思考に霧がかかった状態「ブレイン・フォグ」にどう対処するか

Pocket

「まるで頭に霧がかかったようだ」

120815ブレインフォッグそのように思うことはありますか。思考がうまく働かず、人と会話するのも、文章を読み書きするのも、ちょっとしたことを記憶するのも煩わしい。

こうした慢性疲労症候群(CFS)独特の症状は「ブレイン・フォグ」(brain fog)と呼ばれるそうです。近縁の病気である線維筋痛症(FM)の場合もフィブロ・フォグ(fibro fog)というのが知られています。

このエントリでは、ブレイン・フォグとは何か、そしてどう対処できるかという点を探りたいと思います。うつ病の場合の思考に霧がかかった感覚についても触れています。

スポンサーリンク

ブレイン・フォグとは

体調が悪くなると、顕著に現れるのが、思考に靄がかかったような状態です。この症状は、CFSではブレイン・フォグ、メンタル・フォグ、FMではフィブロ・フォグなどと呼ばれます。

ブレイン・フォグは一般には高次脳の問題と呼ばれる症状に含まれます。しかし、CFSの場合は、ブレイン・フォグ、つまり「脳の霧」と述べたほうが分かりやすいので、わたしはこちらを用いています。

わたしがCFSを発症した当時、最初にショックを受けたのも、このブレイン・フォグでした。「思考に靄がかかる」とか「霧でかすむような」というように表現されるのですが、それでは表現不足な気もします。

2010年12月16日付のニュースウィークの記事「取れない疲れの原因を探れ」では、CFS患者で作家のローラ・ヒレンブランドについてこう書かれています。

「取れない疲れ」の原因を探れ | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト はてなブックマーク - 「取れない疲れ」の原因を探れ | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

03年にニューヨーカー誌に寄せたエッセーで、ヒレンブランドは関節の痛み、リンパ節の腫れ、吐き気、疲労感について書いた。

むなしく医者を転々とした日々。無関心、恥辱、軽減しない症状。意識がもうろうとして、単語は意味を失い、思考は消えた。

「世界が遠く感じられた」と、ヒレンブランドは書いている。「透明なビニールにくるまれているかのようだった」

わたし自身の言葉で表現するなら、思考の混乱状態、とでも言えばよいでしょうか。今まで、しっかり糸でより合わされていたものがパラパラと崩れるかのように、思考に整合性がなくなってしまいます。

別の表現を用いれば、ブロックをタワー状に摘んでいくゲームが倒壊した瞬間に似ています。発症前は、バランスよく整っていた思考が、バラバラになってしまって、どうやっても元に戻せないのです。

普段なら、わたしは、ブログを含め、文章を書くのが、まったく苦になりません。しかしブレイン・フォグが顕在化しているときは別です。

筋道立てて考えることができないので、文章を紡ぐことができません。適切な言葉を探すことも難しく、コミュニケーションも困難です。おまけに物忘れも相当ひどくなります。本やテレビの話の筋が負えなくなる“後天性失読症”も生じます。

うつ病の「思考に霧がかかった」感覚

CFSのブレインフォグ様の症状は、うつ病においても見られると言われています。実際には、いくらか違いがあるのかもしれませんが、どちらも、「思考に霧がかかった状態」と表現されることが多く、症状も人それぞれなので、区別するのは困難です。

うつ病の人の中には、世界が白黒に見えたり、薄っぺらい紙でできているようにみえたりする、と述べる人もいます。自分が自分でないように思えたり、生きている心地がしなかったりするとも言われます。こうした現実感のない感覚は、離人感と呼ばれるそうです。

解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版)によると、離人症は次のような症状を伴うこともあります。

自分と世界の間には半透明の膜があると感じる人が多い。目には見えないが、自分が膜に包まれていると感じている。(p39)

先のローラ・ヒレンブランドの「透明なビニールに包まれているかのようだった」という感想と似ているように思います。

うつ病における、思考に霧がかかったような感覚は、当然ながら、うつ病の治療によって改善します。抗うつ薬による治療が効果がない場合、電気けいれん療法(ECT)経頭蓋磁気刺激法(TMS)が効果があるかもしれません。

例えば書籍NHKスペシャル ここまで来た! うつ病治療では、TMSを受けたある日本の患者がこう述べています。

今ままでは頭に霧がかかったようなモヤモヤした感じだったのが、今では霧が晴れたようなすっきりとした気分ですよ。

薬を飲み続けてきたのに治らなかったうつの症状がなくなって、クリアになったと言うんですかね。(p186)

わたしは数年前、まだ診断名がついていなかったころ、“うつ状態”と診断されて、心療内科で投薬治療を受けていました。しかし、症状は一向に良くならず、思考に霧がかかった感覚に苦しめられていました。

調べたところ、ECTやTMSが効果的だと知ったので、国立精神神経センターに入院して、治療を受けられるかどうか判断してもらうことになりました。

しかし21歳未満だったので対象外とされ、さらに二週間にわたって、さまざまな問診や心理テストを受けました。すると、意外なことに、精神的には何ら治療すべきところはなく、“うつ状態”は誤診であり、服薬はすべて停止するようにとの診断が下りました。

その後、思考に霧がかかった感覚を悪化させていたのは、なんと抗うつ薬そのものであったことが分かりました。そもそもうつ病ではなかったので、副作用だけが強く出ていたようです。

服薬をやめた後、思考に霧がかかった感じ“ブレインフォグ”がかなり改善しました。決して治ったわけではありませんが、抗うつ薬によって症状が悪化することがあるようです。

▼追記(2016/9/01)
興味深いことに、解離新時代―脳科学,愛着,精神分析との融合の中で、離人感についてこのような説明がありました。

また離人・現実感喪失についてはHPA軸(視床下部-下垂体-副腎皮質軸)の異常も見られるという。

すなわちHPA軸の過敏反応(高いコルチゾールレベルと、ネガティブ・フィードバックによるその抑制が低下していること)のパターンを示すということだ。(Simeon,et al.2001) 

(参考までにうつ病やPTSDは逆に鈍化したHPA軸の反応パターンを示すとされる)。(p109)

ここでは離人感にはHPA軸が関係しているとのことですが、慢性疲労症候群でもやはりHPA軸が関係しているという研究があります。

 

視床下部の中枢神経が老化や慢性疲労症候群と関係している
脳の視床下部が老化や慢性疲労症候群に関係しているそうです。

また、離人感のHPA軸の反応はうつ病やPTSDと正反対であるとのことですが、やはり慢性疲労症候群もまた、うつ病とは正反対のコルチゾールなどの反応が見られるとされているのは興味深く思えます。

ブレイン・フォッグとたたかう

では、CFSのブレイン・フォグを改善させる方法はあるのでしょうか。わたしもまだ答えを得ていませんが、いくつかのヒントはありそうです。

還元型コエンザイムQ10を使う

最近、還元型コエンザイムQ10が、慢性疲労症候群(CFS)の、睡眠・うつ・計算問題の3つの分野で効果が出たと報道されていました。この3つのうち、「計算問題」が思考力の回復に直接関係しています。

還元型コエンザイムQ10が慢性疲労症候群(CFS)に効果的!大阪市大の臨床研究
還元型コエンザイムQ10が慢性疲労症候群(CFS)に効果的であるとする報告が掲載されました。これは最近行われていた臨床試験の成果です。

コエンザイムQ10は、おもに二つの効果を持つサプリメントです。

第一に、ミトコンドリアというレストランの“コックさん”として、エネルギーを作り出します。

第二に、活性酸素から細胞を守る盾であるビタミンEを回復し、細胞が抗酸化物質を作り出のを助けます。対酸化ストレス戦のカギを握る“ヒーラー”なのです。

慢性疲労症候群(CFS)では、エネルギー産生機能の低下や酸化ストレスの増加が知られています。還元型コエンザイムQ10がその症状を和らげるのは当然と言えるでしょう。

もちろん、効果は人それぞれなので、必ずしもブレイン・フォグを和らげると保証することはできません。また服用量も健常者より多めが推奨されています。

 

食事を吟味する

食生活の偏りが精神症状を引き起こすことがあるようです。慢性疲労症候群(CFS)に関係すめ病気のひとつに低血糖症があります。栄養状態を見直し、糖分のとりすぎを防ぐなら、思考の霧が緩和されるかもしれません。

疲れやすさの隠れた一因、機能性低血糖症
慢性疲労症候群の隠れた一因とも言われる機能性低血糖症に対する、マリヤ・クリニックの取り組みについて

また、栄養価を考慮した少食がブレイン・フォグの症状を和らげるとも言われています。 ブレイン・フォグとは認知面での機能低下であり、それを抑える方法はカロリー・カットです。

アンチ・エイジング医学 6ー3―日本抗加齢医学会雑誌 特集:疲労を科学するによると、慢性疲労症候群も研究している大阪市立大学の調査によって「注意・記銘力の低下」が顕著な人ほどエネルギーおよび個々の食品からの栄養素を多く摂取している傾向が認められたそうです。(p51)

少食により、記憶力が向上するという科学的な研究もあります。

空腹状態になると記憶力が上がる仕組みを発見│東京都医学総合研究所 - Topics はてなブックマーク - 東京都医学総合研究所 - Topics

ここで気をつける必要があるのは、カロリー・カット=食事量を少なくする、ではないということです。食事量を少なくすることに加え、栄養が不足しないよう、食事の種類を厳選する必要があります。

また「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい 9割の医者が知らないストレス社会の新病という本では、頭にもやがかかったような感じは腸粘膜の異常、リーキーガット症候群と結び付けられており、食習慣の改善などによってよくなった例が示されています。(P40,78)

マインドマップを使う

わたしの個人的な話ですが…マインドマップは、ブレイン・フォグに対処する上で、かなり重要な技術です。

ブレイン・フォッグの困ったところは、文章の読み書きができない、という点です。つまり、思考を文章に変換したり、文章を思考に変換したりする過程がうまくいかないのです。

ところが、マインドマップは、そもそも文章を用いないノート術です。思考をそのまま紙に写し取ることを目的としています。

ですから、頭が混乱している時でも、それをそのまま紙に書き出すことができます。わたしは、ブレイン・フォグがひどくなると、その日のやることや、整理したい考えをマインドマップに書きだすことで、なんとかその日の予定を乗り切っています。

ブレイン・フォグがあっても、最低限の活動を続けるために、マインドマップという思考整理術は必須のテクニックなのです。

ストレスフリーのノート術「マインドマップ」―5つのメリットとかき方のステップ
トニー・ブザン氏が開発した効果的なノート術、「マインドマップ」について紹介しています。マインドマップのなりたち、5つのメリットやかき方のステップについて書いています。

睡眠を改善する

疲労の研究によると、人間の活動の中で、疲労と最も関わりが深いのが睡眠です。そのため、CFSの最新の診断基準で採用された5つの客観的な検査法のひとつは「身体活動量から得られる睡眠時間」の測定です。

CFS患者の場合、ほぼ間違いなく睡眠障害が見られ、睡眠の質も低下しています。かといって、睡眠の大切さを軽視して良いわけではなく、むしろ健康な人以上に睡眠にこだわるべきです。

以下のエントリでも、睡眠について取り上げましたが、睡眠の改善方法は千差万別です。どんな方法を用いるにしても、改善を図るだけの価値があります。

夜眠れず朝起きられない「睡眠相後退症候群(DSPS)」にどう対処するか(4)診断と治療
朝どうしても起きられない、夜なかなか寝つけない、一度眠ると10時間以上目が覚めない、早起きしようと努力するとかえって夜寝つけなくなる…。この記事は睡眠相後退症候群(DSPS)に関す

▼追記
わたしの先生に聞いたところによると、CFSの思考に霧がかかったような感覚は、思考の交通整理ができていないことによるのかもしれないとのことでした。その交通整理を担っている神経伝達物質はドーパミンであり、その症状を訴える人に対してはドーパミンを抑える薬を処方しているそうです。

また、ブレイン・フォグに認知症の薬であるメマンチンが有効だというニュースがありました。

線維筋痛症の痛みやブレイン・フォグにメマンチン(認知症の薬)が効く?
線維筋痛症の治療にメマンチンが有効だそうです。

ブレイン・フォグに対処する

慢性疲労症候群(CFS)を発症すると、かなりの確率で、ブレイン・フォグを併発するようです。この症状は、慢性疲労症候群(CFS)の数多くの症状の中でもひときわ厄介なものです。

身体の自由を奪われるだけであれば、スティーブン・ホーキング博士のように、思考の世界に羽ばたくことができます。しかし身体がどろどろに重だるいだけでなく、思考も霧がかかっているとなると、もはやできることがありません

慢性疲労症候群(CFS)を非常に深刻な病気とならせている大きな原因が、このブレイン・フォッグにあることは間違いないのです。

手がかりが少ないですが、わたしもブレイン・フォッグへの対策を引き続き探っていきたいと思います。

続く記事では、学校を捨ててみよう!―子どもの脳は疲れはてている (講談社プラスアルファ新書)に書かれている点に触れたいと思います。

続・思考に霧がかかった状態「ブレイン・フォグ」にどう対処するか
思考に靄がかかった状態、「ブレイン・フォッグ」についての記事の続編です。このCFS特有の高次脳機能障害はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。小児慢性疲労症候群(CCFS)の研
スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク