発達障害・精神疾患などで自立支援医療(精神通院)を申請する方法―高い薬・医療費を安くする

うつ病や統合失調症の薬、発達障害の薬(コンサータやストラテラ)、通院費用などはとても高額になることがあります。少しでも負担を軽減し、医療費を安くするために「自立支援医療(精神通院)」の申請の方法をまとめました。 続きを読む

なぜ無意識のうちに自傷をやってしまうのか―リスカや抜毛の背後にある解離・ADHD・自閉症

リストカット、抜毛、頭を壁にぶつけるなどの自傷行為、また自己破壊的な依存症の原因はどこにあるのでしょうか。それらが注目を集めるための演技ではなく、解離という心の働きや、脳の構造と関連しているという点を解説しています。 続きを読む

自閉症や慢性疲労症候群の脳の炎症は細菌などの不在がもたらした?―寄生虫療法・糞便移植で治療

ジョンソン夫妻は、ローレンスが熱を出すたびに興奮状態や自傷行為といった自閉症の最も激しい症状が和らぐことに気づいていた。 彼らは半ば冗談のように、「ローレンスの病気を治すため、わざと病気にするというのはどうかな」と話し合 … 続きを読む

貼り絵師 山下清に学ぶ「自閉症とサヴァンな人たち」

貼り絵師 山下清の描画能力や、強い記憶能力はどこから来ていたのか。写真のような精密な風景を描ける画家の能力は何に支えられているのか。そうした疑問について「自閉症とサヴァンな人たち -自閉症にみられるさまざまな現象に関する考察‐」という本から考えています。 続きを読む

アスペルガーから見たおかしな定型発達症候群

定型発達症候群(Neurotypical syndrome)は神経学的な障害である。「アスペルガー流人間関係 14人それぞれの経験と工夫」という本では、定型発達の人は、とても奇妙に思えると書かれています。多数派を占める定型発達と少数派のアスペルガー、その違いが、一方的にアスペルガーを「問題」としているのではないか、そんな疑問について書いています。 続きを読む

大人の発達障害の5つの特徴と役立つリンク集ー自閉症スペクトラム(ASD)とアスペルガー(AS)

最近、大人の発達障害を疑って医療機関を受診する人が増えているといいます。その多くは、子どものときから困難を抱えながらも、なんとか学生生活には適応してきました。しかし社会人になると、生活が立ち行かなくなってしまった人たちです。大人の発達障害、特に自閉症スペクトラム障害にはどんな特徴があるのか、「図解 よくわかる大人の発達障害 」にもとづいて紹介します。 続きを読む

複雑に絡み合う「子どもの発達障害と情緒障害(愛着障害)」

杉山登志郎先生の本子どもの発達障害と情緒障害 (健康ライブラリーイラスト版)を読みました。近年、自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害はよく知られるようになりました。しかし、発達障害がもとで生じる、二次的な障害、つまり心の問題や愛着障害については、十分な注意が払われていません。本書で学んだ両者の関係について簡潔にまとめてみたいと思います。 続きを読む