小児慢性疲労症候群(CCFS)は報酬系の感受性が低下している―ドーパミン系の治療法が有効?

化学研究所の渡辺恭良先生、大阪市立大の水野敬先生、熊本大学の上土井貴子先生らの研究グループにより、小児慢性疲労症候群(CCFS)の子どもの脳において、線条体に関係する報酬系の感受性が低下していることが明らかになりました。

これは、注意欠如多動症(ADHD)の子どもの脳の活動とよく似ていて、ドーパミン神経系を標的とした投薬が効果を示す可能性があるとのことです。

小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴う | 理化学研究所 はてなブックマーク - 小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴う | 理化学研究所

小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴うことを明らかに — 大阪市立大学

小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴う-学習意欲の低下を招く脳領域の活性低下- - 熊本大学

小児慢性疲労症候群の治療に道、報酬低いと脳の活性が低下 理研など発表 - 産経WEST

理研など、小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴うことを解明│日経プレスリリース

神戸新聞NEXT|医療ニュース|慢性疲労の子 脳の「やる気スイッチ」活動低下

慢性疲労症候群で不登校の子、脳が「報酬」感じにくく:朝日新聞デジタル

小児慢性疲労症候群では、報酬の感受性が低下している - 理研などが発表 | マイナビニュース

小児慢性疲労症候群、報酬に関する脳内メカニズム解明-理研 - QLifePro 医療ニュース

続きを読む

「ぼくが消えないうちに」―忘れられた空想の友だちが大切な友情を取り戻す物語

「あのね、こういうわけ。すっごく想像力が豊かな子どもたちが、頭のなかであたしたちを夢見るの。

そして、あんたやあたしが生まれ、その子と大の仲良しになり、なにもかもとってもすてきで、うまくいく。

でも、子どもたちは大きくなるにつれて、そんなことには興味がなくなり、やがてあたしたちは忘れられてしまう。

そしたら、あたしたちはどんどん薄くなって、消えてしまうの」(p137)

の中で創りだした世界って、どこまでが本物で、どこまでが空想なんだろう?

想像力豊かな人は、みんな、何度もそんなふうに思ったことがあると思います。

現実の世界と同じほど、空想の世界も生き生きしている。現実に暮らす立体的な人たちと同じほど、空想の世界に暮らす人たちも生気にあふれている。

こんなに本物らしいなら、実体があってもなくても、大して変わりないんじゃないだろうか。はるか昔に死んで忘れ去られた人と、今、自分の想像力を通して生きている人だったら、どちらがより現実的な存在なのだろう。そんなことを考えるかもしれません。

今回読んだ本、ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)(原題 The Imaginary)は、そんな想像力豊かな子どもが創り出す、空想の友だちが主人公の児童文学です。

世にも珍しい、子どもの空想の友だち、イマジナリーフレンド目線で語られる、イマジナリーフレンドたちの世界を描いた、とても不思議で、どこか切ない名作でした。

続きを読む

無自覚の「潜在的睡眠不足」(PSD)が内分泌・代謝機能に慢性的な影響―子どもの疲労と関係する調査も

立精神・神経医療研究センター(NCNP)の北村真吾先生、三島和夫先生らのグループによる研究で、多くの人が自覚できない睡眠不足を抱えていて、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答など内分泌機能が影響を受けていることがわかりました。

『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることを明らかに | 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

無自覚な睡眠不足の解消が内分泌機能の改善につながる-NCNP - QLifePro 医療ニュース

潜在的睡眠不足は平均1時間、健康にも影響- 【あなたの健康百科】 | 医療介護CBnews l

第62回 眠くない寝不足「潜在的睡眠不足」の怖さ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

自覚なし…“隠れ睡眠不足”あるかも 20代男性で1時間程度(1/2ページ) - 産経ニュース

研究チームは、この無自覚の睡眠不足を「潜在的睡眠不足」(potential sleep debt)と名づけて、生活習慣病などさまざまな病気のリスクになると警鐘を鳴らしています。

また、潜在的睡眠不足が子どもの健康にも影響を及ぼしていることを示す、大阪市大の水野先生の調査も同時期に発表されていたので、潜在的睡眠不足と子どもの慢性疲労との関わりについても取り上げます。

続きを読む

生まれつき敏感な子ども「HSP」とは? 繊細で疲れやすく創造性豊かな人たち

■光や音、匂い、そのほかのさまざまな感覚に人一倍敏感
■場の空気や他の人の気持ちを読みとることが得意
■人より深く考え、呑み込みが早いと言われる
■感受性が強すぎるせいで刺激に圧倒されて疲れ果てることがある
■子どものころから空想の友だちなど不思議な体験をしてきた

なたはこのような、人一倍強い感受性の持ち主ですか? あるいは、もしかすると、あなたのお子さんがこのリストに当てはまるでしょうか。

もしそうなら、あなたやお子さんはHSP (Highly Sensitive Person)、つまり「人一倍敏感な人」や、HSC (Highly Sensitive Child)、つまり「人一倍敏感な子ども」と呼ばれる生まれつきの感受性の強さを持っているのかもしれません。

生まれつきの感受性の強さは、優れた才能につながることがあります。HSPの人は人の心をつかむコミュニケーション力に長けていますし、優れた芸術家や科学者の中には、HSPの繊細な感性を生かして成功した人が少なくないとも言われています。

しかし一方で、優れた感受性の強さのために、人混みやイベントで疲れやすかったり、学校で強いストレスを感じて不登校になったり、果ては慢性疲労症候群解離性障害といった心身の問題を抱えることもあります。

HSPとはいったいどんな性質なのでしょうか。しばしば混同されるアスペルガー症候群の感覚過敏とはどこが違うのでしょうか。やはり感受性が強いADHDとの間にはどんな関わりがあるのでしょうか。どんなリスクまた可能性を持っているのでしょうか。

HSPという概念を提唱したエレイン・N・アーロン博士ひといちばい敏感な子や、そのほかの関連する資料から、HSPについてわかりうることを広範囲にまとめてみました。

続きを読む

自閉スペクトラム症(ASD)の子どもの視覚的思考力とボトムアップ処理のメカニズムが解明!

覚的思考力が高い自閉スペクトラム症(ASD)の子どもの脳の特徴が、金沢大学 子どものこころの発達研究センターとモントリオール大学の共同研究プロジェクトで明らかにされました。

世界初! 自閉スペクトラム症児の視覚類推能力に関わる脳の特徴を捉える | 金沢大学 はてなブックマーク - 世界初! 自閉スペクトラム症児の視覚類推能力に関わる脳の特徴を捉える | 金沢大学

 自閉スペクトラム症児の視覚類推能力に関わる脳の特徴明らかに-金沢大 - QLifePro 医療ニュース

ASD児の視覚類推能力に新知見|QLifePro 医療ニュース|医療情報サイト

その視覚的能力の高さは、脳の視覚野につながるボトムアップ型の情報処理と関連している多様な個性の一つであることがわかったそうです。

続きを読む