でも言葉や理屈だけであれこれと考えるようになります。原因不明の身体症状を抱えやすいのも特徴です。

成人型の慢性疲労症候群の文化が抱える「バラムとロバ」現象

同様に、あまりに睡眠不足が続いてそれがあたりまえになったせいで、感覚が麻痺して睡眠不足に気づかなくなるのも、慢性的な解離です。

無自覚の「潜在的睡眠不足」(PSD)が内分泌・代謝機能に慢性的な影響―子どもの疲労と関係する調査も
現代人の多くで、自分でも気づいていない「潜在的睡眠不足」(PSD)が身体的健康に慢性的な影響を及ぼし、生活習慣病などの健康リスクをもたらしているという研究が発表されました。

あまりに過労が続いて感覚が麻痺してしまい(疲労科学ではマスキングと呼ばれる)、疲れを自覚できなくなるのも、慢性的な解離です。

子どものCFS研究の原点「学校過労死―不登校状態の子供の身体には何が起こっているか」
不登校は、「生き方の選択」「学校嫌い」「心の未熟さ」「能力の欠如」「根性が足りない」「親の育て方のせい」なのでしょうか。医学の進歩は、子どもや親に原因を求める伝統的な考え方について

長きにわたって、強い刺激にさらされたせいで、何かしらの感覚が麻痺して切り離されてしまう解離は、わたしたちがさまざまな場面で経験しているありふれた現象です。

それが一歩進んで、特定の感覚だけでなく、全身の感覚が慢性的に切り離されると、現実感を喪失した離人症になります。

現実感がない「離人症状」とは何か―世界が遠い,薄っぺらい,生きている心地がしない原因
現実感がない、世界が遠い、半透明の膜を通して見ているような感じ、ヴェールがかかっている、奥行きがなく薄っぺらい…。そのような症状を伴う「離人症」「離人感」について症状、原因、治療法

外からの感覚が遮断されると、脳はちょうど夢を見ているときのように記憶から感覚を再生するようになります。そのため幻聴や幻視が生じます。

また過去のトラウマ記憶の断片が、幻聴や幻視のかたちでフラッシュバックすることがあります。後に述べるようにトラウマ記憶とは文脈のある言語的な記憶ではなく、断片的な感覚記憶だからです。

幻覚は統合失調症でもみられるため、解離性障害は統合失調症と誤診されることがよくありますが、専門家は両者には幾つか際立った違いがあるとしています。

統合失調症と解離性障害の6つの違い―幻聴だけで誤診されがち
精神科医の中には「幻聴=統合失調症」と考えている人が多いと言われます。しかし実際には解離性障害やアスペルガー症候群が統合失調症と誤診されている例が多いといいます。この記事では解離の

■身体症状としての解離
一部の身体機能だけが切り離されると、検査では異常がないのに目が見えない、耳が聞こえないといった転換症状が生じます。

しかし後で考えるように、解離とは生物学的には、感覚を切り離して「死んだふり」をして身を守る作用なので、全身に慢性的な解離が生じると、体が死んだような状態になります。

慢性的な解離に伴いやすい身体症状としては、からだの固まり、凍りつき、慢性疲労、エネルギーの枯渇、息苦しさ、胃腸障害などがあります。

慢性的に解離した人は生きているのか死んでいるのかわからないゾンビのようになってしまいます。

だから君は慢性疲労に閉じ込められた―生きるエネルギーを枯渇させる解離そして不動状態
解離と慢性疲労は深く関係していて、不動系という生物学的メカニズムによって引き起こされているという点を、不登校や小児慢性疲労症候群の研究と比較しながら分析してみました。

近年増加しているとされる、身体症状を伴う「現代型うつ」や「新型うつ」は、状況依存的なトラウマに対する部分的な解離反応とみなすと理解しやすくなります。

若い女性に多い「新型うつ」「非定型うつ病」とは何か、本当に存在するのか
若い女性に増加しているという「新型うつ」「非定型うつ」「現代型うつ」と呼ばれる病態について整理しています。

■記憶の解離
後の項目で説明しますが、人間には2つの記憶システムがあります。

危機的な状況で意識が切り離されると、意識はトラウマを記憶していないのに、身体だけがトラウマを体験し記憶しているという記憶の解離が生じます。

そうすると、意識の上ではもう危険ではないとわかっていても、身体だけがトラウマのときの反応を繰り返してしまうようになります。

これは「再演」と呼ばれ、トラウマの被害者が自分ではやめたいと思いつつも自己破壊的な習慣に陥ってしまう原因です。

解離性障害でしばしば見られる「憑依」体験は、意識は記憶していない行動を、身体の記憶が再生している「再演」の一種と考えることができます。

失感情症であれ、トラウマ記憶の再演であれ、解離では、心はストレスに気づかなくなって麻痺しているのに、身体はストレスに反応して原因不明の症状が生じる、という奇妙な現象がよく見られます

ヴァン・デア・コークはいみじくも、解離とは「知っていると同時に知らずにいること 」だと述べました。

身体に刻まれた「発達性トラウマ」―幾多の診断名に覆い隠された真実を暴く
世界的なトラウマ研究の第一人者ベッセル・ヴァン・デア・コークによる「身体はトラウマを記録する」から、著者の人柄にも思いを馳せつつ、いかにして「発達性トラウマ」が発見されたのかという

危機的な状況で、解離によって脳の機能の一部が切り離された場合、意識の一部はトラウマを経験し、一部はトラウマから逃れているという複雑な状況が生じることがあります。

そうすると、複数の意識が共存する人格の多重化が起こります。ある人格はトラウマを経験してその記憶を持っていますが、別の人格はその瞬間に切り離されていたためトラウマを記憶しておらず、記憶の断裂が見られます。

多重人格の原因がよくわかる8つのたとえ話と治療法―解離性同一性障害(DID)とは何か
解離性同一性障害(DID)、つまり多重人格について、さまざまな専門家の本から、原因やメカニズムについて理解が深まる8つのたとえ話と治療法についてまとめました。

Q 解離になりやすい人は?

A.感覚過敏な人、愛着が不安定な人、自己抑制が強い人です

(1)感覚刺激が過剰な人
自閉スペクトラム症HSPの人は強い感覚刺激にさらされるため、日常のいたるところで、それと知らずに解離を経験しています。

「解離型自閉症スペクトラム障害」の7つの特徴―究極の少数派としての居場所のなさ
解離症状が強く出る解離型自閉症スペクトラム障害(解離型ASD)の人たちの7つの症状と、社会の少数派として生きることから来る安心できる居場所のなさという原因について書いています。
生まれつき敏感な子ども「HSP」とは? 繊細で疲れやすく創造性豊かな人たち
エレイン・N・アーロン博士が提唱した生まれつき「人一倍敏感な人」(HSP)の四つの特徴について説明しています。アスペルガー症候群やADHDと何が違うか、また慢性疲労症候群などの体調

(2)愛着が不安定な人
生後2-3年ごろまでの養育環境により愛着が不安定になった人たちは、ADHDに酷似した敏感さを示すようになり、解離を用いて対処するようになります。

よく似ているADHDと愛着障害の違い―スティーブ・ジョブズはどちらだったのか
アップルの故スティーブ・ジョブズはADHDとも愛着障害とも言われています。両者はよく似ていて見分けがつきにくいとされますが、この記事では(1)社会福祉学の観点(2)臨床の観点(3)

幼いころの養育環境によって形成される愛着のタイプには、安定型、回避型、不安型、無秩序型の4つがあります。

回避型(拒絶型)の人たちは、感情だけを切り離す失感情症のような軽度の解離になりがちです。

きっと乗り越えられる「回避型愛着スタイル」― 絆が希薄で人生に冷めている人たち
現代社会の人々に増えている「回避型愛着スタイル」とは何でしょうか。どんな特徴があるのでしょうか。どうやって克服するのでしょうか。岡田尊司先生の新刊、「回避性愛着障害 絆が稀薄な人た

不安型(とらわれ型)の人たちは、突然キレたり、性格が変わったりする軽度の人格の交代(スイッチング)を経験しがちです。

見捨てられ不安にとらわれる「不安型愛着スタイル」―完璧主義,強迫行為,パニックなどの背後にあるもの
岡田尊司先生と咲セリさんの「絆の病」を参考に、「不安型」「とらわれ型」の愛着スタイルを持つ人の感情や葛藤の原因についてまとめました。

両者の特徴を合わせ持った無秩序型と呼ばれるタイプは慢性的な重度の解離を経験しやすく、成長してからのトラウマによって解離性障害や解離性同一性障害になるリスクが高まります。

人への恐怖と過敏な気遣い,ありとあらゆる不定愁訴に呪われた「無秩序型愛着」を抱えた人たち
見知らぬ人に対して親しげに振る舞いながらも、心の中では凍てつくような恐怖と不信感が渦巻いている。そうした混乱した振る舞いをみせる無秩序型、未解決型と呼ばれる愛着スタイルとは何か、人

自身がどのタイプかは、ネット上にもある愛着スタイルテストである程度判別できます。

(3)自己抑制が強い人
嫌なことに対してノーと言えず、自分を周りに合わせてしまい、じっと辛抱するタイプの子どもは、感覚刺激から物理的に逃げるのではなく、感覚刺激を解離させることで対処しがちです。

空気を読みすぎて疲れ果てる人たち「過剰同調性」とは何か
空気を読みすぎる、気を遣いすぎる、周囲に自分を合わせすぎる、そのような「過剰同調性」のため疲れ果ててしまう人がいます。「よい子」の生活は慢性疲労症候群や線維筋痛症の素因にもなると言

周囲の目を人いちばい気にして動けなくなってしまうことが多く、緘黙症や、回避性パーソナリティ障害と診断されたり、不登校になったりします。

感受性が強すぎて一歩踏み出せない人たち「回避性パーソナリティ」を克服するには?
失敗したり、恥をかいたりすることへの恐れが強すぎて、人との関わりや新しい活動を避けてしまう。そんな悩ましい葛藤を抱える「回避性パーソナリティ」は決して心の弱さではなく、良くも悪くも

愛着が不安定な人でも、ストレスに直面したときに相手を責める「投影」によって対処している人たちは境界性パーソナリティ障害になりやすく、自分を責める「取り入れ」によって対処している人たちは解離性障害になりやすいとされています。

境界性パーソナリティ障害と解離性障害の7つの違い―リストカットだけでは診断できない
境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン:BPD)と解離性障害はどちらもリストカットなど共通点があり区別しにくいとされています。その7つの違いを岡田憲一郎先生の「続解離性障害」など

そのほか、後述するように、文化的な影響からか、女性のほうが受動的で、ストレスに対して強い解離を示しやすいようです。

近年注目されるようになった男女の発達障害の症状の性差は、突き詰めれば、女性のほうが解離傾向が強いという事実で説明できるように思います。

ADHDにおいて男性に多動型が多く、女性に不注意優勢型が多いのは、男性は刺激に対し能動的な反応を示しやすいのに対し、女性は意識を飛ばす受動的な方法、つまり解離によって対処しやすいからです。

気づかれにくい「女性のADHD」の10の特徴&治療に役立つポイント集
ADHDというとわんぱくでやんちゃなイメージがありますが、ADHDの女の子は男の子とは特徴が異なるために気づかれにくいと言われています。ADHDの女性の10の特徴、チェックポイント

アスペルガー症候群を含む自閉スペクトラム症(ASD)において、男性に積極奇異型が目立ち、女性に受動型が多いのもやはり、女性はストレスに対して解離という受動的な手段で対処しやすいからです。

女性のアスペルガー症候群の意外な10の特徴―慢性疲労や感覚過敏,解離,男性的な考え方など
女性のアスペルガー症候群には、男性とは異なるさまざまな特徴があります。慢性疲労や睡眠障害になりやすい、感覚が過敏すぎたり鈍感すぎたりする、トラウマや解離症状を抱えやすいといった10

さらに、慢性疲労症候群や線維筋痛症のような原因不明の身体疾患が女性に多いのも、ストレスの影響が、前述したような身体症状としての解離になって現れやすいからでしょう。

Q どんな場合に慢性的な解離になるの?

A.どこにも逃げ場がない状態で繰り返しストレスを受け続けたときです

通常、わたしたちが経験する解離は一時的です。ブレーカーが落ちてもすぐ復旧できるのと同じです。

しかし、慢性的な危機にさらされて、そこから抜け出す方法がない場合、ブレーカーがいつも落ちたままになってしまいます。

マイヤーとセリグマンは逃げられない状況で繰り返し電気ショックを受けた犬が不動状態(慢性的な解離)に陥ることを発見し、これを「逃避不能ショック」と呼びました。

なぜ子ども虐待のサバイバーは世界でひとりぼっちに感じるのか―言語も文化も異なる異邦人として考える
子ども虐待のサバイバーたちが、だれからも理解されず、「人類から切り離されて、宇宙でひとりぼっちのように感じる」理由について、異文化のもとで育った異邦人として捉える観点から考察します

どこにも逃げ場がないというのは、文字通り体を拘束された場合だけでなく、恥ずかしさなどのため、心理的に追い詰められる状況も含みます。

なぜ耐えがたい恥は人を生ける屍にしてしまうのか―「公開羞恥刑」と解離の深いつながり
公衆の面前で恥をかかせるという刑罰「公開羞恥刑」。現代のいじめやSNSの炎上、子ども虐待などが、いかに公開羞恥刑のようにして人を辱め、その結果、被害者の心を殺害し、解離させてしまう

Q.なぜ解離はさまざまな表れ方をするの?

A.ストレスの種類が異なれば解離の表れ方も変わります

解離は病気ではなく防衛機制です。慢性的なストレスによって引き起こされる解離は、後遺症ではなく適応である、といえます。

慢性的に激しい感覚刺激にさらされる異常な環境でも、なんとか生き延びていけるよう、生物としての身体が適応を遂げた結果だということです。

だれも知らなかった「いやされない傷 児童虐待と傷ついていく脳」(2011年新版)
子どもの虐待は、近年注目を浴びるようになって来ました。しかし、虐待が脳という“器質”にいやされない傷を残すことを知っている人はどれだけいるでしょうか。友田明美先生の著書「いやされな

自然界の動物に見られる適応進化が非常に多様なことからわかるとおり、環境が違えば、適応の形もさまざまに変化します。

慢性的なストレスが心理的なネグレクトであれば、感情を切り離して心を守る失感情症という形で解離が生じますし、もっと心身全体が絶えず脅かされる環境なら、全身の感覚を切り離して身を守ろうとする離人症など、より重い解離が生じるでしょう。

ヴァン・デア・ハートらの構造的解離理論によると、少なくとも解離には3つの段階があるとされ、第一次解離、第二次解離、第三次解離にわけられています。

PTSDや境界性パーソナリティ障害に見られる、突然我を忘れたり、パニックやフラッシュバックを起こしたりする状態は第一次解離にあたります。

失感情症や解離性障害のように、感覚が麻痺し、感情を失った傍観者のようになり、遠くからストレスを眺めて冷静でいる状態は第二次解離です。

解離性同一性障害のように、アイデンティティが複数に分割され、トラウマ経験を保持する人格部分と、表面的に健常な人格部分とに切り離されるのは第三次解離にあたります。

これらは表に出ている症状は異なりますが、当事者の解離傾向の程度や、ストレスの種類や期間によって、どの程度解離が強く働くか、という違いが生じているスペクトラム(連続体)だと考えられています。

幼少期に愛着トラウマがあったり、ストレスが慢性的であったりするほど、より重い解離に進展しやすいようです。

慢性的なストレスの内容や、恥とされる概念は、時代や文化によってもさまざまに異なるので、じっぱひとからげに「解離」と言っても、国や地域によってさまざまに症状は変化します。

ある文化でのみ見られる独特な解離現象は、「文化結合症候群」(文化依存症候群)として知られています。

社会の中で経験する慢性的なストレスは、単に時代や地域によって変わるだけでなく、男性か女性かという性別によっても大きく変化します。

わたしたちの文化で重篤な解離を発症するのは圧倒的に女性が多いと言われていますが、こうした文化ストレスの性差が、症状の表れ方や程度に反映されていると思われます。

解離性障害をもっとよく知る11のポイント―発達障害や愛着障害,身体症状との関係など
解離性障害は深刻なトラウマ経験がなくても発症することがあり、ADHDやアスペルガーのような発達障害、愛着障害とも関係していると言われています。解離性障害の専門家の本から、役立つ10

Q 生物学的に言えば解離とは何?

A.動物の「狸寝入り」や「死んだふり」と同じ現象です

人間を含め、生物には4つのストレス反応が備わっています。

外敵に襲われるなど危機に面したとき、まず交感神経系が興奮して「逃走」「闘争」を試みます。それができなければ「凍りつき」(固まり)か「麻痺」(擬死)が生じます。

前半の2つ、「逃走」か「闘争」が慢性的になっている人がPTSDで、後半の2つ「凍りつき」や「麻痺」が慢性的になっている人が解離です。

前者は多動・衝動性優勢型ADHDと、後者は不注意優勢型ADHDと酷似していて、遺伝のせいでそうなっているのか、環境のせいでそうなっているのか鑑別がとても難しく、並存例も多いと言われています。

PTSDと解離の11の違い―実は脳科学的には正反対のトラウマ反応だった
脳科学的には正反対の反応とされるPTSDと解離。両者の違いと共通点を「愛着」という観点から考え、ADHDや境界性パーソナリティ障害とも密接に関連する解離やPTSDの正体を明らかにし

前述のように、女性のADHDで不注意優勢型が多く、女性の自閉スペクトラム症で受動型が多いのは、男性はストレスに対し「逃走」「闘争」で反応しやすいのに対し、女性は「固まり」「麻痺」で反応しやすいからだと思われます。

Q どんなメカニズム?

A.原始的な副交感神経によるシャットダウンです

「パブロフの犬」の研究で有名なイワン・パブロフは、感覚刺激が限界を超えて「超限界段階」に至ったときに、イヌたちが虚脱状態になるのを発見しました。

スティーヴン・ポージズの「ポリヴェーガル理論」(多重迷走神経理論)によると、生物の自律神経系には、よく知られている交感神経系と副交感神経系のほかに、原始的な副交感神経系(不動系)が備わっています。

過剰な刺激によってアクセルである交感神経系が興奮しすぎて、通常のブレーキである副交感神経系では手に負えず限界を迎えたときに、原始的な不動系が急ブレーキをかけ、有無を言わさずシャットダウンしてしまうのが解離だとされています。

だから君は慢性疲労に閉じ込められた―生きるエネルギーを枯渇させる解離そして不動状態
解離と慢性疲労は深く関係していて、不動系という生物学的メカニズムによって引き起こされているという点を、不登校や小児慢性疲労症候群の研究と比較しながら分析してみました。

Q トラウマ記憶とは?

A.トラウマは身体に記憶されます

近年、トラウマ記憶とは、心理的問題のような「こころの傷」ではなく、「からだの記憶」だと考えられるようになっています。

人間には、二種類の記憶システムがあり、それぞれ顕在記憶、潜在記憶と呼ばれています。

顕在記憶とは、海馬に依存する記憶で、学校のテストで覚えた内容のように、言葉で意味を説明できるので宣言的記憶とも呼ばれます。

潜在記憶とは、「からだの記憶」として保存されている記憶です。たとえば、自転車の乗り方や楽器の弾き方、音楽のメロディーなどの手続き記憶がこれに当たります。

潜在記憶はまた、言葉で言い表せる文脈のある記憶ではなく、空間に散らばった断片的な感覚からなる感覚記憶でもあります。

アルツハイマー病などで顕在記憶が失われても、日常生活でのからだの動かし方や懐かしのメロディーがほとんど失われないのは、それらが「からだの記憶」だからです。

「からだの記憶」は、生まれて間もない時期に、左脳より先に発達している右脳に関係する記憶システムです。生後2,3歳ごろまでの「からだの記憶」は愛着(アタッチメント)として、大人になってからも生涯影響を及ぼします。

トラウマ記憶も、「からだの記憶」にあたります。

危機的な状況では、意識がシャットダウンされるので、トラウマの経験は、顕在記憶としては詳しく記憶されず、「からだの記憶」としてだけ詳細に記憶されます。

そのせいで、トラウマ経験の詳細を思い出せない記憶喪失(解離性健忘)や、理由を説明できないのに、身体が反応してしまう身体症状や再演が生じます。

HSPの子どもは右脳の働きが活発だとされていますが、おそらく「からだの記憶」の影響が強く、そのために感受性が役立つ芸術などに秀でている反面、PTSDや解離などのトラウマ反応にも陥りやすいのかもしれません。

HSPの人が知っておきたい右脳の役割―無意識に影響している愛着,解離,失われた記憶
HSPの子は右脳が活発、という知見にもとづき、右脳と左脳の役割や二つの記憶システム、愛着、解離など、HSPの人が知っておくと役立つ話題をまとめました。

Q.どうやって対処するの?

A.感覚を感じ取り、意識を「今ここ」に引き戻します

慢性的に過剰な刺激にさらされたことが、意識や感覚を飛ばして対処する解離の原因なので、まず環境からの刺激を和らげます。

解離はどこにも逃げ場がないときに生じる最終手段なので、安心できる居場所を確保することが何よりも重要です。

PTSDも解離も「からだの記憶」による症状なので、記憶の処理に関わる睡眠の質を整えることは予防にも治療にも役立ちます。

HSPや自閉スペクトラム症などの体質が関わっている場合は、過敏性を和らげる工夫が必要かもしれません。

自閉スペクトラム症の解離は、定型発達者の解離とは特徴や対策が異なるとも言われています。

アスペルガーの解離と一般的な解離性障害の7つの違い―定型発達とは治療も異なる
一般にアスペルガー症候群などの自閉スペクトラム症(ASD)は解離しやすいと言われていますが、定型発達者の解離性障害とは異なる特徴が見られるようです。その点について、解離の専門家たち

薬物療法は少量なら役立つ場合がありますが、根底に感覚過敏があるので、副作用が出やすいことに注意が必要です。

身体に刻まれた「発達性トラウマ」―幾多の診断名に覆い隠された真実を暴く
世界的なトラウマ研究の第一人者ベッセル・ヴァン・デア・コークによる「身体はトラウマを記録する」から、著者の人柄にも思いを馳せつつ、いかにして「発達性トラウマ」が発見されたのかという

単なる「こころの傷」ではなく、生物学的な「固まり」「麻痺」反応であること、言葉で説明できる顕在記憶ではなく「からだの記憶」が関係していることからすると、カウンセリングや認知行動療法より身体志向の治療法が有効と考えられます。

身体志向の治療法は、からだで感覚を感じ取る訓練をして、心と身体のつながりを取り戻し、意識を「今ここ」に維持するのに役立ちます。

Q.解離についてもっと知るには?

A.「解離性障害」を扱っている本よりも、「解離」について扱っている本をお勧めします

「解離性障害」について説明している本では、解離性同一性障害など、特殊な事例を中心に解説されていて、「解離」が多くの人に関係している普遍的な現象であることがわかりにくくなっています。

一般に解離性障害にはサブカテゴリーとして「解離線遁走」「解離性健忘」「解離性同一性障害」などがあると説明されますが、臨床現場では解離の患者の大多数が「特定不能の解離性障害」(DDNOS)であるとされるので、教科書的な分類はあまり役に立ちません。

以下の数冊は、もっと広い視野で解離について理解するのに役立ちます。

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法
世界的なトラウマ研究の先駆者であり第一人者でもあるヴァン・デア・コークによる、詳しさと読みやすさを両立したすばらしい本です。解離の広範な症状について深く知るために、まずおすすめする一冊です。

身体に刻まれた「発達性トラウマ」―幾多の診断名に覆い隠された真実を暴く
世界的なトラウマ研究の第一人者ベッセル・ヴァン・デア・コークによる「身体はトラウマを記録する」から、著者の人柄にも思いを馳せつつ、いかにして「発達性トラウマ」が発見されたのかという

身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
カナダのサイコセラピスト、ガボール・マテが、精神神経免疫学の観点から心と身体のつながりについて説明している本です

「解離」という言葉はほんの一部に出てくるのみですが、扱われている内容は慢性ストレスによる解離や失感情症と、それに伴う身体症状です。

口で「ノー」と言えなければ身体が「ノー」と言うようになる― 抑圧された感情が招く難病と慢性疾患
ガンや自己免疫疾患、慢性疲労症候群(CFS)を含む多くの難病は、突然発症するのではなく、子どものころから抑圧してきた感情が関係している。患者の気持ちに配慮しつつ、ガボール・マテ博士

解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版)
解離性障害の専門家、柴山雅俊先生による「解離」よりも「解離性障害」を中心とした本ではあるものの、解離を示しやすい人の性格や生い立ちについて知るのに参考になり、イラスト版なので読みやすいです。

空気を読みすぎて疲れ果てる人たち「過剰同調性」とは何か
空気を読みすぎる、気を遣いすぎる、周囲に自分を合わせすぎる、そのような「過剰同調性」のため疲れ果ててしまう人がいます。「よい子」の生活は慢性疲労症候群や線維筋痛症の素因にもなると言

解離新時代―脳科学,愛着,精神分析との融合
解離性障害の専門家、岡野憲一郎先生による、かなり専門的な本ですが、この記事で扱った4つのストレス反応やポリヴェーガル理論など、生物学的なメカニズムについてもしっかり説明している良書です。

PTSDと解離の11の違い―実は脳科学的には正反対のトラウマ反応だった
脳科学的には正反対の反応とされるPTSDと解離。両者の違いと共通点を「愛着」という観点から考え、ADHDや境界性パーソナリティ障害とも密接に関連する解離やPTSDの正体を明らかにし

身体に閉じ込められたトラウマ:ソマティック・エクスペリエンシングによる最新のトラウマ・ケア
ヴァン・デア・コークの友人である神経生理学者ピーター・ラヴィーンによる、解離の身体症状と身体志向の治療法について詳しく扱われた一冊です。生物学的なメカニズムも最も詳しく説明されています。

しっかり読み解くには前知識が必要ですが、あまり知識がなくても、解離の身体症状がどんなものかを理解するには十分です。

だから君は慢性疲労に閉じ込められた―生きるエネルギーを枯渇させる解離そして不動状態
解離と慢性疲労は深く関係していて、不動系という生物学的メカニズムによって引き起こされているという点を、不登校や小児慢性疲労症候群の研究と比較しながら分析してみました。

トラウマと身体 センサリーモーター・サイコセラピー(SP)の理論と実際
上記の本と同様、解離などのトラウマ症状が生物学的現象として生じていること、不安定な愛着スタイルとつながっていること、からだに手続き記憶として保存されること、そして身体志向のセラピーである精神運動療法(サイコモーターセラピー)が役立つことなどがまとめられています。

HSPの人が知っておきたい右脳の役割―無意識に影響している愛着,解離,失われた記憶
HSPの子は右脳が活発、という知見にもとづき、右脳と左脳の役割や二つの記憶システム、愛着、解離など、HSPの人が知っておくと役立つ話題をまとめました。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
解離