時間生物学によると学校の始業は10時にすべきかもしれない


オックスフォード大学の神経科学者・時間生物学者ラッセル・フォスターの主張に基づいて、学校の始業時間を10時に変える試みがなされているという記事がありました。原文のほうはドイツ語なのでちょっと読めませんが、睡眠不足の害などがしっかり書かれているようです。

10代にとって朝は辛いので学校の始業は10時から 米英の学校で導入開始 | 恋愛・結婚 | マイナビニュースはてなブックマーク - 10代にとって朝は辛いので学校の始業は10時から 米英の学校で導入開始 | 恋愛・結婚 | マイナビニュース

biorhythmus: teenager müssen länger schlafen - New Scientistはてなブックマーク - biorhythmus: teenager müssen länger schlafen - New Scientist

スポンサーリンク

思春期では体内時計が2時間遅れている

体内時計に関する彼の研究によると、思春期では体内時計が2時間遅いそうです。この状態は女子では19.5歳まで、男子では21歳まで続きます。

ホルモンの影響が関係しているとされていますが、この点は起立性調節障害(OD)の研究でも指摘されていました。

思春期の子どもにとって朝7時に起こすことは5時に起こすようなもので、“grausam”つまり「残酷な」ことなのだそうです。十分な睡眠時間が確保されないので、学生は無気力になったりイライラしたりします。

睡眠不足を補うために、多くの学生はカフェインや甘いもの、さらには喫煙にも手を出しているので、教師はそれらの作用で精神的に不安定になった学生を相手にしなければならない、といったことも書いてあるようです。

そのためいくつかの学校が授業の開始を朝10時に遅らせたところ、学生のポテンシャルが向上したといいます。

学生が慢性的な睡眠不足にあるというデータは日本でも出ています。

学生は慢性的な睡眠不足にある。さまざまな体調不良や不登校と密接に関連
学生の睡眠時間と精神状態の関わりについてNHKで報道されました。

そしてそれがイライラやうつ状態に関わっているという研究もあります。

自分でも気づいていない睡眠不足が抑うつと不安を強めるという研究―子どもの不登校は本当に心の問題?
子どもの睡眠不足が慢性疲労症候群につながるのはなぜか、なぜ不登校、心の問題とみなされてしまうのか、という点を考えます。

さらに思春期の早起きが慢性的な睡眠不足をもたらし、睡眠相後退症候群(DSPS)慢性疲労症候群(CFS)という深刻な害を引き起こす場合があることは、このブログでたびたび書いてきました。

夜眠れず朝起きられない「睡眠相後退症候群(DSPS)」にどう対処するか(3)原因と予防
朝どうしても起きられない、夜なかなか寝つけない、一度眠ると10時間以上目が覚めない、早起きしようと努力するとかえって夜寝つけなくなる…。この記事はCFSに合併しやすい病気、睡眠相後

研究によると、夜型・朝型というのは、生まれたときに遺伝情報によって決まるものなので、極端な夜型の遺伝子を持つ子どもの場合、思春期に早起きを強制されるのは体にかなりの負担をかけます。

不登校の子どもの多くがDSPSやNon-24のリズムを示すという事実は、体内時計の周期が長い子どもほど、朝型の学校社会からダメージを受けやすいことを物語っているのかもしれません。

体内時計の性質がしっかり理解され、社会のリズムをそれに合わせようとする動きが出てくるなら、そうした問題がいくらか減るのではないでしょうか。

この話題について詳しくは以下の記事もご覧ください。

時間生物学によると若者の夜ふかしはゲームやスマホのせいではない―海外の画期的な取り組みとは?
「なぜ生物時計は、あなたの生き方まで操っているのか?」という本の書評です。若者の夜ふかしは、スマホなどの環境によるものではなく生物学的なものであり、学校の始業時間は遅くすべきだとい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
概日リズム睡眠障害