脳の神経疾患パーキンソン病の発症にも腸内フローラが関係? 便秘や認知症との関連も

Pocket

ーキンソン病についての最近のニュースで、腸内フローラ(腸内細菌叢)との関係が話題になっていました。パーキンソン病は脳の黒質の異常とされていますが、大元の原因は腸内環境にあるのかもしれません。

また、最近の別のニュース、パーキンソン病の脳の異常や重症度を可視化する技術や、認知症との関係についても紹介しています。

腸内環境が発症に影響

オーフス大学エリザベス・スヴェンソン博士らによる大規模な臨床知見によると、パーキンソン病の発症は、このブログでもたびたび紹介してきた腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化が関わっているそうです。

パーキンソン病発症のリスクは「腸内」にあり:研究結果 « WIRED.jp はてなブックマーク - パーキンソン病発症のリスクは「腸内」にあり:研究結果 « WIRED.jp

1970〜1995年までに、潰瘍治療で「迷走神経切離術」(脳と腸をつなぐ神経の切断)を受けた患者たちはパーキンソン病の発症率が半分になっていたそうです。

それで、ひとつの可能性として、迷走神経を通じて、腸の異常が脳に伝わり、パーキンソン病が発症している場合があることが示唆されています。

ほかにも、

■動物実験で脳と腸の関わりが示唆
■パーキンソン病患者の便は、食物繊維や炭水化物を分解するプレヴォテラ(Prevotella)属細菌が、健常者と比べて8割近く少ない
■パーキンソン病患者ば発症前から便秘がち

といったことから、脳の神経難病と考えられていたパーキンソン病の発症は腸内環境の異常と関係しているのではないか、とされています。

パーキンソン病と便秘についての関係は、こちらのニュースでも指摘されていました。

便秘でパーキンソン病を予測する? - MEDLEYニュース はてなブックマーク - 便秘でパーキンソン病を予測する? - MEDLEYニュース

741593人もの膨大なデータを分析したところ、病前の便秘の有無とパーキンソン病の発症は関連しているという結果が得られ、リスクが2.27倍になっていました。でした。パーキンソン病の発症から10年以上前の便秘でも関連性が見られたとのこと。

やはり腸内環境とパーキンソン病には密接な関わりがある可能性がうかがえます。

さらに2016年12月のカリフォルニア工科大学の研究報告によると、α-シヌクレインが蓄積しやすい腸内細菌が、パーキンソン病発症のリスクになるかもしれないということが明らかになっています。

パーキンソン病に「腸内細菌」が関与か:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

かねてから、パーキンソン病は迷走神経につながる消化管の神経にα-シヌクレインが入り込み、脳幹そして神経核へと上ってくるのではないか、というBrark仮説が唱えられています。

パーキンソン病の画像診断が一歩前進

別の記事では、東北大学と徳島大学の研究によって、マウスのレベルで、パーキンソン病の脳の異常が可視化されたことが発表されていました。

東北大・徳島大、パーキンソン病の重篤度を可視化する手法を開発:日刊工業新聞 はてなブックマーク - 東北大・徳島大、パーキンソン病の重篤度を可視化する手法を開発:日刊工業新聞

パーキンソン重篤度をMRIで可視化 東北大-徳島大グループ、特定領野の神経活動と相関│m3.com

パーキンソン病を画像診断 マウスの脳観察、早期発見に道  :日本経済新聞

パーキンソン病の重篤度をMRIで可視化-東北大 - QLifePro 医療ニュース はてなブックマーク - パーキンソン病の重篤度をMRIで可視化-東北大 - QLifePro 医療ニュース

この研究では、パーキンソン病のモデルマウスの脳内では、視覚や聴覚などの情報を大脳へ伝える「視床」や、運動を制御する「線条体」で神経活動が活発になっていることが、活動依存性マンガン造影MRI(AIM-MRI)という神経イメージング法によってわかりました。

この神経活動の変化は症状の重さと関係していて、重篤度を可視化できる技術になるとも期待されています。ドーパミンの減少などによる神経活動の異常と関係しているとされています。

今のところ、パーキンソン病を確定診断するための明確な検査方法はなく、症状を聞いたり、Lドーパが効くかどうかを試したりして診断されています。

パーキンソン病発症から20年以内に80%が認知症になる

別のニュースによると、パーキンソン病では認知症になる確率が高く、20年以内に80%が発症すると言われています。認知機能が低い場合には死亡率が高くなるそうですが、認知トレーニングによって改善することはできるようです。

パーキンソン病は「認知症」に注意を、20年以内に80%で起こる | Medエッジ

パーキンソン病の認知機能が認知トレーニングで改善した - MEDLEYニュース はてなブックマーク - パーキンソン病の認知機能が認知トレーニングで改善した - MEDLEYニュース

脳脊髄液の検査によると、その後認知症を併発した患者では、三種類の物質の量が変化していて、ニューロフィラメント軽鎖タンパク質が高く、Aβ1-42が低く、心臓由来脂肪酸結合タンパク質が高くなっていたというニュースもありました。

パーキンソン病の人で、将来認知症が起こるかを脳脊髄液の検査で予測 - MEDLEYニュース はてなブックマーク - パーキンソン病の人で、将来認知症が起こるかを脳脊髄液の検査で予測 - MEDLEYニュース

友人がパーキンソン病なので、その情報もちょくちょく調べていますが、少しずつ病態が解明されていて、iPS細胞を使った創薬なども行われているようなので、根治療法が見つかることに期待したいと思います。

iPSでパーキンソン病治療研究 大日本住友製薬、日立など  :日本経済新聞 はてなブックマーク - iPSでパーキンソン病治療研究 大日本住友製薬、日立など  :日本経済新聞

▼腸内環境と脳の病気
腸内環境の変化が脳の病気の発症とどう関係しているのか、という点はこちらの記事をご覧ください。

腸内細菌の絶滅が現代の慢性病をもたらした―「沈黙の春」から「抗生物質の冬」へ
2015年の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたマーティン・ブレイザー教授の「失われていく、我々の内なる細菌」から、抗生物質や帝王切開などによってもたらされている腸内細菌(
スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク